【徹底解説】住友林業の標準の換気システムと選択できる第一種換気システム

設備仕様
設備仕様

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

WEBマガジン「イエマガ」でライターとして家づくりの検討過程を月刊連載中。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterで、インテリアなどの写真はInstagramで発信していますので、よろしければフォローお願いします。

【注意事項】当ブログ内の写真、イラスト、文章については、流用・引用を一切認めておりません。
当ブログはアフィリエイト広告/AdSecse広告を利用しています。

ピックアップ記事
  • 住友林業の標準仕様
  • WEB内覧会
  • 3Dマイホームデザイナー
  • 住宅ローン
  • メリット/デメリット
  • 建築費用を節約
  • 値引きの仕組み
  • おすすめオプション
  • 住友林業の保証制度
  • 木質天井まとめ
  • 住友林業の坪単価
  • 住友林業の紹介制度

本記事では、住友林業の標準の換気システムと、オプションで選択できる第一種換気システムについて解説します。

住友林業の標準の24時間換気システムは?

現在の住宅には戸建て・マンション問わず2時間に1回室内の空気を入れ替える「24時間換気システム」の設置が法令で義務付けられており、もちろん住友林業の注文住宅においても、24時間換気システムが標準で導入されています

住宅用の24時間換気システムには、第一種換気システム第三種換気システムがあり、それぞれメリットデメリットがあります。

第一種換気システム(機械吸気・機械排気)

第一種換気システム(機械吸気・機械排気)

第三種換気システム(自然吸気・機械排気)

第三種換気システム(自然吸気・機械排気)

第一種換気システムのメリット

  • 空気の循環が安定している
  • 熱交換器を利用できる

第一種換気システムのデメリット

  • 設備が高い
  • 電気代が高い

第三種換気システムのメリット

  • 設備が安い
  • 電気代が安い

第三種換気システムのデメリット

  • 気密性が低いと換気が不十分
  • 熱交換器を利用できない

24時間換気システムについては、こちらの記事で詳しくまとめています。

住友林業の標準の24時間換気システムは、建物の階数によって標準仕様が異なっています

平屋・2階建ては第三種換気システムが標準で、3階建ては第一種換気システム(熱交換器なし)が標準です

kikorist夫
kikorist夫

熱交換器付きの第一種換気システムを標準仕様にしている大手ハウスメーカーもありますので、それと比較すると住友林業の換気システムは正直物足りません

kikorist妻
kikorist妻

断熱・気密に関しては徐々に大手ハウスメーカーも対応を強化しているので、いずれは熱交換器付きの第一種換気システムが標準になる可能性はあります。

なお、第一種換気システムでも第三種換気システムでも標準はダクトレスですが、外壁に面していない部屋(kikorist邸では3階トイレ)はダクトを使って換気を行っています。

kikorist邸の換気システム

私たちの住友林業の家は3階建てですので、機械吸気・機械排気の第一種換気システムです(熱交換器なし)

kikorist夫
kikorist夫

どうせ第一種が標準で入るのであれば、熱交換器付きも追加すればよかった…。

各部屋に吸気用・排気用のパイプファンが設置されています。

こちらは1階の寝室周辺の図面ですが、吸気ファンと排気ファンが設置されていることが分かります。

図面上の吸気・排気ファン

図面上の吸気ファン(水色)・排気ファン(青色)

kikorist邸では、三菱電機製のパイプファンが使われていました。

換気口(吸気口・排気口)で注意しておきたいこと

換気口(吸気口・排気口)のカラーはホワイトのみ

吸気口・排気口のパイプファンカバーのカラーバリエーションは白しかありません(後述するロスナイにはブラックあり)

暗い壁紙を使っていると白の換気口が目立ってしまいますので、私はDIYで塗装しました。

kikorist妻
kikorist妻

基本的にアクセントクロスを使うような場所には換気口を設置しないようにしたいですね。

カバーは(フィルター交換のために)簡単に外せますので、モラモデル用のラッカースプレーを使って誰でも簡単に塗装ができます。

塗装した換気口カバー

塗装した換気口カバー

塗装した換気口カバー

塗装した換気口カバー

kikorist夫
kikorist夫

スイッチなどに採用しているPanasonicのアドバンスシリーズのマットグレー近似色で塗りました。

ダークブラウンのクロスになじんでいい感じです。

換気口(吸気口・排気口)の位置に注意

換気口カバー(フード)は外壁側にも装着されるので、それなりに目立ちます。

換気口が家のファサード面(道路側から見える場所)に付かないようにすることが大切です。

kikorist妻
kikorist妻

設計担当が優秀であれば、何も言わずとも配慮してくれるはずですが、そうでないこともあるので注意。

kikorist夫
kikorist夫

設計担当任せにせず、自分たちでも必ず図面をチェックしてください。

換気口(吸気口・排気口)のお手入れ/メンテナンス

ダクトレスの第一種・第三種換気は吸気口にフィルターが装着されており、掃除機などで定期的にフィルターについたホコリを掃除することが推奨されています

フィルターの掃除タイミングの目安は、三菱電機では吸気口は2か月に1回以上、排気口は4か月に1回以上を推奨しています

また、1年に1回のフィルター交換が推奨されています

フィルターにホコリが詰まると、換気がうまく行えなくなり、室内の空気環境の悪化や住宅の寿命を縮める恐れもあるため、定期的にメンテナンスするようにしましょう

住友林業で採用できる第一種換気システムは?

上記の通り、住友林業では平屋・2階建ては第三種換気システムが標準で、3階建ては第一種換気システム(熱交換器なし)が標準ですが、提案工事(オプション)で、熱交換器付きの第一種換気システムを導入することも可能です。

ただし、24時間換気システムは住宅性能やメンテナンス、ダクトがある場合は施工内容も関わってきますので、何でも導入できるというわけではありません。導入できる設備は支店によって異なる場合があります。

下記では、実際に住友林業で導入事例がある第一種換気システムを紹介します。

  • e-kikubari(アズビル)
  • ロスナイ(三菱電機)
  • エアテクト(Panasonic)
  • スティーベル(日本スティーベル)
  • ベンティエール(ダイキン)

e-kikubari(アズビル)

e-kikubariは住友林業の全館空調システムを提供しているアズビル製のダクト式第一種換気システムです。

アズビルのe-kikubari

アズビルのe-kikubari

e-kikubariは住友林業の提携仕様となっているため、支店を問わず導入できるのがメリットです。また、電子式エアクリーナを採用しているので、空気清浄機能も付いています

電子式エアクリーナのしくみ

電子式エアクリーナのしくみ

電子式エアクリーナのしくみ

電子式エアクリーナのしくみ

デメリットとしては、ダクト式かつ電子式エアクリーナのため他の設備と比較して高額であることがあげられます。

e-kikubariの費用は延べ床面積によって変わりますが、30坪強で120万円前後と聞いています。

kikorist夫
kikorist夫

正直なところ、換気システムに120万出すなら海外製食洗機とか他の設備に費用をかけるかな…。

冷暖房費で元取れなそうだし。

e-kikubariについては、こちらの記事でメリット/デメリットや費用を解説しています。

ロスナイ(三菱電機)

ロスナイは三菱電機の熱交換器付きの第一種換気システムです。

ダクト式とダクトレスの両方がラインナップされています。

ロスナイのラインナップ

ロスナイのラインナップ

ダクト式の場合は、換気口が小型で目立たないメリットがある一方費用が高額になり、ダクトレスの場合は費用はダクト式より抑えられますが、1つの機器で吸気・排気を行うために換気口の機器が大型になります

ダクトレスタイプの大きさは522×245mm。

kikorist妻
kikorist妻

第三種換気用のパイプファンが170×170mmなので、横に3分くらいの大きさ。

とはいえ、個人的には、設置場所を考える必要があるものの、コストの安いダクトレスがオススメ

kikorist夫
kikorist夫

ロスナイのメリットは、ダクトレスで熱交換器付きの第一種換気システムだと思っているので。

ダクトレスのロスナイ自体は1万円台でネットで販売されています。住友林業で取り付ける場合はネット価格よりも高くなり、施工費も加わりますが、全部屋に付けても20万円から高くて30万円程度と予想(1部屋に1つとは限らないので注意)

費用を抑えて熱交換器能付きの第一種換気システムを導入したい方にオススメです。

エアテクト(Panasonic)

エアテクトはPanasonicのダクト式第一種種換気システムです。

Panasonicのエアテクト

Panasonicのエアテクト

ダクト式である点は、e-kikubariと同じですが、e-kikubariよりも費用的には安くなると聞いています(それでも100万円前後ですが…)。

Panasonicにはロスナイに似たIAQ-V(アイエーキューブ)というダクトレス式熱交換器付きの第一種換気システムもありますが、こちらは営業担当の担当物件では導入事例がないとのことでした。

PanasonicのIAQ-V(アイエーキューブ)

PanasonicのIAQ-V(アイエーキューブ)

kikorist妻
kikorist妻

写真を見る限り、縦横のサイズはロスナイよりも短いけど、奥行はけっこうありそう。

kikorist夫
kikorist夫

熱交換器があるのに加えて、吸気・排気のファンがそれぞれ必要になるため、大きくなるのはしょうがないかな…。

奥行きは妥協するとして、グレーのカラーもあるし、もし改めて家を建てるならのIAQ-V(アイエーキューブ)を検討してみたいと思っています。

PanasonicのIAQ-V(アイエーキューブ)

PanasonicのIAQ-V(アイエーキューブ)

スティーベル(日本スティーベル)

スティーベルはドイツ製の24時間換気システムです。

スティーベルの第一種換気システム

スティーベルの第一種換気システム

ダクト式、ダクトレス式があります。

私たちの営業担当が最近よく提案するそうで、ダクト式の場合でもe-kikubariよりも安いと聞いています。

ベンティエール(ダイキン)

最後に紹介するのは、ダイキンのベンティエール。ダクト式の第一種換気システムです。

ダイキンのベンティエール

ダイキンのベンティエール

本来は業務用の機器ですが、導入されたという方がTwitterにいらっしゃいました。

屋外設置のため、掃除やメンテナンスが楽にできたり、換気音が気にならないといったメリットがあるそうです。機器交換の際も天井埋め込み型の機器と比べて楽そうな感じがします

設置スペースもそれほどいらないとのこと。

ベンティエールの設置スペース

ベンティエールの設置スペース

業務用のため、支店によっては導入を断られる可能性はありますが、検討してみてもいいのではないでしょうか。

ベンティエールも費用は、e-kikubariよりも安いとのころです。

本記事のまとめ

本記事では、住友林業の24時間換気システムについて解説しました。

住友林業では平屋・2階建ては第三種換気システムが標準で、3階建ては第一種換気システム(熱交換器なし)が標準ですが、提案工事(オプション)で、熱交換器付きの第一種換気システムを導入することも可能です。

提案工事のため費用がかかる、電気代が第三種換気よりもかかるなどデメリットもありますが、快適性を優先する場合は熱交換器付きの第一種換気システムがオススメです。

kikorist妻
kikorist妻

予算に合わせて検討してみてください。

24時間換気システムはこちらの記事で詳しく解説しています。

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。展示場訪問や資料請求以上の大幅な紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、住友林業をご検討中の方は下記ページをご覧ください。

コメント