キッチンの床にフロアタイルを採用するメリット/デメリット

設備仕様
設備仕様

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。


kikorist新邸では、キッチンをはじめとした水回りの床材にフロアタイルを採用する予定です。

今回の記事では、フロアタイルを採用するメリット/デメリットについてまとめます。

フロアタイルとは?

フロアタイルは、塩ビ素材に柄などをプリントしたタイル状の建材です。

フロア「タイル」ですが、実際の陶器や磁器のタイルとは異なります

フロアタイルには、物によってはタイルのモルタルの目地に代わる「目地棒」という樹脂製の目地と組み合わせることができ、目地の再現も可能です。遠目に見た外観はほぼタイルと同様になります。

もちろん、目地棒はなしでも施工できます。その場合は眠り目地(=目地なし)と同じような外観になります。

ちなみに目地棒を使う場合は材料費や施工の手間がかかるので、金額は高くなります(目地なしは導入していないため差額は不明)。

メリット

  • 水や汚れに強いので、キッチンや脱衣所・洗面所・トイレといった水回り向き
  • タイルと比較して柔らかいため、足が疲れにくかったり、食器を落とした時に割れにくい
  • クッションフロアやサニタリーフロアよりも質感が高い
  • タイルよりも安価にタイル風の床を表現できる
  • 挽板/無垢板よりも安い

デメリット

  • 本物のタイルには質感で劣る
  • クッションフロア/サニタリーフロアよりも高い
kikorist夫
kikorist夫

クッションフロアのグニャッとした柔らかな触感が苦手な人も多いはず…。

節約しつつ、見た目や使い勝手も重視したい、そんなワガママな方にオススメなのがフロアタイルです。

フロアタイルを採用した理由と場所

上記の通り、フロアタイルは水回りに向いた建材です。

kikorist夫婦は、キッチンと脱衣所/ファミリークローゼット/トイレに採用しています。

そもそもの検討はキッチンからスタートしました。

当初のキッチンの床材はLDKからの繋がりでウォールナットの挽板でしたが、とある住友林業の展示場で水シミが付いてしまった床材を発見

kikorist妻
kikorist妻

けっこうシミになってるわね…。

キッチンは油跳ね/水跳ねに日常的に晒されるので、どうしても挽板・無垢板には過酷な環境になります。すぐに拭けば問題ないようですが、ズボラなkikorist夫婦はより楽な方向を求めます…。

そこで辿り着いたのがフロアタイルというわけです。

展示場ではタイルをキッチンに使用している例もありましたが、タイルだと冬冷たい(床暖房対応ですが)、堅い、高いなどのデメリットもあり、フロアタイルで検討することにしました。

また、設計氏曰く、

設計氏
設計氏

タイルを採用された施主様からは、「床が堅いので長時間立ってると疲れる」というお声はよく聞きます。

腰痛持ちの方などは慎重に採用を検討したほうがいいかもしれません。

kikorist夫
kikorist夫

見た目、費用、使い勝手などを総合的に判断するのがよさそうです。

kikorist新邸で採用したフロアタイル

フロアタイルのメーカーとしては、東リとサンゲツが代表的だと思います。

サンゲツはネットで採用事例が少なかったので、kikorist夫婦は東リで検討しました。

東リのフロアタイルで代表的なのが、ロイヤルストーンシリーズです。

東リ ロイヤルストーンのメリット

  • ネットで採用事例が多い(住友林業設計・ICも東リ推し)
  • 床暖房対応
  • 目地棒が利用できる
  • ラインナップが多い

キッチン~ランドリースペース~ファミリークローゼットは床が連続しているので、同じフロアタイルを採用しています。

洗面所もフロアタイルにするか検討しましたが、扉で仕切られておらず、階段ホールとの繋がりを重視する設計氏のアドバイスもあり、洗面所は挽板としました

kikorist夫
kikorist夫

脱衣所と洗面所を分けているので、水浸しになることもない想定。

フロアタイルに採用したのはロイヤルストーンのPST2057です。目地棒は色々試した結果3番のダークグレーを採用しました。

1階トイレの床は、フロアタイルは同じPST2057ですが、モダンシックな雰囲気にするために目地棒をシルバーにしています

3階のトイレはカフェ風のデザインとなっているので、2階や1階とは違うフロアタイルを現在選定中。

同じタイルでも目地棒の有無や色で印象が全く変わるので、実物で入念にチェックすることをオススメします。

kikorist妻
kikorist妻

東リのショールームで目地棒との組み合わせが確認できます。
また、公式のウェブサイトでサンプルの取り寄せが可能。こちらも無料です。

東リのショールームではフロアタイルや目地棒のサンプルもその場で無料でもらえるので、気になる方は訪問をオススメします。

フロアタイルの費用は?

kikorist新邸に導入したフロアタイルの費用です。

LDKの挽板との差額がマイナス27,012円、ランドリースペースとファミリークローゼット約5畳が26,716円、トイレ(0. 75坪/0.5坪)のとの差額が6,695円でした。挽板以外はサニタリーフロアとの差額になります。

kikorist妻
kikorist妻

目地棒を使ってこの金額です。

挽板よりも安いので、LDKはマイナスに。

サニタリーフロアとの差額でも、この金額なら導入しやすいわね。

フロアタイルのまとめ

フロアタイルを導入すると、キッチン周りの手入れが圧倒的になりますし、見た目も(タイルほどではないですが)そこそこいいので、質感も使い勝手も妥協したくないスボラな方にはオススメです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました