【徹底解説】住友林業で選択できるキッチンメーカーの仕様と特徴①

設備仕様
設備仕様 設備仕様

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。

現在、ココナラでマイホームデザイナーのパース作成サービスを販売しています。ご興味のある方はご覧ください。


この記事では、住友林業で選択できるキッチンメーカーの仕様と特徴についてまとめています。

住友林業を検討している人、既に契約済みでどのキッチンにしようか迷っている人は、必見の内容となっています。

なお、住友林業の仕様シリーズについては、こちらから記事一覧としてご覧いただけます。

住友林業で選べるキッチンの種類

標準仕様が用意されているキッチンメーカー

住友林業で推奨仕様、つまり差額なしの本体価格込で選べるキッチンは、リクシル、クリナップ、トクラス、永大の4メーカーのキッチンです。

kikorist妻
kikorist妻

住友林業では、標準で付いており、追加で費用がかからない仕様を「推奨仕様」と言い、標準から変更した仕様を「提案仕様」と言います。

kikorist妻
kikorist妻

提案仕様には基本的にグレードアップ変更や追加などの差額負担が発生するものが多いですが、中には差額無しで変更できるものや、推奨から減額するような内容も含まれます。

多くのハウスメーカーではキッチンなどを安く仕入れるために、メーカーが通常の顧客向けにラインナップしている商品から装備仕様や色などを限定した仕様を作っており、大手設備メーカーの中価格帯以上のキッチンを非常にお得に導入できるようになっています。

住友林業でも、メーカー品を独自にアレンジしたラインナップとなっています。

なお、各メーカーのキッチンには、Lの型番で始まる推奨仕様のキッチンと、Hの型番で始まる提案仕様のキッチンがあります

kikorist夫
kikorist夫

例えばリクシルならLESKシリーズが推奨で、HASKシリーズが提案です。

「High Grade」の「H」と覚えておくと分かりやすいかもです。

各キッチンで仕様のアップグレードなどが提案仕様として可能

ワークトップや水栓、コンロ、レンジフード、サポートプレート(シンクの前後に渡して水切りや作業スペースとして使えるプレート)などを、自由にアップグレードしたり追加することが可能です。

これらの有料オプションも提案仕様と呼ばれます。

kikorist妻
kikorist妻

ちょっと分かりにくいけど、まずキッチン本体そのものの

推奨仕様と提案仕様があって、今度は選んだキッチン本体の装備を提案仕様として変更/アップグレードすると考えてください。

提案仕様のみが用意されている(=標準仕様が存在しない)キッチンメーカー

また、住友林業ではPanasonicとkitchen houseも選択できますが、この2メーカーは推奨仕様がなく提案仕様のみのキッチンです。

この2メーカーのキッチンは次回の記事で解説いたします。
この記事のボリュームが大きくなりすぎたので…

なお、住友林業では基本的に仕様に制限がありませんので、上記で挙げたメーカーよりもかなり割引率は下がるorなくなりますが、トーヨーキッチンやcucinaなどの高級オーダーキッチンも入れることが可能です(この場合も提案仕様ということになります)。

キッチンの選択のポイント

キッチンの選択においては、各社ワークトップで大きな違いを打ち出しているので、まずはどんなワークトップを使いたいのかをメインに考えながら選ぶのがいいと思います。

また、収納やシンクは各社工夫していて使い勝手を高めていますので、ここも重視したいポイントです。

一方で、永大産業やkitchen houseなど、デザインに注力して、あまり使い勝手には力を入れていないメーカーもありますので、デザインを重視するのか/機能を重視するのかを整理しておくとよいです。

なお、食洗器・コンロについては、一部のメーカーを除いてどのメーカーを選んでも基本的に同じです。

食洗器はリンナイの浅型食洗器が標準で、+10万円程度の提案仕様としてPanasonicの深型食洗器が選択可能です(ミーレについては後述)。ガスコンロはリンナイのガラストップが標準で、提案仕様としてデリシアが用意されます。IHは日立のIHヒーターが標準で、提案仕様でオールメタルタイプが用意されています。

では、各社キッチンの細かい特徴を説明していきます。

住友林業で選べるキッチンの仕様(2021年6月29日追記)

住友林業は2021年4月に仕様変更を行っています。主な変更点は、従来人気だったオプションを標準にしています。具体的には、LIXILではセラミックトップ、トクラスではテノールカウンター/天然木塗装扉、クリナップでは洗エールレンジフードが標準になったりしています。

人気オプションが標準化されただけで、選べる内容に大きな違いはありませんが、本記事は仕様変更前に執筆したものなので、一部仕様が異なります

2021年4月以降の最新仕様での変更点はこちらの記事でまとめています。

また、各メーカーの最新仕様は順次公開予定です。

リクシル

  • ベースモデル:リシェルSI
  • 推奨仕様 LESKシリーズ:ワークトップ 人造大理石
  • 提案仕様 HASKシリーズ:ワークトップをセラミックに変更(提案でステンレスも選択可)

リクシルのキッチンは、リシェルSIがベースです。リクシルは皆さんご存知の総合住宅設備・建材メーカーで家づくりでは必ずお世話になるメーカー。リシェルSIはリクシルの最上級キッチンです。

リシェルと言えばグレーズグレー。

推奨仕様と提案仕様の違いはワークトップで、提案仕様はセラミックトップになります。

そしてリクシルの最大のセールスポイントはこのセラミックトップが採用できること

リクシルのセラミックトップ

リクシルのセラミックトップ

セラミックトップは傷も付きにくく、耐熱にも優れた素材です。もちろんデザインも素敵。セラミックトップを選択したい場合は、自動的にリクシルとなります。

面材やレンジフード、引き出しのオプションなどは推奨仕様と提案仕様で同様ですが、ハイブリッドクオーツシンクはセラミックトップ限定で選択可能です(約5万円の提案仕様)。

また、楽パッと収納や、ナイアガラフローを採用したWサポートシンクなどの利便性も高いのが特徴です。

楽パッと収納

楽パッと収納

Wサポートシンク

Wサポートシンク

kikorist妻
kikorist妻

私たちもセラミックトップにしたくてリクシルにしました。

kikorist夫
kikorist夫

HASKシリーズでは推奨がセラミックトップになります(HASKシリーズキッチン自体が提案で、HASKシリーズではセラミックトップが標準)。

提案でステンレストップも選択できます(減額)。

レンジはよごれんフードという、お掃除が楽なフードが提案仕様で用意されています。ただし、奥のファンは10年間メンテンナンスが不要ですが、回転ディスクのお手入れは3ヶ月に1回程度必要とのことで、クリナップの洗エールレンジフードやトクラスのサイクロンフードほどのお手軽さではないのは弱点です。

キッチンの面材は16色から選択できます。

リクシルで選択できる面材

リクシルで選択できる面材

なお、標準の人造大理石の品質はトクラス、ステンレスであればクリナップのほうが優れているため、kikorist夫婦としてはセラミックトップを選択しない場合は他メーカーを推したいところです。

なお、kikorist夫婦もリクシルを採用しており、詳細についてはこちらの記事でまとめています(結果として住友林業の提携仕様から外れていますが…)。

  • セラミックトップを選択可能
  • 楽パっと収納/Wサポートシンクなどの機能性が高い
  • よごれんフードはメンテナンスは楽になるが、他メーカーには劣る
  • 人造大理石トップならトクラス、ステンレスならクリナップのほうがオススメ

クリナップ

  • ベースモデル:ステディア
  • 推奨仕様 LDPKシリーズ:ワークトップ ステンレス(提案で大理石も選択可)
  • 提案仕様 HCPKシリーズ:ワークトップ ステンレス(推奨で大理石も選択可)+洗エールレンジフード+クリンコーナー+サポートプレート+まな板ラック

クリナップのベースモデルはステディアです。

出典:クリナップ

クリナップはステンレスにこだわりを持つメーカーで、推奨仕様でも引き出しや扉の内側も含めたオールステンレスになっているのが特徴

出典:クリナップ

kikorist妻
kikorist妻

総ステンレス製のキッチンが標準で入れられるとは、恐るべきコストパフォーマンス。

ステンレス製の収納は、カビなども発生せず、食べ物をこぼしたりしても浸み込んだりすることがないので、内部も含めてキッチンを長期間にわたって清潔に使えるのがメリット

また、流レールシンクも大きな特徴です。シンクの外周部をレールのように凹ませることで、水の力でシンクの中のゴミを排水溝に向けて流してくれる便利なシンクです。

[クリナップ]STEDIA「流レールシンク」紹介動画

そして、クリナップのキッチンでは洗エールレンジフードが選択できます。洗エールレンジフードはお湯をレンジフードに入れて2か月に1回自動洗浄するだけで、フィルターとファンの掃除が不要という超スグレものです。

出典:クリナップ

kikorist妻
kikorist妻

レンジフードの掃除をしなくていいなんて素晴らしすぎる!

kikorist夫
kikorist夫

洗エールレンジフードだけ導入できないか聞いてみたのですが、キッチンセットじゃないと入れられないそう。

クリナップを選んでもらうための装備なので当然か…。

クリナップは、推奨仕様と提案仕様での差があまりありませんが、大きな違いとして提案仕様ではミーレの食洗器を入れることができます(ただし45cmのみ&現在受付停止中)。

クリナップにはミーレが提案仕様としてラインナップ

また、推奨仕様ではオプションとなる洗エールレンジフードが提案仕様では標準で装備されるのが大きな違いです。

kikorist妻
kikorist妻

提案仕様では洗エールレンジフードが標準になるってことは、それぐらい人気の装備だってことね。

扉の面材は推奨仕様も提案仕様も同じで、オプションでステンレス扉が選べる点も共通です。

推奨仕様の面材

推奨仕様の面材

提案仕様のステンレス

提案仕様のステンレス

kikorist妻
kikorist妻

扉までステンレスにこだわってるのね。

洗エールレンジフードや人造大理石、小物オプションは推奨仕様でも追加可能なので、究極的な違いはミーレと言えそうです。

  • ステンレスカウンターの品質が高い
  • 収納内部までステンレスはトクラスだけ
  • 流レールシンクが便利
  • 洗エールレンジフードはメンテナンスが楽
  • 提案仕様ではミーレを選択可能

トクラス

  • ベースモデル:ベリー
  • 推奨仕様 LEYKシリーズ:ワークトップ 人造大理石(ニューグラーナカウンター)+サイクロンフードor薄型フード
  • 提案仕様 HEYKシリーズ:ワークトップ 人造大理石(テノールカウンター(提案でニューグラーナカウンターも選択可))+天然木塗装扉or塗装扉+薄型レンジフード

恥ずかしながら、kikorist夫婦は家づくりを始めるまでは「トクラス」というメーカーを知りませんでした。ヤマハリビングテックという、楽器のヤマハの住宅部門が2013年に名称変更した会社とのことで、ヤマハ譲りの塗装技術を持ち、人造大理石にこだわりを持つメーカーです。

トクラスのキッチンのベースは最上級モデルのベリー

出典:トクラス

特徴は何と言っても人造大理石です。推奨仕様ではニューグラーナカウンターという高耐久の人造大理石が採用されています。汚れ・熱・衝撃に強く、特に熱したフライパンを10分置けるとカタログに明記している人造大理石はトクラスのみです。

また、トクラスならシンクも標準でマーブルシンクという人造大理石になります。

形状は3つから選べるのですが、特に人気なのは奥までシンク。奥までシンクは水栓の位置を工夫することで、540mmのシンクの奥行全てを有効に活用できます。

ワークトップとシンクの間に継ぎ目がないシームレス接合を採用しているので、掃除が非常に簡単なのが嬉しいところ。

さらに、人造大理石シンクのカラバリが豊富なのもトクラスの特徴です。可愛いキッチンやポップなキッチンを目指す方にピッタリかもしれません。

推奨仕様では、ニューグラーナカウンターが標準ですが、提案仕様でスリムカウンターにグレードアップすることが出来ます。スリムカウンターではワークトップの厚みが薄くなることで、よりスタイリッシュなデザインになります。

推奨仕様のニューグラーナカウンターでは白とベージュしか選べませんが、スリムカウンターではハイグラーナブラックという御影石調のダーク系のカウンターも選べるようになるので、ダーク系のワークトップにしたい方は検討をオススメします。

フードは、トクラス独自のサイクロンフードが標準

出典:トクラス

特殊な形状でニオイや煙をキャッチし、内部のお手入れが10年不要と謳います。10年お手入れ不要はありがたいのですが…

kikorist妻
kikorist妻

形がとってもダサい。

見た目は重要なのは、トクラスも分かっているようで、スタイリッシュな薄型も推奨仕様(つまり差額なし)で選べます。薄型レンジフードは手入れの手間は発生するので悩みどころです。

塗装色は推奨仕様で14色と豊富に揃えています。

さらに、提案仕様で塗装に変更が可能です。

kikorist妻
kikorist妻

キッチンの面材に塗装した扉を採用するなんて聞いたことがない…。

kikorist夫
kikorist夫

塗装は下地処理、上塗り、磨きとめちゃくちゃ手間がかかるので普通は採用できないのですが、楽器の塗装で得た技術に自信を持つトクラスだからこそできるオプションだと思います。

トクラスとしては、ハイバックカウンターを推しているようです。

ハイバックカウンターにすることで、背面から見た際に手元が隠れるのと、水はねなどを防止できます。さらにマルチスタンドや水切りラックなどの便利アクセサリーも充実しています。

トクラスの提案仕様では、ワークトップが標準でテノールカウンターという、トクラスの中でも最高級の人造大理石になります

出典:トクラス

テノールカウンターはエンボス加工(=凹凸加工)がされており、セラミックに近い質感になります。ブラックやブラウンも選択できるので、大人っぽい上質な空間にも似合います。

出典:トクラス

テノールカウンターは4色から選択可能です。

kikorist妻
kikorist妻

バーストブラウンやフレークシルバーはスタイリッシュな感じね!

たたし、手元を隠すハイバックカウンターを選択した場合は、テノールカウンターは使えず、ニューグラーナカウンターとなる点は注意です。

ハイバックカウンターはニューグラーナカウンターになります

ハイバックカウンターはニューグラーナカウンターになります

テノールカウンターはオープンキッチンや壁付け/I型キッチン限定です。

シンクも当然人造大理石製で、もちろんシームレス接合。ただし、半円型のG2シンクが選べないため、H2シンクと奥までシンクの2択となります。奥までシンクが選べれば問題ない気がします。

推奨仕様では標準となっていたサイクロンフードはなぜか提案仕様に…。その代わり、スタイリッシュな薄型レンジフードが標準となっています。

kikorist妻
kikorist妻

やはりデザイン上の問題だと思います。

面材ですが、塗装扉に加え天然木塗装扉が推奨仕様になっています

塗装扉は推奨キッチンでオプション設定されていた12色からテノールカウンターにマッチする7色に変更になっており、天然木塗装扉が加わっているのが大きな違いになります。推奨仕様でも選べたシート扉も選べますが、トクラスの提案仕様キッチンを入れるならぜひ塗装扉か天然木塗装扉を選びたいところです。

  • 大理石の品質が高い
  • シンクも大理石で、特に奥までシンクは使いやすい
  • 塗装扉や天然木塗装扉が選択可能
  • サイクロンフードは機能はいいがデザインが悪い

2021年4月の仕様改定後のトクラスの最新仕様をこちらの記事でまとめました。テノールカウンターや天然木塗装扉が標準になるなど大幅にグレードアップしています。

永大産業

永大産業のベースモデルはラフィーナエアプラスです。

出典:永大産業

なお、永大産業には提案仕様のキッチンがない様子。住友林業の支店ショールームには、Panasonicはあっても永大産業は置いてないところも多いので、住友林業としてもあまり力を入れてなさそうです。

永大産業は、機能よりはデザイン重視のキッチンです。機能や収納の使いやすさでは他メーカーよりも劣りますが、その分他メーカーにはないデザインを揃えています。

kikorist妻
kikorist妻

したがって、デザインにこだわる人向けと言えそうです。

例えば、ワークトップはステンレスと人造大理石から選べるのですが、ステンレスはヘアラインとバイブレーションから加工を選ぶことができます

永大産業はフローリングや建具で有名なメーカーですので、その強みを活かして木目調の扉デザインが多いのが特徴です。シート素材のメラミンに加えて、提案仕様として、無垢素材の天然木の扉を選択できます

さらには木目調メラミン素材のワークトップまで用意されています。

kikorist妻
kikorist妻

ここまで木目調で押してくるとは…。

シンクはスリーレイヤードシンクと呼ばれる、プレートを使ってシンクの3層を有効に使えるシンクが採用されています。

注意しておきたいのは、永大産業の場合、食洗器が三菱電機の浅型しか用意されておらず、深型が選択できません。深型は人気のオプションですので、深型が選択できないのはかなりのマイナスポイントです。

木調に絶対にこだわりたい、という方向けのキッチンですが、個人的には積極的に永大産業を選ぶ理由はないような気がします…。

  • 木目調推しなら一考の余地あり?
  • 食洗器が浅型しか選択できない
  • 正直他メーカーがオススメ

住友林業のキッチンの価格は?

住友林業と契約した場合、本体価格には推奨仕様の壁付けキッチン・I型キッチンが含まれています

標準が壁付けキッチンというのがポイントで、オープンキッチンのアイランドやペニンシュラにした場合は別途差額が発生します。これは、壁付けキッチン・I型キッチンは背面部分の面材が不要ですが、アイランドやペニンシュラにした場合は、側面や背面部分の面材が必要になるためです。

もちろん背面部分を収納棚にしたり、手元を隠すハイバック仕様にするような場合でも差額が発生します。

kikorist妻
kikorist妻

差額ばっかりで嫌になるわね…。

kikorist夫
kikorist夫

標準からの差額なので、しょうがないかなと。

最初からペニンシュラくらい標準でもいいと思うけどね…。

キッチン本体を提案仕様にする場合、本体価格に含まれていたキッチン代436,350円が提案工事明細で減額となり、新しいキッチン代が提案工事に加算されます

例えば、リクシルのHASKシリーズの場合、ペニンシュラ型で背面を全て収納にすると677,400円。そこからセラミックトップにした場合+298,670円です。もともとのキッチン代が436,350円ですので、差額は539,720円ということになります。

また、面材の色については、住友林業でキッチンを選択した場合、どの面材を選んでも価格は同じです。例えば、リクシルのカタログではグループ3とグループ4に分類されている面材が選択可能ですが、住友林業ではどちらを選んでも差額はありません(リクシルの定価では約10万円違います)。

もちろん、クリナップのステンレス扉やトクラスの塗装扉のように、扉自体が提案仕様となっている場合は別途差額が発生します。

キッチンの水栓の仕様

水栓は、各メーカー共通で住友林業の仕様品から選択できます。

例えば、標準の混合水栓から、リクシルのタッチレス水栓ナビッシュやナビッシュハンズフリーに変更が可能です。

価格はタッチレス水栓が64,120円で、標準仕様の混合水栓29,700円が減額されるので、差額は34,420円です。同様にハンズフリー水栓は108,570円で、標準との差額は78,870円

kikorist夫
kikorist夫

私たちはナビッシュハンズフリーを選択しました。

食洗器の仕様

食洗器については、標準でリンナイの浅型食洗器が含まれています(永大産業は三菱電機製)。永大産業以外はPanasonicの深型食洗器に変更が可能です。メーカーによって変更した場合の差額は異なるようで、参考までにリクシルの場合は深型への変更差額は71,940円です。

私たちも導入した、人気の海外製食洗器のミーレについても触れておきます。

住友林業のキッチンでミーレを入れるには、クリナップの提案仕様かkitchen houseを選択する必要があります。リクシルやトクラスでもメーカーカタログ品であればミーレを入れることが出来ますが、住友林業提携仕様から外れるために、キッチンの本体代はかなり上がります。最終的には私たちはリクシルでミーレを入れることにしたのですが、その詳細をこちらの記事でまとめています。

新型コロナウイルス拡大の影響でミーレの供給に問題が生じており、2021年秋ごろまで45cmモデルの受注が停止しています。そのためクリナップでは現在ミーレは提供不可、kitchen houseでは45cmのBOSHを代替で提案しています(リクシルの一般モデルやkitchen houseの60cmは選択可)。

住友林業のカップボード(食器棚)の仕様と価格は?

住友林業では標準でカップボードが含まれていません。したがって、カップボードを選択する場合は、全て提案工事となります。

カップボードの価格やサイズはメーカーによって異なりますが、住友林業提携価格となっていますので、通常の食器棚を購入するよりはかなり安く導入することが可能です。

面材を合わせるためにキッチンとカップボードはメーカーを合わせることが一般的ですが、キッチン本体とカップボードはメーカーが違っても問題ありません

また、住友林業オリジナルのカップボードとして、住友林業クレストのチェスターフィットシリーズのカップボードがあります。

kikorist妻
kikorist妻

「チェスターフィット」は住友林業クレストの収納家具のシリーズ名です。

住友林業クレストは他メーカー向けにも製品を卸していますが、チェスターフィットは住友林業専用品となっています。

チェスターフィットは質感を前面に押し出したデザインで、展示場のモデルハウスでもよく導入されています。どのメーカーのキッチンともマッチするようなデザインはさすが住友林業クレスト。

kikorist夫
kikorist夫

チェスターフィットはキッチン背面収納もラインナップされていて、カップボードとあわせて施主の間でもかなり人気の商品です。

チェスターフィットについては、こちらの記事で詳細を解説しています。

kikorist妻
kikorist妻

キッチンの背面収納をクレストのチェスターフィットやチェスターフィットライトにすることも可能です。

Panasonicとキッチンハウスは次回の記事で!

推奨仕様の4メーカーのキッチンを説明するだけでかなりのボリュームになってしましましたので、残りのPanasonicとkitchen house(キッチンハウス)は次回の記事で解説します。

注文住宅でキッチンを重視される方もかなり多いと思いますが、住友林業では選択できるメーカーや仕様も多いのでかなり悩むはず…。

参考になれば幸いです。

そのほかの住友林業の仕様についても下記でまとめていますので、気になる方はご覧ください。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました