住友林業の新邸で採用を諦めた設備・仕様

着工合意
契約後の打ち合わせ 着工合意

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。

現在、ココナラでマイホームデザイナーのパース作成サービスを販売しています。ご興味のある方はご覧ください。


この記事では、住友林業で建築士中の新邸において、kikorist夫婦が本当は入れたかったけれど、諸事情(というか主に予算面)で泣く泣く諦めた設備・仕様を紹介したいと思います。

ビルトインガレージのタイル床

車好きのkikorist夫としては是非とも入れたかったのが、ビルトインガレージのタイル床

ディーラーの床に貼られていたタイル

ディーラーの床に貼られていたタイル

kikorist夫
kikorist夫

ガレージの床がタイルだとめちゃくちゃカッコイイ!

諦めた理由は、費用とメンテナンス(割れるリスク)。ガレージはコンクリートのモルタル仕上げ(屋外部分は刷毛引き仕上げ、屋内部分は金コテ仕上げ)になっているのですが、そこにさらにタイルを施工することになるので、まるまるタイルと施工費用が上乗せされる形になります。

駐車場用のタイル価格が14,000円/㎡ですから(ADVANのスタジオズ20の場合。しかもADVANは業者に対しても値引きなし)、屋外も含めた7m×3m=21㎡を施工するとタイルの材料費だけで294,000円(目地材や接着剤は含まず)、そこに施工費用を追加すると最低でも40万円~50万円程度は必要です。

kikorist夫
kikorist夫

金額的に諦めざるを得ませんでした。

また、金額面以外にも住友林業の設計担当氏、外構を担当する緑化氏にも反対されました。

設計氏
設計氏

駐車場のタイルは割れやすいので、出来ればやめたほうが…。

緑化氏
緑化氏

長期の使用や車重によっては割れることがあるので、オススメしません。

と、いうわけでガレージタイルはお蔵入りとなりました…。無念。

屋外の混合水栓

これもkikorist夫の趣味に関連した内容ですが、ガレージ内に混合水栓を設けたいと思っていました。

kikorist夫
kikorist夫

冬の手洗い洗車が快適に…!

ただ、こちらも費用的に早々に断念

kikorist夫
kikorist夫

うろ覚えですが、10万円~13万円程度の見積だったと思います。洗濯機の混合水栓は1万円強なのに高すぎる…。

よくよく考えたらビルトインガレージでそれほど車が汚れることもないですし、冬場はディーラーで手洗洗車もお願いできますし、どうしても家で洗車したい場合は1階洗面台の混合水栓があるのでそんなに問題ないかなと…(手洗いはバケツにお湯入れれば解決、流すのは冷水でOK)。

kikorist妻
kikorist妻

家づくりで金銭感覚がちょっと麻痺してないかしら。

便利だとしても、使う頻度を考えなさい。

kikorist夫
kikorist夫

はい…。

太陽光発電

太陽光発電は可能ならば入れたかったのですが、早々に断念することになりました

太陽光発電パネル

太陽光発電パネル

kikorist夫
kikorist夫

再エネ賦課金はまだしばらく上昇傾向ですし、10年後は電気自動車はまだしもPHVは一般化してそうです。

断念した理由は、予算ではなく、30坪程度の敷地ではまともな容量の太陽光発電のパネルが載らなかったため。南面の屋根面積を確保するために、屋根の形を寄棟から片流れに変更する必要があり(費用が+約60万円)、それでも3kWほどしか載らないということで断念しました。

kikorist妻
kikorist妻

見た目がダサイ上に費用も高く、パネルもそんなに乗らないという…。

設計氏も言っていましたが、都内で太陽光発電が載せられるのは広い土地=大きな屋根を付けられる場合や、片流れがマッチする土地・デザインなど、条件がなかなか厳しいとのことです。

kikorist夫
kikorist夫

太陽光発電を入れられる人が羨ましい…。

家具コンセント

カウンターなどの上のコンセントは、当初は家具コンセントを使用する予定でした。

代表的なのはPanasonicのSプレートシリーズJIMBOのKAGシリーズです。

PanasonicのSプレート

PanasonicのSプレート

JIMBOのKAGシリーズ

JIMBOのKAGシリーズ

断念した理由は、新邸を建てるエリアが準防火地域のためです。準防火地域では、コンセントには耐火ボックスが必要なのですが、これら家具用コンセントには耐火ボックス/プレートが標準で用意されていないのです(下記の③に該当する方法)。

省令準耐火構造の住宅の仕様

壁または天井への設備器具の設置
防火被覆を貫通して設備器具を取付る場合、壁・天井内に火炎が侵入しないよう、以下のように防火被覆を施す。

①当該器具の裏面をロックウール断熱材、グラスウール断熱材等で被覆する。
②当該器具の裏面をせっこうボードや鋼製の枠で、被覆する。
③コンセント差込み口以外の部分等について、金属製のプレート等により被覆した器具を使用する。

そのため、耐火ボックスを石膏ボードで造作で用意するなど現実的ではない手段(上記の②)と費用がかかるため、断念となりました。

カウンター上に通常サイズのコンセントが来てしまうのはかなり残念ではありますが、Panasonicのアドバンスシリーズにしたことで最低限の意匠に配慮しました(アドバンスシリーズであればメーカーの耐火プレートが用意されています)。

提案仕様のアドバンスシリーズ

提案仕様のアドバンスシリーズ

フレンチヘリンボーンの無垢床

3階のセカンドリビングで検討していたのが、マルホンの無垢のフレンチヘリンボーン

マルホンの無垢フレンチヘリンボーン(出典:マルホン)

マルホンの無垢フレンチヘリンボーン(出典:マルホン

見積を取ってみたところ、標準の突板からの差額が約50万円ということで、採用を断念

kikorist夫
kikorist夫

さすがに仕分けの対象となりました…。

最終的には、永大産業の銘樹ヘリンボーンを採用しています。無垢ではなく挽板にはなりますが、半額程度の費用で導入できました。

永大産業の銘樹ヘリンボーン

永大産業の銘樹ヘリンボーン

kikorist夫的にはフレンチヘリンボーンのほうが好きだったのですが、kikorist妻は、

kikorist妻
kikorist妻

90度で貼り合わせた普通のヘリンボーンのほうが好きなので、価格も下がってウェルカム!

だそうです笑

格子スクリーン

kikorist妻が気に入っていた、住友林業三種の神器の1つである格子スクリーン(商品名は格子スクリーン2)。

格子スクリーン2

格子スクリーン2

間仕切りなどでよく使われるのですが、kikorist新邸では残念ながら間仕切りするような空間がなく、入れられそうな場所がありませんでした

kikorist妻
kikorist妻

出来れば入れたかったけど…。

入れる場所を無理矢理作っても本末転倒なので、採用はなしということになりました。

エクラン浴槽

kikorist新邸のシステムバスは、トクラスのLCYBシリーズにしたのですが、その中で採用を諦めたオプションがエクラン浴槽

トクラスのエクラン浴槽

トクラスのエクラン浴槽

通常の浴槽も人造大理石のスタークですが、エクラン浴槽はさらに1つ上の質感です。

推奨(標準)仕様のバスタブ

推奨(標準)仕様のバスタブ

実際に見ましたが、惚れ惚れするような美しいツヤの浴槽でした。

エクラン浴槽のツヤ

エクラン浴槽のツヤ

kikorist妻
kikorist妻

写真よりもずっと綺麗なのです。

そのエクラン浴槽の提案工事の費用は90,760円と高額。しかもエクランのヘアライン柄は上の面のみ(浴槽の素材全体はエクランですが)ということでちょっとコスパが悪い。

標準でもトクラス自慢の人造大理石なのにさすがにこれは出せないということで、夫婦一致で断念することになりました。

kikorist妻
kikorist妻

5万円以内だったら入れてた可能性が高いオプションです。

そのほか、浴室関連では開き戸+タオル掛け(18,740円)、おそうじ浴槽(96,670円)なども削減対象となったオプションです。

開き戸は1616サイズだと開いたときに浴室をかなり圧迫するので、費用も含めて採用しなくて正解だったと思います(1618サイズ以上の方はご検討ください)。

おそうじ浴槽は私たちには贅沢装備、ということで削減しました。現宅でも毎日のお風呂掃除にはバスタブクレンジングをメインで使用し、手洗いはたまにしか洗っていませんが、特に困っていません。

kikorist妻
kikorist妻

バスタブクレンジングは本当に神アイテムです!

お風呂掃除が断然楽になりました。

タオルウォーマー

タオルの乾燥にも使えて、冬場の脱衣所の暖房替わりにも使えるタオルウォーマーも採用を断念したアイテムの1つです。

PSのYUCCA _YAE(出典:PS)

PSのYUCCA _YAE(出典:PS)

もともとは、kikorist夫が家づくりの参考にしていた建築士夫婦さんのブログの記事で発見したのがきっかけで採用を検討していましたが、kikorist妻の、

kikorist妻
kikorist妻

今なくても困ってないしいらない。高いし(10万円以上…)。

バスタオルは大量に持ってるし、乾太くんもあるし、必要性を感じない。

という意見により断念…。

確かに我が家では楽天のヒオリエで購入したホテルスタイルバスタオルが大量にあります…。それこそ1人7枚くらいは余裕

kikorist夫
kikorist夫

タオルウォーマーはなくてもいいかも…

と、いうことになりました。

ピーエスのタオルウォーマーはカラバリ・サイズともに豊富で、デザインもオシャレなので、興味のある方はぜひ検討してみてください。

寝室の間接照明

当初の住友林業のプランでは、寝室に折り下げ天井と間接照明が入っていました

当初の寝室には折り下げ天井と間接照明

当初の寝室には折り下げ天井と間接照明

費用は12~15万円ほどだったと思いますが削減対象としました。その代わりに、壁ふかしとブラケットライトを入れることで、多少の費用削減と実用性の向上を図っています

主寝室の照明

主寝室の照明

壁ふかしにすることでスマートフォンなどを置くこともできますし、ブラケットライトで間接照明同様の柔らかな光も得られたので、これは正解だったんじゃないかと思います。

IKEAのマグネットナイフラック

IKEAのマグネットライフラックをキッチンに入れたいと思っていましたが、取り付ける場所がなくて断念。

IKEAのKUNGSFORS クングスフォルス マグネットナイフラック

IKEAのKUNGSFORS クングスフォルス マグネットナイフラック

画像では包丁を取り付けていますが、同じくIKEAのGRUNDTAL グルンドタールにスパイスやハーブなどを入れて使おうと思っていました。

IKEAのGRUNDTAL グルンドタール

IKEAのGRUNDTAL グルンドタール

kikorist妻
kikorist妻

壁付けキッチンや、キッチンハウスのデュエのようなレイアウトなら採用できたかもしれないけど…。

ペニンシュラキッチンでは取り付けることが出来る場所があまりなく、お蔵入りとなりました

スパイスについてはキャニスターに入れてキッチンのスライド引き出しなどに入れておこうと思います。

宅配ボックス

最後は宅配ボックスです。施主ブログやインスタなどで「入れてよかった設備」で上位にランクインすることも多い宅配ボックスですが、kiokrist新邸では導入しませんでした。

理由としては、下記の通り。

  • 在宅勤務が多く宅配便を受け取ることがそんなに難しくない(そして在宅勤務は今後も急に減ることはなさそう)
  • kikorist夫婦くらいのネット通販ヘビーユーザーだとそもそも宅配ボックスが2~3個あっても不足する場合がある
  • 宅配ボックスではクール便に対応できない(ふるさと納税のヘビーユーザー)
  • 置き配で現状困っていないし、門袖の裏に目立たないように置き配が可能。

当初の外構見積には宅配ボックスとしてダイケンのTBX-G2が入っていたのですが、デザインがイマイチな上に、施工費用込みで17万円ほどだったので、費用とメリットが見合わないと判断

ユニソンのヴィコはオシャレでこれならまだ良かったのですが、門袖と高さが合わない(ヴィコは2個用のスタンド使用で高さ130cm、門袖の高さが天空率の関係で120cmまでとなっていた)ので、断念しました。

ユニソンのヴィコ

ユニソンのヴィコ

kikorist夫
kikorist夫

トータルとして、うちの場合は宅配ボックスを入れるメリットがそんなになかったというのが正直なところです。

なので、あまり後悔はしていません。

kikorist妻
kikorist妻

宅配ボックスの費用で外構照明を追加したので、そちらのほうが満足感が大きいです。

新邸で諦めた採用を諦めた設備のまとめ

こうしてみると、やはり入れたいもの全部が入れられたわけではなく、色々諦めたなとは思います。

中には宅配ボックスや混合水栓など「あったら便利だけどなくても平気」なものもありますが、太陽光発電や無垢のヘリンボーンなどは可能であればやはり入れたかったという気持ちはあります。

とはいえ、やはり限りある予算の中で優先順位を付けた結果ですし、太陽光発電については物理的な問題というものもありますので、取捨選択としては正しかったと思います。

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました