住友林業で施主支給が可能な設備、実際に施主支給にした設備を解説

契約後の打ち合わせ
契約後の打ち合わせ 着工合意 設備仕様

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。

現在、ココナラでマイホームデザイナーのパース作成サービスを販売しています。ご興味のある方はご覧ください。


この記事では、住友林業で建築中の新邸で施主支給した設備について紹介します。また、住友林業で施主支給が可能なもの、不可能なもの、施主支給するための条件について、kikorist夫婦の事例に基づいて解説します。

竣工後は施主支給したものそれぞれの詳細についてレポートしたいと思いますが、今回は着工合意時点の総まとめです。

なお、住友林業の仕様シリーズについては、こちらから記事一覧としてご覧いただけます。

施主支給とは

施主支給とは、住宅設備機器や建材などを施主が自分で購入してハウスメーカーに支給することです。

通常、住宅設備機器等はハウスメーカーの納入ルートを通じて、メーカー→ハウスメーカー→現場へと届けられ、費用は取付費なども込みで建築費の一部としてハウスメーカーから施主に請求されます。

この流れに乗らず、施主が品物だけ自分で購入して現場へ届けるのが施主支給です。

施主支給は物品だけ施主が手配して、施工(=取り付け)はハウスメーカーであることが一般的で、これを住友林業では「材のみ」(おそらく材料のみという意味)の施主支給と言います。

施工(取付)もハウスメーカーではなく、施主自身もしくは施主が手配した外部業者が行うことを「材工」(おそらく材料と施工両方という意味)の施主支給と言います。

ただし、外部業者は建築中の現場に立ち入ることは許されませんから、材工で施主支給する場合はハウスメーカーから施主に家が引き渡されてからの工事となります。外部業者ではなく、施主自身がDIYで施工する場合も責任分担を明確にするために、引き渡し後の取り付けとなります。

施主支給のメリットとデメリット

施主支給にはメリットとデメリットがあるので、しっかり理解しておくことが必要です。

メリット

  • 自分好みの商品をハウスメーカーの取り扱いを超えて選べる。(楽天やAmazonで販売している商品も可能)
  • 同じものであればハウスメーカーで経由するより安い場合が多い。

デメリット

  • 仕様や規格、特性を理解して品選びする必要がある。(サイズや規格に間違いがないか?)
  • 施工会社に施工に関する説明や情報供与をする必要がある。
  • ハウスメーカーの保証が受けられない。
  • 住宅ローンの対象外。
  • 施主が配送・保管する必要がある。

施主支給に魅力を感じるのは、自由な商品選定と価格ではないかと思います。

ハウスメーカー経由で購入できる商品には限りがあります。一般的な建材メーカー(マルホンや大建工業など)の製品なら、個別の特注品として見積を取って採用することもできますが、たとえば楽天のショップが独自に販売しているブラケットライトなどは、ハウスメーカーでは取り扱いがありません。こういったハウスメーカーで購入が出来ない商品を使用したい場合、ハウスメーカーの代わりに施主が購入して現場に届ける施主支給で解決できるわけです。

また、同じ商品であれば、ハウスメーカーよりも施主支給のほうが安くなることが多いのもメリットです。

kikorist妻
kikorist妻

ハウスメーカーの利益が乗っていないから、その分安く入れられます。

ただ、電気・水道・ガスに関する工事が絡むものに関しては、ハウスメーカーによっては施主支給にかなりナーバスです。

営業氏
営業氏

初期不良、水漏れ・ガス漏れなどの際の責任問題があいまいになるためです。

ハウスメーカーが手配した商品ならハウスメーカーの責任で交換ができますが、施主支給の場合は、部品の問題なのか工事の問題なのかの切り分けが必要で、もし部品の問題であれば施主が新しい品物を用意する必要があります

また、施主が正しい知識で商品を選択する必要があるのもデメリットと言えます。例えば、LIXILのトイレでは、新設用とリフォーム用、床排水と壁排水、ブースターの有無、寒冷地用と標準地用、ヒーター有無など様々な仕様が存在しており、建てる予定の家にあわせて適切に選ぶ必要がありますが、素人にはなかなか選択が難しいです。もし万が一間違って注文してしまったら、返品交換の手間も発生しますし、何より現場に大迷惑をかけてしまいます。ハウスメーカー経由で購入すればこう言った余計な心配がいりません。

また、施主支給された商品が起きたトラブルについては、ハウスメーカーの保証は適用されません

とはいえ、エアコンなどは量販店で購入したほうが長期保証で保証期間が長かったりするので、適材適所で活用したいところです。

また、施主支給は基本的に住宅ローンの対象外となります。例えば、エアコン4台を施主支給するというような場合、その費用は現金支出として出ていくことになるので、手持ちの資金と相談しながら対応する必要があります(もちろんハウスメーカー経由よりは安くなるので、資金に問題なければ施主支給で問題ありません)。

住友林業で施主支給が可能なもの・不可能なもの

住友林業の施主支給ルールは支店によってもかなり違いがあるようです

kikorist夫
kikorist夫

以下はkikorist夫婦の経験をもとに記載しますが、施主支給を具体的に検討している方は、営業担当に詳細をご確認ください。

kikorist夫婦の担当支店ではかなり厳しめで、電気工事・水道工事が発生するものは基本的に一切NGでした。

参考までに、kikorist夫婦が施主支給を打診したが、断られた設備は下記の通りです。

  • タンクレストイレ
  • ハンズフリー水栓(キッチン)
  • 照明器具(工事が必要なもの)
  • インターホン

トイレについては当初は施主支給の予定で、取付工事費の見積を出してもらうなど、実施する方向で話が進んでいましたが、打合せ中の2月上旬に住友林業社内で(支店内か全社かは不明)、「水回り施主支給絶対NG」の社内通達があり、結果的に不可となりました

kikorist妻
kikorist妻

施主支給で取付費を除いて5万程度は安くなる見込みだったので残念…。

照明器具も、ペンダントライトやシーリングライトなどの電気工事が不要な照明以外は施主支給NGでした。

インターホンも同様で、電気工事が必要なため、施主支給はNGとなりました。

最終的にkikorist夫婦が施主支給することになった設備は以下の通りです。

  • エアコン(露出配管/隠蔽配管)
  • ガスコンロ
  • 天井スピーカー
  • 乾太くん
  • 造作家具
  • ペンダントライト/シーリングライト
  • カーテン(子供部屋)
  • 車止め

以下では施主支給した設備の詳細について記します。

kikorist夫婦が施主支給した設備

エアコン

住友林業ではエアコンの施主支給は原則可能ですが、東京ゼロエミのようなエアコンの絡む補助金を利用する場合は住友林業でのエアコン手配・取り付けが必要になるのと(完了検査=引き渡し時に条件を満たすエアコンが取り付けられている必要がある)、最低1か所は住友林業でのエアコン購入・取付がないと「隠蔽配管のみ」(いわゆる先行配管)ができないので、その点は注意が必要です。

エアコンを材のみの支給とし、住友林業での取り付けが出来るかについては、支店(というかその支店が提携している取付業者といったほうが正しい気がします)によって違いがあるようです。

エアコンについては、現在のマンションに取り付けてあるエアコンのうち1つは自分たちで購入したものなので、そのまま新居に持っていく予定です。

kikorist妻
kikorist妻

露出配管で、引き渡し後に引っ越し業者手配のエアコン業者での取り付けとなる予定です。

また、部屋分割の将来対策として隠蔽配管だけ仕込んでいる場所があるので(詳細はこちら)、エアコン本体は施主支給となる予定です(数年以上先になると思いますが)。

ガスコンロ

ガスコンロは、リクシルのキッチンをオープン仕様にすることで何とかねじ込みました(詳細はこちら)。リンナイのデリシアを施主支給予定です。

取り付け費用で2万円ほどが発生しますが、住友林業経由で購入するよりは15万円ほどの節約になります。

天井スピーカー

天井スピーカーは、取り付けは施主自身で行いますが、スピーカー取り付け用の天井の穴あけ加工やスピーカーケーブル用のCD管は住友林業となります。

穴のサイズについては、事前にスピーカーの施工説明書を渡しています(詳しくは後述)。

乾太くん

乾太くんは住友林業経由で手配すると、5kgモデルと専用の設置台込で約20万円(消費税/きこりん税別)だったので、配管のみお願いして、施主支給/施主施工としました

ネットで買えば8kgモデルでも10万円程度です。5kgモデルなら8万円台。

設置台は、リンナイ の専用台がダサかったので、造作棚にしましたが、造作棚の費用は約6万円。別途配管費用11,010円が必要でしたが、置き台を造作しても施主支給のほうが安くなりました

造作家具

kikorist新邸では、テレビボードとタオルラックを家具工事で造作予定です。

このうちテレビボードは製作を依頼するライムスさんが、取り付けまでしていただけます(取り付けは引き渡し後)。つまり材工の施主支給ということになります。あわせてテレビの壁掛け金具も施主支給です。

タオルラックについては完成品を現場に運んで、住友林業でユーティリティーの壁に取り付けていただく、材のみの施主支給としました。取付費用は約2万円。

ペンダントライト/シーリングライト

一部の照明は、引っ掛けシーリングのローゼっとのみの設置し、ペンダントライト/シーリングライトは施主支給としました

こちらについては前回の照明についての紹介で触れましたので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ダウンライトやリビングライコンなどは、電気工事での取り付けが必要なため、施主支給不可でした。

カーテン(子供部屋)

kikorist新邸では、基本的にはウッドブラインドとロールスクリーンで、インテリアコーディネーター氏からの提案のものをほぼそのまま採用していますが、子供部屋についてはコストダウンの影響で施主支給のカーテンとしています。

kikorist夫
kikorist夫

ニトリでいいかなと思っていたり…。

カーテンについては施主支給の定番品ですので、交渉するまでもなく施主支給が可能でした。

車止め

ガレージに設置する車止めです。友林業緑化の製品はゴム製で見た目がイマイチだったので、施主支給することにしました。用意したのはこちら(2個購入しています)。

kikorist夫
kikorist夫

アルミ製でなかなかカッコイイです。

既に購入済みで、玄関に保管してあります笑

取付費用は住友林業緑化でサービスとなりました。

着工合意後に施主支給品を追加

予想通りというか、やっぱりと言うか、着工合意後に施主支給品を追加したので、新たに追加した施主支給についての記事を追加しました

そのほか施主支給が可能なもの

kikorist夫婦はしませんでしたが、ネットでも施主支給の定番になっている商品を紹介します。

トイレットペーパーホルダー/タオルリング

取付も用意ですし、価格も安く、バリエーションも豊富なので施主支給しやすいジャンルです。

楽天やAmazonでも色々オシャレなものがありますので、好みのものを施主支給するといいと思います。

kikorist夫
kikorist夫

もしかしたら私たちも施主支給するかもです。
(今はカワジュンのペーパーホルダーにしていますが…)

2021/09/08追記

結局施主支給しました笑

pid4M

室内干し派に人気の森田アルミ工業のpid4M。

スタイリッシュで目立たないデザインが好評です。

下地補強が必要なので設計に盛り込んでおく必要はありますが、施工も簡単で施主支給しやすいアイテムです。

vik

同じく森田アルミ工業で人気の傘掛けフックのvik。

kikorist新邸では玄関の入口(屋外)に外構工事で取り付け予定です。

住友林業緑化経由での用意が可能だったので、施主支給はしていません。

住友林業で施主支給するには?

住友林業で施主支給するには、着工合意前までに営業担当と設計担当に施主支給したい旨を話して了承を得ておく必要があります。物によっては、各種配管や取り付け位置などを図面に落とし込む必要があるためです。

その上で、下記を提出します。

  • 施主支給品リスト
  • 施主支給品の施工説明書/マニュアル/寸法図
  • 施主支給に関する覚書

提出物やフォーマットは支店によって異なるかもしれませんので参考までに。

施主支給品リスト

施主支給品リストは、エクセル形式でどんなもの(メーカー/型番)を施主支給するのか、材のみなのか材工なのかなどを一覧にしたリストです。営業担当からメールで受領したものに施主が記入して提出しました。

施主支給品リスト

施主支給品リスト

施主支給品の施工説明書/マニュアル/寸法図

図面に落とし込んだり、生産担当に引継ぎための各種資料です。

主にメーカーのホームページからPDFでダウンロードできるので、PDFを営業担当にリストと合わせて事前にメールで送付。造作家具は寸法図のみ渡しました。

施主支給に関する覚書

施主支給品でトラブルがあっても住友林業に責任はないということを了承する覚書です。

施主支給に関する覚書

施主支給に関する覚書

これは着工合意の際に、サインし、実印で押印しました。

施主支給は施主が納品する必要あり

また、施主支給する品物は適切なタイミングで建築現場に届ける必要があります

覚書にも「本建物の計画工程に基づき、甲の責任において、荷受け立会い及び、部材の確認・検品・養生・保管を行い、甲乙協議のうえ乙の指定した日時に本建物に搬入する事とし、乙は一切の責任を負わない。」と、明記されています。

建築現場への直送は大工さんに受け取ってもらうのは難しいですし、保管場所や保管期間の都合もありますので(配送会社も困るでしょうし)、基本的には一度施主の家に保管した上で、住友林業が指定する日時に現場で運ぶことになります

kikorist夫
kikorist夫

したがって、施主が運べないような大きさ・重さのものは施主支給に向いていないかもしれません。

施主支給はハウスメーカーに負担をかける場合もあるので慎重に

商品選択や価格の面でメリットのあるのが施主支給ですが、施主支給によるトラブルも少なからずあり、住友林業的には後ろ向きのように感じられました

kikorist夫
kikorist夫

ハウスメーカー側に(取付費は発生するものの)明確なメリットが少ない一方、トラブルになりがちなので分かりますが…

そのため、絶対に施主支給したいものがあるのであれば、契約前に営業担当に確認して言質を取っておくことをオススメします。契約前のタイミングであれば営業担当の譲歩も引き出しやすいです。

また、繰り返しになりますが、住友林業の施主支給ルールは支店や時期によってかなり違うので、契約時に確認するようにしてください。

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました