ホームシアター導入記(AVアンプ選びの前提知識)

ホームシアター実例:2階
ホームシアター実例:2階 ホームシアター実例:3階 ホームシアター(導入実例)

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。

現在、ココナラでマイホームデザイナーのパース作成サービスを販売しています。ご興味のある方はご覧ください。


住友林業で建築中のkikorist新邸での「ホームシアター導入記」シリーズ「kikorist新邸という実例を通して、どのように注文住宅にホームシアターを構築していくのか」という過程を丁寧に紹介していきます。

ホームシアター導入記
住友林業で建てる新築注文住宅を実例として、テレビシアターとスクリーンシアターの2種類のホームシアターを導入する過程についてまとめました。

前回の記事はこちら。

本記事では、前回のスピーカー選びとあわせて、ホームシアター導入の前提となる、AVアンプ選びの前提知識について解説します。

kikorist夫
kikorist夫

ちょっと回りくどいようですが、前提知識をしっかり身に付けることで、ホームシアターの機器選びや導入の理解が圧倒的にしやすくなります。スピーカーレイアウト/サラウンド編およびスピーカー編をお読みではない場合は、ぜひそちらからお読みください。

スピーカーとアンプの関係

前回の復習ですが、「アンプ」は、電気信号を増幅させるための機器です。

プレーヤーやスマホなどの電子機器から出力される電気信号は、もともと微弱な信号でしかありません。イヤホンやヘッドフォンであれば直接繋いでも音が出ますが、スピーカーのような大きな機器に直接繋いだ場合は薄く小さな音にしかなりません。

そのため、プレーヤーやスマホといった再生機器とスピーカーの間に、アンプを挟むことによってその信号を増幅し、スピーカーを駆動させるために十分な電気信号に変換します

プレーヤーの電気信号をアンプでスピーカー駆動に必要な電気信号に増幅

プレーヤーの電気信号をアンプでスピーカー駆動に必要な電気信号に増幅

ホームシアターでは「AVアンプ」と呼ばれるアンプを使用します。ホームシアターでは多数のスピーカーを使用することが一般的なので、AVアンプには複数のアンプを内蔵しているのが特徴です。「内蔵されているアンプの数=駆動できる最大スピーカー数」なので、AVアンプによって設置できるスピーカーの最大数が決まります。

内蔵するアンプの数=駆動できるスピーカー数

内蔵するアンプの数=駆動できるスピーカー数

AVアンプの機能

AVアンプは、プレーヤーから受け取った電気信号を増幅するアンプが複数搭載されている以外にも、重要な機能がありますので、解説していきます。

HDMIの背面は端子がずらっと並ぶので、苦手意識を持つ方も多いと思います。

使うのはHDMI入力/HDMI出力/スピーカー出力のみ

使うのはHDMI入力/HDMI出力/スピーカー出力のみ

基本的には入力用のHDMI端子、出力用のHDMI端子、スピーカー出力端子しか使うことはないので安心してください。

kikorist夫
kikorist夫

今どきの機器は映像・音声が全部HDMI1本で伝送できるから楽ちん。

入力機器のセレクター

ホームシアターでは、様々な再生機器が繋がります。

主要なものでは、ブルーレイディスクレコーダー(もしくはプレイヤー)、ゲーム(PS4/PS5/Switchなど)といったところだと思います。最近ではAmazon Fire TV stickApple TVといったデバイスを繋げる方も多いかもしれません。

また、最近のAVアンプはBluetoothを搭載しているので、スマホと繋げて音楽を再生したりもできます。

AVアンプに繋がれた再生機器から映像/音声を出力する機器を選択

AVアンプに繋がれた再生機器から映像/音声を出力する機器を選択

そのようなAVアンプに繋がる多数の再生機器(入力ソース)から、どの機器の映像/音声を再生するのか選択/切替する機能をAVアンプは搭載しています。

しかも、AVアンプはHDMIで繋がれた機器と連動する機能を搭載しているので(HDMI CECと言います)、繋げた機器に連動してアンプの電源や入力を切り替える機能を搭載しています。

kikorist妻
kikorist妻

例えば、BDレコーダーのリモコンでBDレコーダーの電源を入れると、自動的にアンプの電源もONになり、入力がBDレコーダーに切り替わります。

kikorist夫
kikorist夫

そしてテレビやプロジェクターなど出力機器の電源をOFFにするとアンプの電源もOFFになります。

出力機器のセレクター

ローエンドのAVアンプはHDMI出力端子は1つですが、ミドルレンジ以上のAVアンプはHDMI出力端子を2つ搭載しています。

これは、テレビとプロジェクターを併用する際に場合に、わざわざAVアンプ背面から抜き差しして切り替えるのは面倒なので、出力端子を2つ搭載して切り替えを可能にしているのです。

出力する投影機器を選択/切り替え

出力する投影機器を選択/切り替え

映像・音声の変換

再生機器から出力された映像信号・音声信号をAVアンプが出力用信号に変換します。

映像は入力端子から出力端子にパススルー(加工することなく通すだけ)することが多いのですが、AVアンプによってはフルハイビジョン以下の映像を4Kにアップコンバートすることが出来ます。通常のフルハイビジョンのBlu-rayディスクも4K相当で再生することが可能です(ただし、当然ながら疑似なので最初から4Kで収録されているコンテンツには劣ります…)。

また、再生機器から出力された音声信号はデータが圧縮された状態です。それを本来の状態に復号(デコード)するのもAVアンプの役割です。再生したい音声フォーマットがAVアンプでデコード可能かどうかは特に重要です。せっかくコンテンツがDolby Atmos形式に対応していても、AVアンプが対応していなければDolby Atomos形式を再生することができません。

アンプ(スピーカー出力)

これは既に解説したように、再生機器からの信号をAVアンプがスピーカーを駆動させる機能です。

プレーヤーの電気信号をアンプでスピーカー駆動に必要な電気信号に増幅

プレーヤーの電気信号をアンプでスピーカー駆動に必要な電気信号に増幅

その他(ラジオ/USB再生/音楽配信サービス再生など)

最近のAVアンプは多機能化が著しく、AM/FMラジオ、USBメモリに保存した音楽ファイル(ハイレゾ含む)、Amazon Prime MusicやSpotify、radicoなどの配信サービスも再生可能です。

また、有線LAN・無線LANを搭載し、Apple Air Playでの再生、Amazon Alexaでの音声操作、スマホアプリでの操作などにも対応しているなど、使いきれないほどの機能を搭載しています。

AVアンプの仕様(スペック)の見方

ここではAVアンプを選定するにあたって、AVアンプの仕様(スペック)の見方を解説します。

例として、DENONのAVR-X2700Hを取り上げます。

仕様
搭載パワーアンプ数7ch
定格出力95W+95W
実用最大出力185W
適合インピーダンス4 ~ 16Ω
周波数特性10Hz ~ 100kHz
S/N比100dB
無線LANネットワーク種類:IEEE 802.11a / b / g / n 準拠(Wi-Fi® 準拠)
無線周波数:2.4GHz / 5GHz
Bluetoothバージョン:4.2
HDMI端子入力×6: 8K対応入力×1(HDMI 6)
出力×2(モニター×2): 8K対応出力×2(モニター1/2)
アナログ映像入出力端子コンポジット入力×2、コンポーネント入力×2、コンポジット出力×1、コンポーネント出力×1
音声入出力端子アナログ音声入力×4、PHONO入力(MM)× 1、光デジタル入力×2、サブウーハープリアウト×2、ゾーンプリアウト×1、ヘッドホン出力×1(フロント)

DENONのウェブサイトの仕様表には対応フォーマットやHDMIの細かいスペックが掲載されていないので、テキストで書かれている特徴欄から重要なものを抜粋しました。

特徴から抜粋

  • 最大出力185Wの7chディスクリート・パワーアンプ(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動、JEITA)
  • Dolby Atmos、DTS:X、MPEG-4 AACに対応
  • Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:Xに対応
  • シンプル&ストレートを徹底したプリアンプ、ボリューム回路
  • Video – 8K Ultra HD / HDR10+ / HDCP 2.3に対応
  • 8K / 60p、4K / 120p 対応 HDMI入出力
  • 映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 / Dolby Vision / HLG / BT.2020 / VRR / QMS / QFT / ALLM / eARC)
  • 8Kアップスケーリング機能
  • Network – HEOSテクノロジー搭載
  • 幅広い音楽ストリーミングサービスに対応(Amazon Music HD / AWA / Spotify / SoundCloud)
  • 5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応(ミュージックサーバー& USBメモリー)
  • インターネットラジオ(TuneIn)、AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)、Amazon Alexa音声コントロール対応

対応音声フォーマット

上で説明したように、対応音声フォーマットは特に重要です。

7.1ch以上のアンプを搭載したアンプではDolby Atmos、DTS:Xに対応しているかどうかを確認してください。5.1chであればDolby Atmos、DTS:Xは関係ないので、Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audioへの対応を確認してください。

対応フォーマットを確認

対応フォーマットを確認

サラウンド・スピーカー知識編で説明した通り、最新のフォーマットに対応していれば、旧規格のフォーマットにも対応しています。

最新機種では、Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:Xという技術が登場しています。これは、サラウンド・スピーカー知識編で説明したDolby AtmosやDTS:X用のトップスピーカーやイネーブルドスピーカーがない場合でも、疑似的に高さ方法の音を再現する技術です。5.1chや7.1chでも、Dolby Atmosに近い体験を得られるという技術です。

対応ビデオフォーマット

最低でも4K 60pに対応していることを確認してください。また、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しているかどうかも重要です。HDRには複数の規格があるので、最低HDR10、HLGに対応していれば問題ないでしょう。色域では4K放送のBT.2020に対応していればOK。

搭載パワーアンプ数

「搭載パワーアンプ数」は「アンプの数=使える最大スピーカー数」ですので、極めて重要です。

内蔵するアンプの数=駆動できるスピーカー数

内蔵するアンプの数=駆動できるスピーカー数

AVR-X2700Hの場合は7ですので、最大7本のスピーカーを駆動できることが分かります。

今後スピーカーを徐々に増やす計画であれば、それも見越した搭載パワーアンプ数のモデルを選択する必要があります。

Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースの最新音声を楽しむには、5.1.2chで7つ以上のスピーカー=アンプが必要です(サブウーファーにはアンプが内蔵されているので、AVアンプのアンプは使用しない)。トップスピーカー4つにした5.1.4ch環境を構築する場合は、9つ以上のアンプが必要です。

定格出力・実用最大出力

出力できる最大の電流値=音量ですが、この音量で再生することは絶対にありえませんので、見なくてOKです。

適合インピーダンス

「適合インピーダンス」は駆動できるスピーカーのインピーダンスを示します。AVR-X2700Hの場合は、4~16Ωの範囲のスピーカーが駆動できることになります。

スピーカーのインピーダンスは4Ω・6Ω・8Ωが主流です。YAMAHAのRX-V385のようなローエンドモデルでは「6Ω以上」としており、4Ωのスピーカーは使えません。4Ωのスピーカーを使用する場合は、AVアンプ側も4Ωから対応しているかどうかを確認する必要があります。

前回のスピーカー編で解説しましたが、必ず「AVアンプの適合インピーダンス≦スピーカーのインピーダンス」にする必要があります

スピーカーのインピーダンスがアンプの適合インピーダンスより大きい場合は音が小さかったり、鳴らないだけで壊れるわけではありませんが、スピーカーのインピーダンスのほうが低くなってしまった場合、電流が流れ過ぎてしまい、スピーカーやアンプが壊れる危険性があります

周波数特性

「周波数特性」は再生可能な帯域です。AVR-X2700Hの場合は、10Hz~100kHzです。

スピーカー側が20Hz~50kHzしか再生できないので、あまり気にする必要はありません。

S/N比

「S/N比」は最大出力レベルと無入力時のノイズレベルの差で、単位はdBです。数字が大きい方がノイズの影響が小さく、性能が優れていると言えます。

定義上、最大出力が大きな高級機ほど値が大きくなる傾向がありますので、あまり意識する必要はありません。

無線LAN・Bluetooth

無線LANに対応してれば、音楽配信サービスやApple Air Playなどが使用できます。

Bluetoothに対応していればスマホなどと無線で接続して音楽の再生が可能です。

HDMI端子

HDMI端子の数とスペックは重要です。

まず、「入力端子の数=接続可能な再生機器の数」となります。レコーダー、ゲーム機など繋げるデバイスの数以上の入力端子があるか確認します。モデルによってはHDMI入力端子のうちが前面に付いている場合があります。その場合、背面にあるHDMI端子は表記マイナス1個になるので注意してください。

HDMI入力のうち1つが前面にある場合もある

HDMI入力のうち1つが前面にある場合もある

続いて出力端子ですが、テレビかプロジェクターのどちらかしか繋げない場合は1つで問題ありませんが、テレビとプロジェクターを併用するような場合は、出力端子が2つあるモデルを選択します。

AVアンプ(DENON AVR-X2700H)の背面

AVアンプ(DENON AVR-X2700H)の背面(HDMI出力が2つ)

HDMI端子のスペックにも注意が必要です。AVR-X2700Hの場合、入力が6個あり、うち8Kの入力に対応しているのが1個(HDMI 6)、出力が2個あり両方とも8Kに対応していることが分かります。仮に8Kの再生機器が2台あっても1台しか繋げないことになります。

4Kや8Kの映像を流すためには、HDMI2.1に対応している必要があり、別途著作権保護技術のHDCP 2.2以上への対応が必要です(最新はHDCP 2.3)。モデルによっては4Kや8Kに対応している端子が限定されている場合もありますので、各端子のスペックにも注意が必要です。

PlayStation5などの最新世代のゲーム機での体験を重視する場合は、HDMI 2.1のゲーム関連の新機能への対応にも注目です。「ALLM(Auto Low Latency Mode)」、「VRR(Variable Refresh Rate)」、「QFT(Quick Frame Transport)」、「QMS(Quick Media Switching)」などがあります。いずれも投影機器とゲーム機器の間で通信しつつ、映像と音声のタイミングを同期させたり、映像がブラックアウトしたり表示が乱れたりすることを防ぐ機能です。

kikorist夫
kikorist夫

機能を詳しく知りたい方は検索してお調べください。

アナログ映像入出力端子

現在ではアナログ映像入出力端子を使うことはまずありません(古いVHSビデオデッキを使う場合とか…)。

音声入出力端子

こちらもほとんど使うことはありませんが、少し古い液晶テレビを使う場合、テレビ側のHDMIがARC(Audio Return Channel)に対応していない場合は、光入力デジタル端子でテレビと繋ぐ必要があります

kikorist夫
kikorist夫

ARCはHDMIケーブル一本でテレビの音声を、アンプに送信できる機能です。

ARCが登場する以前は、テレビの音声をAVアンプに入力するために光デジタル端子を使っていました。

kikorist夫
kikorist夫

現在ARCはさらにeARC(エンハンスドARC)になっています。ARCは放送音声は大丈夫でしたが、ロスレスのDolby TrueHD、DTS-HD Master Audioには対応していなかったので、Dolby Atmosも伝送できるeARCが登場しました。

HDMI端子の話に戻りますが、HDMIのeARCへの対応はあまり必要ありませんが(必要なのはテレビ内蔵のネット動画配信サービスでDolby TrueHD以上を聞く場合とか…)、ARCはテレビを見る上では必ずあったほうが便利です

その他、USB端子や無線LAN対応可否などを確認しておけば十分でしょう。USBはぶっちゃけなくても大丈夫です。

kikorist夫
kikorist夫

使ったことありません…。

AVアンプはどのように選べばいい?

AVアンプは、ズバリ次の順番で決めるのがオススメです。

  • スピーカー環境を決める(将来の計画含む)
  • 最新の映像/音声フォーマットへの対応
  • HDMI入力/出力端子の数とスペック

スピーカー環境

一番重要なのが「スピーカー環境」です。5.1ch(もしくは5ch)にするのか、5.1.2ch以上のDolby Atmos環境を構築するのかが分かれ目です。注文住宅であれば、スピーカーを天井に埋め込んだ5.1.2chも比較的簡単に実現できますので、個人的には5.1.2ch以上をオススメしたいです。

内蔵するアンプの数=駆動できるスピーカー数

内蔵するアンプの数=駆動できるスピーカー数

5つしかアンプが搭載されていないモデルは5.1.2ch以上には対応できませんし、7つの場合は5.1.4chや7.1.2chには対応できません。いくつスピーカーを利用するのかは最初に決めておく必要があります。

スピーカーの個数を決めれば、自動的にAVアンプに求める搭載パワーアンプ数が決まります

最新の映像/音声フォーマットへの対応

続いて、「最新の映像/音声フォーマットへの対応」です。

Dolby Atmos環境を構築するのであれば、7つ以上のアンプとDolby Atmosの対応はマストです。5.1chの場合も、Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:Xに対応していれば、Dolby Atmosの音源を利用して、疑似的に高さ方向の表現が可能です。

加えて、4K/8Kの対応です。今後は8K対応が増えていくのは間違いないですが、現時点ではハイエンドの一部機種に限られています。8K対応テレビも200万円近くするので、現実的に導入できる方は非常に限られています。

現在最高のコンテンツが、(NHKのBS8Kを除くと)Ultra HD Blu-rayも4Kですので、今後10年は4Kで十分と考えます

HDMI入力端子/出力端子の数とスペック

続いて「接続する機器の数に合ったHDMI入力/出力端子の数」があるか確認します。YAMAHAのRX-V385のようなローエンドモデルではHDMI入力端子が4つというモデルもありますので、接続機器の数によっては不足する場合があります。

入力・出力する機器を選択/切り替え

入力・出力する機器を選択/切り替え

また、各HDMI入出力端子が、最低でも4Kに対応しているかも確認しておきましょう。

PlayStation5などの最新世代のゲーム体験にこだわるのであれば、「ALLM(Auto Low Latency Mode)」、「VRR(Variable Refresh Rate)」、「QFT(Quick Frame Transport)」、「QMS(Quick Media Switching)」といった機能にHDMI端子が対応しているかどうかも確認しておくと良いです。

具体的な機器選びについては別途オススメ記事でまとめる予定です。それまで待てない、という方は個別にご連絡いただければ相談に乗ります。

本記事のまとめ

本記事では、ホームシアターで使うAVアンプについて解説しました。

  • スピーカーを駆動するためにはAVアンプが必要
  • AVアンプは機器の入力/出力のセレクターも兼ねる
  • AVアンプが再生したい映像/音声フォーマットに対応しているか確認
  • AVアンプの搭載パワーアンプ数=最大スピーカー数
  • スピーカーの数を決めた上でAVアンプを選ぶ
  • HDMI入出力端子の数に注意

次回はいよいよkikorist新邸の2階テレビシアターへのスピーカー導入ついて解説します。

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました