着工合意後の変更①:窓の取り付け位置

工事進捗
工事進捗 着工合意

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。

現在、ココナラでマイホームデザイナーのパース作成サービスを販売しています。ご興味のある方はご覧ください。


先日Twitterでも呟いたのですが、着工合意後の基礎工事が進んでいる段階で、窓を少し変更していただきましたので、その内容と変更をレポートしたいと思います。

https://twitter.com/kikorist2020/status/1395628607230279680

本来は着工合意後は基本的には設計変更は不可能

本来は着工合意後は工事に関する変更は不可能です。これはハウスメーカー側も施主側も等しくです。
※もちろん、イレギュラーな内容(ハウスメーカー起因のミスなど)は別です。

kikorist夫
kikorist夫

でないと、着工合意契約の意味が…。

こちらも図面と書類に目を通して、確認の印鑑を押したにもかかわらず、変更するのは気が引けます。

kikorist妻
kikorist妻

大なり小なり手間をおかけすしますので。

また当初の計画から設計を変えることによって、当初は想定していなかった別の問題や現場監督や職人さんとの図面/意志疎通の齟齬によるミス発生など、途中での変更はリスクもあります

kikorist夫
kikorist夫

思い付きで変更すると逆に後悔することになるやもしれませんので、熟考が必要。

変更内容:の取り付け位置

今回変更したのは、2階の南東の窓の取り付け位置です。

変更前の窓

変更前の窓

この2枚の窓の取り付け位置を、わずかにずらしていただきました。

変更後の窓

変更後の窓

kikorist妻
kikorist妻

拡大しないと分からないわね…。

ずらしたのはこの部分。

窓を角(コーナー)側に移動

窓を角(コーナー)側に移動

窓の大きさは変更しておらず、ずらす位置もほんのわずか数cm~10数cmといったところですが、私にとっては着工合意後の図面でずっと気になっていた部分です。

kikorist夫
kikorist夫

展開図を眺めていて気付いてしまいました。

窓を着工合意後に変更した理由

2階の東南の窓の取り付け位置の変更の意図は、より窓の位置をコーナーに近づけて、室内からバルコニーの一体感を感じられるようするため

変更前は、2つの窓が少しコーナーから離れていました。変更前のパースがこちら。

変更前のパース

変更前のパース

窓をコーナーに近付けた変更後のパースはこちら。

変更後のパース

変更後のパース

こうすることで、コーナーの柱部分が細くなってコーナーウィンドウのようになり、リビングとバルコニーとダイニングの視線が抜けて、より一体感が感じられるようになるはずです。

kikorist夫
kikorist夫

ダイニングから見た場合も同様に、コーナーの柱が細くなったように見えます。

変更後のダイニングからのパース

変更後のダイニングからのパース

ただし、今回はコーナーが入隅のため、出隅のようなコーナーウィンドウには出来ませんでした

コーナーウィンドウ

コーナーウィンドウ(出典:住友林業)

窓には「通気水切り」という構造があるため、完全にコーナーに寄せることが難しいためです。
※設計段階で考慮していれば何とかなるかもですが、着工合意後では少なくとも難しい…。

入隅の場合は窓をコーナーに寄せきれない

入隅の場合は窓をコーナーに寄せきれない

kikorist夫
kikorist夫

そもそも入隅の場合は、室内から見える壁(柱)の表面積が大きいのあります。

ちなみに3階は出隅なのでしっかりコーナーウィンドウになっています。

3階は出隅のためコーナーウィンドウ

3階は出隅のためコーナーウィンドウ

それでも、2階も可能な範囲でコーナーに窓の取り付け位置を寄せてもらうという要望を叶えていただくことができました

変更できた理由

今回は現場に同行いただいていた生産担当氏(いわゆる現場監督)に依頼させていただきました

今回は構造に関わる柱への影響がなく、窓の大きさを変更するわけでもなく、取り付け位置を少しずらすだけでしたので、変更が可能でした

生産氏
生産氏

窓の位置や大きさを大幅に変更する場合や、窓を無くす/増やすといった話だと建築確認申請に関わるのでNGです。

今回は追加で費用が発生することはありませんでしたが、木材のプレカットに影響するような場合は、再カットの費用がかかったりすることなどもあるそうです。

取り付け位置のわずかな違いですが、私たちにとっては後から気付いて何とかしたかった部分だったので、本当に良かったです。

kikorist妻
kikorist妻

生産担当氏に感謝。

実は他にも変更したい部分があるので、そこは改めて生産担当氏に打診してみることにします。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました