除湿機の選び方と連続排水で便利に使う方法

WEB内覧会(着工合意時)
WEB内覧会(着工合意時) 間取り

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。

現在、ココナラでマイホームデザイナーのパース作成サービスを販売しています。ご興味のある方はご覧ください。


前回の記事では、新邸の洗濯方法についてまとめました。

本記事では、kikorist新邸でも採用する、室内干しに欠かせない除湿機の選び方と便利な連続排水の使い方についてまとめています。

除湿機の種類

実は、kikorist夫婦、今まで除湿機は使用経験なしのため、新邸のためにゼロから調べました。

kikorist妻
kikorist妻

今の家では乾燥機にかけらない衣類は、クリーニングを除けば浴室乾燥です。

雑誌で勉強したり、一条工務店で建築された家電スペシャリストの千代子さん(@choco_ichi_home)に聞いたり…。

除湿機は、動作方式によって3種類あります

コンプレッサー式とデシカント式、そしてコンプレッサー式とデシカント式を組み合わせたハイブリッド式です。

それぞれメリット/デメリットがありますが、結論から述べると、除湿機を通年使いたいならハイブリッド式がベストということになります。

動作方式コンプレッサー式デシカント式ハイブリッド式
特徴空気を冷却することにより発生する結露を利用して除湿。製品内部のゼオライト(乾燥剤)に水分を吸着させることにより除湿。
ヒーターで乾燥した空気を排出。
コンプレッサー式とデシカント式の併用
メリット高温時の除湿能力が大きい。
消費電力が少ない。
低温時の除湿能力が大きく冬場でも除湿能力が落ちない。
コンパクトで運転音が静か。
夏はコンプレッサー式、冬はデシカント式で通年利用可能。
デメリット低温時に除湿能力が落ちる。
運転音(振動音)が大きい。
比較的、大型&重い。
ランニングコストが高い。
(ヒーターを使用するためにに消費電力が大きい)
室温上昇が大きい。
高価

コンプレッサー式は夏に強く冬に弱い、デシカント式はその逆で夏に弱く冬に強いという特徴があり、一長一短。除湿機を通年フルに活用したいならハイブッド式ということになります。

kikorist妻
kikorist妻

コンプレッサー式にも冬モードを搭載する機種もありますが、除湿機自体が全体的に口コミが少なく、どの程度活用できるのか未知数…。

家電批評やMONOQLOなどの家電雑誌のベストバイは三菱電機のサラリ MJ-M120SX-W

家電批評のベストバイ

家電批評のベストバイ サラリ MJ-M120SX-W

ただ、家電批評などでは除湿機な夏の家電として特集を組むことが多く、真冬の検証は行っていないので、通年使うにはやや不安が残ります

kikorist夫
kikorist夫

個人的には通年使うのであればハイブリッド式のほうが安心だと思います。

ハイブリッド式では、PanasonicとSHARPの二択です(ハイブリッド式を出しているメーカーが少ない…)。

Panasonicは容量(洗濯物の量)に合わせた3モデル、SHARPは1モデル。

Panasonicの除湿機ラインナップ

Panasonicの除湿機ラインナップ

Panasonicの場合、家族の人数にあわせて選択することが出来ます。

一方、SHARPの場合はCV-NH140-W一択となります。

SHARPのCV-NH140-WはPanasonicのF-YHUX120-Hよりも少し除湿能力は高いのですが、PanasonicのF-YHUX200-Sには及びません。

モデル

メーカーPanasonicSHARP
除湿能力
(60Hz)
定格10L/日定格13L/日
衣類乾燥時間 
(2kg)
75分64分
価格
(2021/8/21時点)
51,700円46,800円
タンク3.2L3,6L
連続排水×

価格的にはSHARPのほうが安いのに、除湿・乾燥能力はSHARPのほうが高いので、kikorist新邸ではSHARPのCV-NH140-Wにしようと思っています。

kikorist妻
kikorist妻

家族が多い、またはまとめて干すことが多い場合はPanasonicのF-YHUX200-Sがオススメ。

もう1つポイントなのが、連続排水機能の有です。

除湿機は、除湿した水分を本体のタンクに貯めます。このタンクが満杯になると除湿機運転が出来なくなってしまうので、定期的にタンクの水を排水する必要があります

ほぼ一度の運転で2Lほど溜まるということですので、PanasonicにしてもSHARPにしてもほぼ毎回タンクの水を捨てる必要がありま

この意外に面倒なタンクの排水ですが、連続排水機能がある機種の場合は、本体にホース(内径15mm)を繋げば、本体から直接排水口に水を流すことが出来ます

kikorist妻
kikorist妻

つまり、タンクの水を捨てる毎回のひと手間が減る!

連続排水機能

連続排水機能

SHARPには連続排水機能が付いていますが、Panasonicの除湿機にはこの連続排水機能がないのが痛い

kikorist夫
kikorist夫

ズボラには連続排水は欠かせない…!

と、いうわけで、kikorist新邸では、年中使えるハイブリッド式、除湿能力に優れており、連続排水機能にも対応したCV-NH140-Wを購入予定です。

除湿機の連続排水をどこにする?

前回の記事で、kikorist新邸のユーティリティーのレイアウトや動線はご紹介した通りです。

除湿機はユーティリティーのハイカウンターの下に収納予定です。

造作カウンターの下に収納予定

造作カウンターの下に収納予定

除湿機の連続排水を行うためには、当然ホースから排水口に水を流す必要があります。一般的には風呂場の洗い場にホースを出して排水させるのが一般的のようですが、私たちはそれすら面倒。

連続排水機能

連続排水機能

kikorist妻
kikorist妻

目指すは究極のズボラハウス!

除湿機を使う際は少しカウンターから前に出し、使い終わったら少しカウンター側に移動させれば片付け完了が理想です。いちいちホースには触れたくない。

そこで、kikorist新邸では、洗濯機の排水口に除湿機のホースを繋ぐことにしました

使用するのは、洗濯機の排水口に乾燥器の排水を合流させるためのジョイント

本来は衣類乾燥機の排水ホースを繋げるものですが、これに除湿機の排水ホースを繋ぎます。

kikorist夫
kikorist夫

衣類乾燥機で使えるなら除湿機でも使えるよね。

ただ、そのままではホースの径が合わない(というか両方内径15mmで同じなのでそのまま繋げることが出来ない)ので、ホースを延長するジョイントを使用します

そのままでは繋がらない

そのままでは繋がらない

実際に15mmのホースを繋いでみました。

継ぎ手を使って接続

継ぎ手を使って接続

結果は大成功。これで洗濯機の排水口に除湿機から連続排水させることが出来ます

kikorist妻
kikorist妻

これでタンクの排水作業やホースの設置作業から解放されます。

洗濯機の排水口へのホースの取り回し

ただ、問題はまだあって、kikorist新邸の場合、除湿機を設置する場所と洗濯機の間には壁があります

洗濯機と除湿機の間の壁

洗濯機と除湿機の間の壁

除湿機と選択の間の壁

除湿機と選択の間の壁

そこで、除湿機と洗濯機の間の壁にはホースを通すための穴を空けることにしました。ちなみに引き渡し後にDIYで開けます。

kikorist夫
kikorist夫

この壁には構造用の柱が入っているでもなく、断熱材などは入っていないので、穴を開けても問題ないことは生産担当氏に確認済み。

生産氏
生産氏

石膏ボードは極端な話、カッターナイフでもカットできます。

kikorist夫
kikorist夫

さすがにカッターではなく、ホールソーという専用の穴開けツールを使います。

kikorist夫
kikorist夫

家具にも配線のために穴を開けたことがありますが、簡単に綺麗な穴を開けられます。

開けた穴には配線孔キャップを取り付ければ断面も綺麗に納まります。

と、いうわけで引き渡し直後の新築の壁に自らの手で穴を開けます

kikorist夫
kikorist夫

洗濯機を入れる前に開けないといけないので。

本記事のまとめ

本記事では、除湿機と連続排水についてまとめました。

  • 除湿機の種類はコンプレッサー式、デシカント式、ハイブリッド式の3種類
  • 通年使うならハイブリッド式
  • 動作方式と除湿能力以外に連続排水機能にも注目したい
  • 洗濯機の排水口にホースを繋げて連続排水

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました