【工事進捗】仕上げ工事(クロス)/シーサンドコートの吹付塗装

工事進捗
工事進捗

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。

現在、ココナラでマイホームデザイナーのパース作成サービスを販売しています。ご興味のある方はご覧ください。


前回の木完を受けて、内装仕上げ工事が始まりました。

内装仕上げ工事とは、クロス=壁紙を貼ったり、サニタリーフロア(私たちはサニタリーフロアは採用せずにフロアタイルですが)を貼っていく作業です。エコカラットや内装タイルもこの段階で貼られます。

あわせて、外壁の塗装も始まりました。本日(2021年9月9日)時点でシーサンドコートの吹付が完了、タイルの施工を待っている段階です。

本記事では、仕上げ工事の一部であるクロスの施工と、シーサンドコートの塗装について紹介します。

階段の巾木・納まりの修正

前回指摘した階段の巾木/見切材ですがきちんと修正されていました。

修正された納まり(8月31日)

修正された納まり(8月31日)

修正された納まり(8月31日)

修正された納まり(8月31日)

kikorist夫
kikorist夫

やっぱりこっちのほうが断然いい!

電気工事の準備

木工事が終わると、石膏ボードで隠れてしまったコンセントやスイッチ部分の石膏ボードをカットする作業が電気屋さんによって行われます。

コンセントの穴あけ作業(8月24日)

コンセントの穴あけ作業(8月24日)

コンセントの穴あけ作業(8月24日)

コンセントの穴あけ作業(8月24日)

ダウンライトの穴も開けられています。

ダウンライトの穴あけ(8月24日)

ダウンライトの穴あけ(8月24日)

ここでミスを発見してしまいました

スタディースペースのコンセントの位置です。

コンセントがカウンターの上に…!(8月24日)

コンセントがカウンターの上に…!(8月24日)

スタディースペースのコンセントは、着工合意ではカウンター上にありましたが、その後外観を重視するためにカウンター下に変更していました

kikorist夫
kikorist夫

おそらく生産担当氏と電気屋さんの連携ミス…。

生産担当氏から変更点が伝わっていなかったか、電気屋さんが当初の図面で施工してしまったか…。

慌てて生産担当氏に連絡です。

kikorist夫
kikorist夫

ちなみに生産担当氏の携帯電話番号は知らないので、いつもメールでの連絡です。

生産氏
生産氏

申し訳ありません、電気屋さんが勘違いしていたようです。修正は可能で、既に修正は完了しています。

当日の夜返ってきたメールでは既に修正を完了したとのこと。

kikorist夫
kikorist夫

仕事が早すぎる…!

今回は修正が可能だったのでよかったですが、やはり着工合意後の変更はこういったトラブルが起きやすい気がしますので、可能な限り着工合意後の変更は避けた方がいいと思います。

修正されたコンセント位置

修正されたコンセント位置

施主側としても着工合意後の変更である以上、強くは言いづらい部分があります。

kikorist妻
kikorist妻

こういう時無理言って直してもらうかけっこう悩みます…。

クロスの下地処理

木完工事後はクロスを貼るための準備作業が始まります。それが下地処理です。

石膏ボードには継ぎ目やビスを打った穴が存在するので、それをパテで埋めたあと平滑に削って均す作業が必要です。

下地処理(8月31日)

下地処理(8月31日)

出隅のような角部分には、直角を出すために下地コーナーという樹脂製の建材が使われます。

角部分には直角を出すための下地コーナー(9月2日)

角部分には直角を出すための下地コーナー(9月2日)

この上からパテを盛ったあとに削り、綺麗な直角を出します。

パテが盛られたコーナー(9月2日)

パテが盛られたコーナー(9月2日)

クロスの施工では、この下地処理が最終的な完成度を左右します。そのため、クロス工事が始まって1週間はひたすら下地処理していました。3回ほどパテを盛って削ってを繰り返すようです。

kikorist妻
kikorist妻

下地処理を綺麗にしないと、クロスを貼った際に、下の凹凸を拾ってしまったりします。

スタディースペースの間違って空けてしまったコンセント穴も綺麗になっていました。

スタディースペース(8月31日)

スタディースペース(8月31日)

kikorist夫
kikorist夫

押してもビクともしないですし、触っても凹凸がないので穴があったことが分かりません。

クロスの施工

長かった下地処理が終わると、クロス貼りに入ります。これがなかなかの感動です。

kikorist妻
kikorist妻

上棟以来の感動と言ってもいいかも!

自分たちが選んだクロスが実際に新邸に施工されていく様は感動です。今までは灰色で殺風景だった内装が、一気に自分たちの家へと生まれ変わっていきます。

kikorist新邸のクロスはかなり大胆です。普通の建売住宅や注文住宅ではあまり採用しないようなクロスばかりを採用しています

例えば、2階のベースクロスは、サンゲツのTH-30186という和紙調のクロスです。

kikorist妻
kikorist妻

シックでモダンな空間がコンセプトなのに、和紙調…!

和紙調というだけでも冒険ですが、色味もゴールドがかったベージュという、普通は選ばないような色です。

ちなみにサンゲツのカタログ写真はこんな感じ。

サンゲツのカタログ

サンゲツのカタログ

kikorist妻
kikorist妻

和室…というか旅館…?

カタログサンプルとカタログ写真だけ見てたら絶対に採用しなかったと思います笑

もともと、新邸の床はウォルナットに、キッチンはリシェルSIのグレーズグレーにすることは決めていて、その組み合わせを採用している展示場を訪問した際に見つけたのがこのクロスです。

展示場のリシェルSI

展示場のリシェルSI

和紙調のクロスがウォルナットのフローリングとグレーズグレーのキッチンと見事に調和していました。

kikorist夫
kikorist夫

カッコイイ!!これぞ和モダン!

もともと、kikorist新邸は「落ち着けるシックでモダンな空間」がコンセプトのため、リビングのクロスが白だと落ち着かないのでは、と思っていました。

kikorist夫
kikorist夫

少し暗めがいいかも?

そう思っていたところに、このクロスはドンピシャ。明るすぎず暗すぎず、絶妙な雰囲気です

展示場で見かけなかったら絶対に採用しなかったクロスです。

kikorist妻
kikorist妻

展示場に採用したインテリアコーディネーターのセンスに脱帽。

ほかにも、3階のセカンドリビングは、天井はダークブラウンで、壁はブラウンよりのベージュとこれまた普通の家ではどちらも採用しない組み合わせ

寝室もベースクロス自体がグレーと、かなり冒険したクロスを選択しました。

これらのある意味挑戦的なクロスの採用にあたっては念入りに検証したものの、不安はゼロではありません。それがこのクロス施工で実物として表現されていくのは感動です。

kikorist妻
kikorist妻

「失敗したらどうしよう」という不安から、「採用して良かった」に変わる瞬間!

実際に施工されたクロスがこちら。

2階のクロス(9月6日)

2階のクロス(9月6日)

kikorist夫
kikorist夫

凄くいい!!シック!!

2階のクロス(9月8日)

2階のクロス(9月8日)

全然ベージュっぽさはなく、ちょうどいい感じです。クロスは貼ると明るく見えると言われますが、まさにその通りです。というか想像していた以上に明るく見えます

作業用の投光ライトが昼白色というのもあります。これが電球色だったらまた違って見えるはず。

kikorist妻
kikorist妻

照明の効果って凄い…。

その他のクロスも簡単にご紹介。

1階のエントランスホールは2階のベースクロスと同じシリーズですがもう少し白よりのTH-30185です。

1階のエントランスのクロス(9月6日)

1階のエントランスのクロス(9月6日)

こちらはパールがかった和紙調でこれまたモダンな感じ。

kikorist妻
kikorist妻

2階よりも万人受けしそう。

1階トイレは壁も天井もグレーのサンゲツTH-30016です。トイレのWEB内覧会でも紹介しましたが、雰囲気はホテルライクなモダンスタイルを意識しました。

1階トイレ(9月8日)

1階トイレ(9月8日)

kikorist夫
kikorist夫

ダークな感じでこれまたいい雰囲気。

寝室はWICも含めて壁・天井はサンゲツFE-6208。トイレより薄めのグレーです。

主寝室(9月8日)

主寝室(9月8日)

正面部分はアクセントとして上下で色を分けています(上サンゲツRE-51717、下サンゲツRE-51718)。

主寝室(9月8日)

主寝室(9月8日)

2階のユーティリティーは他の部屋と少し雰囲気を変えて、カジュアルで清潔感を意識したスタイル。

ユーティリティー(9月8日)

ユーティリティー(9月8日)

クロスはベースは防カビ効果のあるサンゲツFE-6686です。2階のベースとは違ってほぼ純白に近いクロスです。アクセントはサンゲツFE-6196でタイル調。

ユーティリティーのパース

ユーティリティーのパース

kikorist妻
kikorist妻

狙い通りの雰囲気になりました。

3階のセカンドリビングと書斎は上で述べた通り、かなり大胆な配色にしました。

セカンドリビング(9月8日)

セカンドリビング(9月8日)

壁はルノンRH-7742、天井はルノンRH-7745です。

セカンドリビング(9月8日)

セカンドリビング(9月8日)

昼白色の投光器のせいで雰囲気が全然伝わらないのが惜しいのですが、かなりいい雰囲気です。

書斎(9月8日)

書斎(9月8日)

kikorist妻
kikorist妻

引き渡し後のWEB内覧会でたっぷりお届け予定です。

3階のトイレはこんな感じ。正面に木目調クロスを採用し、壁と天井はセカンドリビングとあわせました。

3階トイレ(9月8日)

3階トイレ(9月8日)

フロアタイルも含めてブラウン系でトーンをあわせています。

kikorist妻
kikorist妻

ここにアイアンのタオルバーとトイレットペーパーホルダーが来たら絶対カッコイイ!

3階トイレのパース

3階トイレのパース

ちなみに3階の子供部屋は本日の段階では天井のみでまだ施工されていませんでした。

それと、クロス屋さんのミスも発見

階段正面の見切材の下は上と同じクロスが正しい

階段正面の見切材の下は上と同じクロスが正しい

その場でクロス屋さんに修正をお願いし、生産担当氏にも報告を入れておきました。

kikorist夫
kikorist夫

直接伝えて問題ないと言われていますが、本当は生産担当氏を経由するのが筋だと思いますので…。

フロアタイルの施工

上記で紹介した3階のトイレでも少し写っていますが、フロアタイルも施工されました

フロアタイルについての詳細はこちら。

キッチンのフロアタイル(9月8日)

キッチンのフロアタイル(9月8日)

グレーの目地棒がいい感じです。

キッチンのフロアタイル(9月8日)

キッチンのフロアタイル(9月8日)

kikorist妻
kikorist妻

質感もいい感じ。

カップボードが入るとだいぶ見える範囲が狭くなりますので、今だけの貴重な写真です。

エコカラットや内装用のタイルも着荷していたので、明日以降作業が始まると思います。

シーサンドコートの吹付

外壁では、シーサンドコートの吹付が完了していました。

シーサンドコートの吹付が完了(9月8日)

シーサンドコートの吹付が完了(9月8日)

シーサンドコートの吹付が完了(9月8日)

シーサンドコートの吹付が完了(9月8日)

シーサンドコートの吹付が完了(9月8日)

シーサンドコートの吹付が完了(9月8日)

kikorist妻
kikorist妻

めちゃくちゃ綺麗!!これぞ住友林業の家!!!

kikorist夫
kikorist夫

これでタイルが貼られたらどうなるのか…。

タイルが終わると外壁の足場が外されてしまうので、今のうちに屋根の写真も撮っておきました

今しか見れない貴重な屋根(9月8日)

今しか見れない貴重な屋根(9月8日)

今しか見れない貴重な屋根(9月8日)

今しか見れない貴重な屋根(9月8日)

今しか見れない貴重な屋根(9月8日)

今しか見れない貴重な屋根(9月8日)

標準のコロニアルグラッサですが、非常に綺麗です。

施主支給品の納品

もともと、今回は施主支給品の納品のために有休を取って現場に行きましたので、当初の目的の施主支給品もしっかり納品しました

施主支給品の納品

施主支給品の納品

kikorist夫
kikorist夫

下に入っているのはリンナイのデリシアなのですが…でかいですね笑

駐車場の車止めや、ポーチタイルなど、今回納品しなかった施主支給品もあるので、後日改めて納品予定です。

造作のタオルラックも届きました。

特注で造作したタオルラック

特注で造作したタオルラック

奥側がバスタオルを取り出す穴、手前がフェイスタオルを取り出す穴です。

kikorist妻
kikorist妻

ちゃんと機能するか心配ではありますが…。

造作家具なので、寸法が間違っていると大変。メジャーでチェックしましたが、問題ありませんでした。

取り付けは住友林業で行っていただきます。

今後のスケジュール

9月9日からはいよいよキッチンの取り付けが始まり、並行して内装タイルの施工が始まります。あわせて、トイレや洗面台、各種アクセサリー類の取り付け、電気工事も行われます。

そして、23日には鉄骨階段が取り付けられ、24日から美装(=クリーニング)が入ります。

kikorist妻
kikorist妻

鉄骨階段の取り付けも楽しみ!

外壁ではタイルの施工と雨どいの取り付けが終われば、足場が取り外されてきこりんの保護シートが外されるはずです。

kikorist夫
kikorist夫

これを「きこりん昇天」と言うらしいです笑

きこりん昇天まであとわずか

きこりん昇天まであとわずか

外構については、木完工事で判明した門袖1.2m問題の解決のためにデザイン案を修正しているところです。

手続き面では、火災保険の見積が終わり、今月末には金消契約を行う予定です。

建物の竣工までいよいよあとわずかとなりました。

kikorist妻
kikorist妻

本当に楽しみです。

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました