【告知】WEB内覧会を開始しました!

【WEB内覧会】住友林業で建てた新邸のセカンドリビング/ホームシアター

WEB内覧会(入居後)
WEB内覧会(入居後)

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。


今回はWEB内覧会第の第七弾として、新邸のセカンドリビング/ホームシアターをご紹介します。

なお、入居後のWEB内覧会についてはこちらにまとめています。

ちなみに、マイホームデザイナーを使ったヴァーチャル内覧会はこちら。

セカンドリビングの間取りとコンセプト

セカンドリビングの間取り

kikorist邸は3階建てです。3階には書斎と将来の子供部屋、そして本記事で紹介する2つ目のリビングである「セカンドリビング」を設けました。

セカンドリビングの間取り

セカンドリビングの間取り

広さは約9帖(廊下部分を除く)となっています。

セカンドリビングのコンセプト

セカンドリビングのコンセプトは下記の通り。

  • スタバのように休日ゆったりくつろげるような空間
  • 電動スクリーンとプロジェクターを備えたホームシアター

スタバのように休日ゆったりくつろげるような空間

セカンドリビングはメインの2階リビングとは全く違った空間にしたいと考えていました。

新邸のセカンドリビング

新邸のセカンドリビング

メインとなる2階リビングはある意味、王道というか保守的にまとめましたが、セカンドリビングは冒険してみようという判断です。

王道的にまとめた新邸の2階リビング

王道的にまとめた新邸の2階リビング

kikorist妻の要望により「スタバのように休日ゆったりくつろげるような空間」ということになりました。

kikorist夫
kikorist夫

果たしてそうなったのか…?笑

一人掛けでゆったり座ることができるラウンジチェアとサイドテーブルを置いて、ゆったり読書やコーヒーを飲んで過ごせるようなスペースをイメージしました。

新邸のセカンドリビング

新邸のセカンドリビング

大きな特徴となっているのは、ヘリンボーンのフローリング

ヘリンボーンの挽き板フローリング

ヘリンボーンの挽き板フローリング

永大産業の銘樹ヘリンボーン ブラックウォルナットの挽板を採用しました。

永大産業の銘樹ヘリンボーン

永大産業の銘樹ヘリンボーン

ウォルナットという点は2階メインリビングやエントランスホールなどと同じですが、貼り方をヘリンボーンにして、クロスも大胆に色を変えることで、2階リビングと共通点もありつつ全く違った空間にすることができました

新邸のセカンドリビング

新邸のセカンドリビング

また、落ち着いたカフェ風の空間にするため、壁のクロスはルノンのRH-7742というブラウンよりのベージュとし、天井は同じくルノンのRH7745というダークブラウンのクロスを採用しました。

kikorist妻
kikorist妻

クロスの提案はインテリアコーディネーター氏によるものです。

電動スクリーンとプロジェクターを備えたホームシアター

打ち合わせの途中から、セカンドリビングにはプロジェクターと電動スクリーンを入れることが決まり、ホームシアターとしても使えるスペースとなりました。

120インチのスクリーン

120インチのスクリーン

メインのリビングは75インチの液晶テレビですが、セカンドリビングには120インチのスクリーンを採用。これは、セカンドリビングの投射距離の制限の中では最大のスクリーンサイズです。

大画面のスクリーン+プロジェクターで、シアターとしても2階リビングと差別化することができました。

セカンドリビングの紹介

セカンドリビングがこちら。

新邸のセカンドリビング

新邸のセカンドリビング

フローリングをヘリンボーン貼りにしているため、同じウォルナットでも2階リビングと雰囲気が変わりますが、素材は同じなのでどこか統一感がある感じに

ヘリンボーンは主張が強いので、広い面に採用するとくどい印象になってしまうことがありますが、新邸の場合は、9帖のセカンドリビングに限定することで、ちょうどいい感じにまとまったと思います。

kikorist妻
kikorist妻

IC氏提案のクロスもいい感じ!

住友林業の品川展示場では、ピットリビングにヘリンボーンを採用しています。

品川展示場のピットリビング

品川展示場のピットリビング

品川展示場のピットリビング

品川展示場のピットリビング

kikorist夫
kikorist夫

場所を限定してアクセントにすると効果的。

リビングチェアはSongDreamのVIGORE。本来オットマンはありませんが、スツールの脚を特注でカットしてオットマンとして利用できるようにしました。

SongDreamのVIGORE

SongDreamのVIGORE

2脚置いていますが、張地はあえて違う色を選択。

SongDreamのVIGORE

SongDreamのVIGORE

1脚は座面はブラウン寄りのベージュでクッションはライトベージュ、もう1脚は座面はダークグリーンでクッションは千鳥格子のモザイクにしてみました。

kikorist夫
kikorist夫

部屋にも馴染んでいると思います。

一部窓にコーナーサッシを採用しました。コーナーサッシは角2面に窓があるので、開放感があります。

セカンドリビングのコーナーサッシ

セカンドリビングのコーナーサッシ

また、消防の関係で必要となったバルコニーの壁にはガラスパネルを採用。kikorist邸宅の北側には3階は建てることができないので(用途地域的に)、遠くまで視線が抜けます(写真は天候の関係で後日更新で掲載予定)

kikorist夫
kikorist夫

ここまで考えていただいた設計氏には感謝!

セカンドリビングの正面の壁はアクセントとして、住友林業三種の神器であるウッドタイルにし、上部にはコーニス照明を追加。

ウッドタイルと間接照明

ウッドタイルと間接照明

正面壁はウッドタイル

正面壁はウッドタイル

カラーはウォルナットオイルです。

ウッドタイルの上部は天井を彫り込んでおり、電動スクリーンと間接照明を設置しています

スクリーンと間接照明の掘り込み部

スクリーンと間接照明の掘り込み部

kikorist夫
kikorist夫

電動スクリーンを格納してある状態でも、スクリーン本体を隠すことが出来ます。

間接照明とウッドタイルの組み合わせは採用して良かったと思います。

間接照明とウッドタイルの組み合わせ

間接照明とウッドタイルの組み合わせ

スクリーンはシアターハウス製の120インチの電動スクリーン

kikorist夫
kikorist夫

夫婦2人でもなんとかDIY設置できました。

スクリーン用のコンセントは掘り込み部に設けています。

電源と赤外線リモコン受講部

電源と赤外線リモコン受講部

スクリーンは、スマートリモコンのNature Remo mini 2と組み合わせて、アレクサで操作できるようにしています。

kikorist夫
kikorist夫

「アレクサ、スクリーンを上げて(下げて)」でスクリーンが操作できます。

また、Nature Remo mini 2ではスクリーン以外に、間接照明とダウンライト、ラックに設置したAVアンプやレコーダーが制御できます

位置関係はこんな感じですが、Nature Remo mini 2からの信号はスイッチやAVアンプにバッチリ届きます。

各機器の位置関係

各機器の位置関係

間接照明とダウンライトのスイッチにDAIKOのかっこいい調光器リモコンを採用しています。

DAIKOのかっこいい調光器リモコン

DAIKOのかっこいい調光器リモコン

天井にはスピーカーを5つ埋め込んでおり、ラックに収納したサブウーファーとあわせて5.1chのサラウンドが再生できるようになっています

天井に埋め込んだYAMAHAのスピーカー

天井に埋め込んだYAMAHAのスピーカー

セカンドリビングの正面にトールスピーカーやセンタースピーカーを設置したくなくて、天井にスピーカーを埋め込みましたが、音の違和感は全くありません

kikorist妻
kikorist妻

セリフは(上からではなく)ちゃんと正面から聞こえる!

120インチのスクリーンは圧巻で、75インチ+5.1.4chの2階リビングよりも3階セカンドリビングシアターのほうが遥かに迫力があります。

120インチのスクリーン

120インチのスクリーン

kikorist夫
kikorist夫

ホームシアターにおいては、画面の大きさ>>>>>音であることを認識。

kikorist夫
kikorist夫

音も正直2階と遜色ないように感じます…笑

プロジェクターはViewSonicの単焦点プロジェクターX10-4Kを天吊りしています。

天吊りしたプロジェクター

天吊りしたプロジェクター

プロジェクターの設置位置はあらかじめ念入りにシミュレーションしていたのでバッチリ。

X10-4Kはズーム機能がないため、プロジェクター設置位置=スクリーンの大きさとなるのですが、事前のシミュレーションと投影しながらの位置決めと、天吊り金具の微調整でスクリーンの大きさジャストサイズで投影できています。

投射サイズとスクリーンのサイズはピッタリ

投射サイズとスクリーンのサイズはピッタリ

暗いと大きさが分かりにくいので照明をつけてみました。

120インチのスクリーン

120インチのスクリーン

kikorist夫
kikorist夫

120インチのスクリーンで見る映画は控えめに言って最高です。

kikorist妻
kikorist妻

60インチのテレビを縦横2×2並べたサイズと考えると想像しやすいかと思います。面積でいうと4倍!

スクリーンの大きさですが、リビングチェアに座って視界をちょうど覆うくらい。

リビングチェアから見たスクリーン

リビングチェアから見たスクリーン

kikorist夫
kikorist夫

映画館の最前席に座ったような見にくさはありません。

kikorist妻
kikorist妻

体感的には、映画館の7列目くらいといった感じ。

ちなみにホームシアターの螻蛄落とし上映は、「グレイテスト・ショーマン」。

kikorist夫
kikorist夫

音楽も映像も最高でした…!

そして毎週映画のようなクオリティで放送されている鬼滅の刃遊郭編。こちらも迫力満点で、作画クオリティを余すことなく堪能しています。

毀滅の刃遊郭編

毀滅の刃遊郭編

アレクサの定型アクションでホームシアターを一括管理できるようにしています。

具体的には

kikorist夫
kikorist夫

「アレクサ、ホームシアターの開始」

を合言葉に、下記が自動で行われます。

  • 間接照明が消える
  • ダウンライトが一番暗い状態まで減光
  • スクリーンが下りる
  • AVアンプが起動、入力をFireStickに切り替え
  • プロジェクターの電源ON

また、ホームシアターの終了時は

kikorist夫
kikorist夫

「アレクサ、ホームシアターの終了」

を合言葉に、下記が自動で行われます。

  • プロジェクターの電源OFF
  • AVアンプの電源OFF
  • スクリーンが上がる
  • ダウンライトが一番明るくなる
  • 間接照明ON

アレクサによる音声制御は非常に便利なので、これから注文住宅を作る方にはぜひ取り入れてほしいと思います。

新邸のセカンドリビング/ホームシアターの満足ポイント/後悔ポイント

ベージュとダークブラウンのクロス、そしてヘリンボーンにウッドタイルとかなりデザイン的に遊んでみましたが、完成したセカンドリビングは綺麗にまとまってくれました

新邸のセカンドリビング

新邸のセカンドリビング

kikorist妻
kikorist妻

デザイン要素が渋滞する心配もありましたが、杞憂に終わりました。

マイホームデザイナーで打ち合わせ時にシミュレーションできていたのは大きいです。

kikorist夫
kikorist夫

間取りだけでなく、インテリアの検討にも使えるのでマイホームデザイナーは超オススメです!

セカンドリビングのパース

セカンドリビングのパース

プロジェクターと120インチのスクリーンの組み合わせも本当に最高です。

120インチのスクリーンで見る映像は最高

120インチのスクリーンで見る映像は最高

入れたい要素は概ね入れられて満足です。

一方、不満な点としては、こちらの記事でもまとめたのですが、格子スクリーンが入れられなかったこと

リフォームで入れたいと思っているのですが、まずは予算との相談。それとかなりセカンドリビングのクロスの不陸(ジョイントの凹凸が出てしまうこと)には悩まされたので、一部クロスのやり直しが発生することによる悪影響が気になります

あとは、コストの関係でダウンライトを100mmにしたのですが、75mmにしておけばよかったと思います

ダウンライトはΦ100mmではなくΦ75mmにしておけばよかった…

ダウンライトはΦ100mmではなくΦ75mmにしておけばよかった…

kikorist夫
kikorist夫

メインのリビングは75mmにしたのですが、セカンドリビングだからいいやと…。

kikorist妻
kikorist妻

安易な妥協はよくないですね。

安くなるとはいえそんなに大した節約にもなってないし…。

特に3階は高さ制限の関係で天井が2200mmと少し低い=天井が近いので、75mmのダウンライトを採用すればよかったです

新邸のセカンドリビング/ホームシアターのまとめ

本記事では、新邸のセカンドリビング/ホームシアターを紹介しました。

新邸のセカンドリビング

新邸のセカンドリビング

当初のスタバ風という目的が達成できたかは分かりませんが、ヘリンボーンとウッドタイル、ベージュやダークブラウンのクロスで、私たちの理想の空間に出来たと思います。

新邸のセカンドリビング

新邸のセカンドリビング

ウッドタイルと間接照明の組み合わせも大満足。

ウッドタイルと間接照明

ウッドタイルと間接照明

また、繰り返しですが、120インチのスクリーンは本当に最高なので、大画面で映画やアニメを見たいという方は是非検討してみてください。

120インチのスクリーン

120インチのスクリーン

kikorist夫
kikorist夫

75インチのテレビとは全く違う世界がそこにはあります!!

kikorist妻
kikorist妻

注文住宅だからこそ実現できる内容!

予算的にスクリーンやプロジェクターをすぐに揃えるのが難しい場合でも、将来入れてみたいと思うのであれば、天井補強や電源の確保だけでもしておけば後から追加が可能になります。

kikorist夫
kikorist夫

あとから補強やコンセントを追加するのは大工事だし、費用も何倍もかかります。

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました