【告知】WEB内覧会を開始しました!

【DIY】新築注文住宅で壁掛けテレビを設置する方法と費用を徹底解説

WEB内覧会(入居後)
WEB内覧会(入居後) インテリア ホームシアター実例:2階 ライフ 設備仕様

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。


住友林業で建てた新築注文住宅では、リビングと寝室ともに壁掛けテレビを採用しました。

私たちは最低限の準備のみハウスメーカーに依頼し、設置はDIYで施主である自分たちで行いましたが、もちろん設置までハウスメーカーに依頼することも可能です。

本記事では、壁掛けテレビを失敗せずに美しく設置する方法について徹底解説します。

壁掛けテレビを採用するメリット

テレビを壁掛けにするメリットは下記の通り。

  • 見た目がスッキリする&オシャレ&省スペース
  • 倒れる心配がない

見た目がスッキリ&オシャレ&省スペース

テレビを壁掛けにすることで、テレビボードにスタンドで設置する場合と比較して、テレビを限界まで壁に寄せることができるので省スペースになり、スッキリした見た目にすることが可能です

75インチの液晶テレビを壁掛け

75インチの液晶テレビを壁掛け

実際に省スペースなだけでなく、フロートデザイン(=浮いているデザイン)で床を広く見せることができるため、心理的にも広く感じさせる効果があります

リビングではアンプやレコーダー、スピーカーの都合でテレビボードを採用しましたが、寝室のようにテレビボードもなくしてしまえばよりスッキリ

寝室の壁掛けテレビはテレビボードはなし

寝室の壁掛けテレビはテレビボードはなし

kikorist夫
kikorist夫

テレビボードを置くほどのスペースは取れなかったので、壁掛けにしました。何よりそっちほうがスッキリしますし。

最近のテレビはテレビ自体に録画機能を内蔵しているので(要外付けハードディスク)、ディスクメディアを見ない限りはレコーダーも不要で、テレビボードを購入する費用の節約にもなります。

kikorist妻
kikorist妻

記事後半では、テレビボードなしでアンプやレコーダーを使う方法も解説します。

kikorist夫
kikorist夫

kikorist新邸の場合は、ウーファーとセンタースピーカーを収納するためにリビングではテレビボードを選択しましたが、これらがなければテレビボードはなしにしていました。

倒れる心配がない

テレビボードにスタンドで設置した場合、地震が発生するとテレビが倒れる可能性があります。また、小さいな子供やペットがいる場合も、子供やペットがテレビを倒してしまうことがあります

kikorist妻
kikorist妻

薄型テレビは幅も高さもあるので、バランスが悪く倒れやすいのです。

テレビには倒壊・転倒防止のベルトやワイヤーが付属していますが、付けている人は少ないのでは…。

テレビの倒壊防止ベルト(ソニー ブラビアの例)

テレビの倒壊防止ベルト(ソニー ブラビアの例)

テレビを壁掛けにしてしまえば、金具でガッチリ壁に定されるので、テレビの倒壊リスクを下げることができます

壁掛けテレビを採用するデメリット

テレビを壁掛けにするデメリットもあります。

  • 別売りの壁掛け金具の購入が必要
  • 設置の手間がかかる
  • 設計時に準備が必要
  • テレビの位置が変えられない

別売りの壁掛け金具の購入が必要

テレビを購入するとスタンドは標準で付属していますが、壁掛け金具は別売りになりますので、別途購入する必要があります

対応サイズによって費用は異なりますが、汎用品であれば5,000円~10,000円前後で購入が可能です。

テレビメーカーの純正品もありますが、価格が数万円と高いので、汎用品がオススメです

kikorist夫
kikorist夫

汎用品でも機能的には全く変わりません。

kikorist妻
kikorist妻

汎用品であれば、様々なテレビに対応できるようになっていますが、メーカー品だと特定の製品しか対応できなかったりする(ネジ位置の調整機能がない)ので、テレビ買い替え時に使えない可能性もあります。

設置の手間がかかる

壁掛けテレビの設置の手間を一番気にしている人が多いかもしれません。

スタンド設置の場合は、テレビ台に乗せるだけで終わりますが、壁掛けテレビの場合は、壁掛け金具の壁面・テレビへの固定作業などが必要です

金具の固定作業

金具の固定作業

とはいえ、作業はプラスドライバー一本あれば事足りますし、DIYでも十分設置は可能です

また、壁掛け設置の場合はテレビと壁の隙間が狭いために、ケーブル配線も少し作業しにくいのもデメリット。

kikorist夫
kikorist夫

配線作業が心配な場合は、少し価格は高くなりますが、引き出し式の金具にすると、配線作業はかなり楽です。

ケーブルと壁や金具が干渉する場合もあるので、テレビの端子の場所によってはL字型のアンテナケーブルなどを用意しておくとよいです。

kikorist夫
kikorist夫

取説を読めばどこに端子類があるかは確認できます。

kikorist妻
kikorist妻

購入前でもメーカーウェブサイトでマニュアルが見れるのは便利よね。

設計時に準備が必要

テレビを壁掛けするためには、設計時(=打ち合わせ時)に、壁の補強やコンセントの位置、高さなどある程度の準備が必要です。

壁補強なしでホッチキスで固定できる壁美人という金具もありますが、50インチ未満とサイズが限定されるのと、石膏ボードの強度はそこまでないので、テレビといった大きな物を設置するのであれば補強があったほうが安心です。

設計時に検討が必要な内容は記事後半で紹介します。

テレビの位置が変えられない

テレビを壁掛けとして固定してしまうと、そのあと移動させることはできません

kikorist夫
kikorist夫

テレビを外しても金具の取り付け穴やコンセントは残ってしまいます。

とはいえ、移動先にもアンテナケーブルが必要ですし、テレビの位置を変えることはほぼないと思いますので、それほど心配する必要はないと思います。

kikorist妻
kikorist妻

うちも間取り的にテレビの位置はここ以外ありえないので…。

75インチの液晶テレビを壁掛け

75インチの液晶テレビを壁掛け

ハウスメーカーに任せるかDIYするか

テレビの壁掛け作業をハウスメーカーに任せるか、それともDIYするかは、どちらでもよいと思います

それほど難しい作業ではないので、DIYで取り付ければ費用を削減することが可能ですが、取り付けに自信がない場合はハウスメーカーに任せてしまうのもアリです。

kikorist夫
kikorist夫

数万円を高いと考えるか安いと考えるか…。

kikorist妻
kikorist妻

私は自分たちで出来る作業であれば自分たちでやる方針。

お金がもったいないし。

ハウスメーカーに依頼する場合、金具を施主支給して作業だけ依頼するのか金具選びから任せるのかという選択肢があります。

kikorist妻
kikorist妻

施主支給のほうが安く抑えられますが、金具選びから任せれば高さ位置の指定もハウスメーカーに丸投げできます。

壁掛けテレビにする際の注意点とポイント

実際に、テレビを壁掛けにする際の注意点とポイントを解説していきます。

打ち合わせ時に気にすべきポイントは、DIYでもハウスメーカー施工でも共通です。

設計時に注意しておくべきポイントは下記の通り。

  • 壁の補強
  • 配線計画
  • 壁掛け金具の取り付け位置
  • 機器の収納場所

壁の補強

テレビを壁掛けするためには、金具を壁に固定する壁の補強が必要です。

壁の補強とは、クロス(壁紙)を貼る石膏ボードの下に合板で補強を入れることを指します。

壁補強の例

壁補強の例

特に何も指定しなかった場合は補強はされませんので、テレビを壁掛けしたい場合はその旨を設計時に伝えて壁補強を入れておく必要があります

壁補強は面積にもよりますが、1か所につき数千円~1万円程度です。

配線計画

テレビを壁掛けにする場合は、テレビ裏の隠れる部分にコンセントやアンテナケーブルを配置する必要があります

kikorist妻
kikorist妻

住友林業の場合は、「マルチメディアコンセント」というテレビアンテナとLAN、コンセントが一体となったものを採用しています。

あらかじめコンセントをテレビの裏に設置

あらかじめコンセントをテレビの裏に設置

これをしておかないと、せっかく壁掛けテレビにしたのに、テレビの下からダラーンと電源ケーブルやコードが垂れ下がることになります

このときポイントとなるのが、テレビ金具やテレビ背面の端子と干渉しない位置にコンセントを設けるということ。

テレビ金具設置位置とコンセントが干渉するのは論外ですが、コンセントとテレビ本体の端子位置と重なるとうまくケーブルが刺せない、という事態が発生します

kikorist夫
kikorist夫

いざテレビを設置しようとして判明すると地獄です…。テレビを買い替えるか、コンセントを移動させるか…。

テレビの端子とコンセントが干渉すると接続できない

テレビの端子とコンセントが干渉すると接続できない

壁掛けにした場合、基本的にテレビ本体と壁の隙間は狭くなるので、必要に応じてL字のアンテナケーブルや、コンセントの向きを変えるローリングタップを使うのがオススメです。

kikorist新邸では色んな場所でPanasonicのローリングタップが活躍しています

場合によってはHDMIケーブルもL字型の変換アダプタが有効です。

壁掛け金具の取り付け位置

テレビ金具の取り付け位置も設計時に決めておく必要があります

コンセントの設置場所なども関わってきますし、kikorist新邸のように背面にエコカラットを施工するような場合は、テレビ金具設置場所にはエコカラットを施工しないよう指示が必要です。

テレビ金具設置位置にはエコカラットを施工しない

テレビ金具設置位置にはエコカラットを施工しない

kikorist夫
kikorist夫

エコカラットにネジを打ち込んでしまうと、割れる可能性が高いので…。

壁掛け金具にも若干の高さ調整機能はありますが、その調整は微調整と考え、ある程度の高さは設計時に決めておく必要があります。

金具のネジ穴の固定場所で若干の高さ調整が可能

金具のネジ穴の固定場所で若干の高さ調整が可能

床に座って見るのか、ソファに座ってみるのか、 ダイニングチェアに座って見るのかによって目線の高さが変わるため、テレビの見やすい設置位置も変わります。

kikorist妻
kikorist妻

床から画面の高さが100cmが使いやすいと言われていますが、現在使っているテレビの高さなどを基準に決めるといいと思います。

また、テレビによってネジ固定の場所は異なりますので、注意が必要です。テレビ裏のほぼ中央に固定穴がある場合もあれば、下や上のほうに偏っている場合もあります。

kikorist夫
kikorist夫

メーカーウェブサイトに寸法図などが掲載されています。

ソニーの場合はモデルにもよりますが、下に片寄っていることが多いです。

テレビの寸法図(ソニーXRJ-65A90Jの場合)

テレビの寸法図(ソニーXRJ-65A90Jの場合)

kikorist新邸では、リビングは低めのソファから見ることを前提に、寝室はベッドで寝ながら見ることを前提に高さを決めました

kikorist新邸の場合はエコカラット施工に加えて、造作テレビボードもフロートで取り付けるということで、かなり詳細に金具の設置位置やコンセント位置、エコカラットを施工しない場所の指定を行いました。

テレビ周辺の指示

テレビ周辺の指示

kikorist夫
kikorist夫

テレビボードの天板とテレビの下の空間がどれくらいがベストかも検討して決めました。

また、最終的にエコカラットが綺麗に見えるよう、テレビの中心を基準にエコカラットを割り付けています

テレビの中心とエコカラットの中心をあわせている

テレビの中心とエコカラットの中心をあわせている

kikorist夫婦はこだわりが強めだったので、詳細に指定しましたが、分からなければ使う予定のテレビ、金具のモデルを設計担当に伝えてお任せしてもいいかと思います

こうした綿密な配線計画や設置位置を決める上で重要なことは、使うテレビや壁掛け金具をあらかじめ決めておくこと

kikorist夫
kikorist夫

テレビや壁掛け金具によって寸法は異なりますので、設計時に決め打ちしておくことが重要です。

テレビを新しく購入するような場合、旧モデルを購入しようと思っていても、家の完成時には廃版となっている場合があります。端子位置や壁掛け用の穴が新旧モデルで同じであればいいですが、変わっている可能性もあります。

kikorist夫
kikorist夫

出来るだけ新モデルで想定しておくとモデルチェンジでの廃版・売り切れリスクを回避できます。

壁掛け金具も同様。特に汎用金具はメーカー品ではないので、いつ廃版・売り切れになるか分かりません

壁掛け金具はテレビ本体と違って場所を取ることもないので、設計時に決めたものを事前に購入しておくことがオススメです。

kikorist妻
kikorist妻

もしくはテレビ金具の選定や設置も全部ハウスメーカーに依頼してしまえば、ハウスメーカー側の責任で全てやってくれます。

もちろん、金具を施主支給するのと比べて高くはなりますが…。

機器の収納場所

テレビ以外を使用しない場合は、上記のみで問題ありませんが、レコーダーやゲーム機、ホームシアター用のAVアンプを使いたい場合はそうした機器の収納場所も検討しておく必要があります

kikorist夫
kikorist夫

kikorist新邸の場合、リビングはテレビボード内、寝室は機器を繋げていません。

機器をどこに収納するか?

機器をどこに収納するか?

一般にはテレビボードに機器を収納することが多いですが、せっかく壁掛けにしたのでテレビボードを使いたくないというケースもあると思います。

そうした場合は、別途収納内に機器を設置して、テレビから収納までHDMIケーブルを引き回す方法がオススメです。

下記はテレビの裏に収納スペースを設置した例ですが、テレビ裏でなくても、(ケーブルが届く範囲の)別の離れた収納に機器を収納することも可能です。

テレビ裏の収納スペースに機器を格納

テレビ裏の収納スペースに機器を格納

こうした場合、テレビと収納の間にはCD管という配管をあらかじめ壁内を通しておき、CD管にHDMIケーブルを通して接続します。

オレンジの配管がCD管

オレンジの配管がCD管

HDMIケーブルは10mを超えると信号が減衰して、映像が正常に表示できるなくなる可能性が高くなりますので、光ファイバーを使った長距離伝送に強いケーブルを使用する必要が出てきます。

20mや30mのケーブルもありますので、テレビ設置場所から離れた収納でも対応できます。

kikorist妻
kikorist妻

機器が離れすぎるとゲーム機のコントローラーが動かないかもですが…。

機器をテレビ近くに設置しない場合、機器を操作するためのリモコン信号が届きません。現在のほとんどのレコーダーはテレビのリモコンでも操作できますが、どうしてもリモコンを使いたい場合は、赤外線リピーターを使うとリモコン信号を離れた場所でも使えるようになります(リピーターはHDMIのように10mなどの長距離がないのが難点ですが…)。

サウンドバーの壁掛けもオススメ

本格的なシアターはいらないけど、テレビの内蔵スピーカーよりはいい音で映画や動画を見たいという方も多いはず。

そんな方にオススメなのがサウンドバーです。一体型のバーに複数のスピーカーを内蔵し、テレビとは次元の違う臨場感・音質で再生が可能です。

サウンドバーの壁掛け

サウンドバーの壁掛け(出典:ヤマハ)

補強さえ入っていれば、サウンドバーの壁掛けも可能です。

ほとんどのサウンドバーには壁掛け用のフックを引っ掛ける穴が付いています。

フックを引っ掛ける穴がある

フックを引っ掛ける穴がある

サウンドバーを壁掛けする場合、テレビと接続するHDMIケーブルや光ケーブルをスッキリさせるために、サウンドバーの裏からテレビの裏にCD管を通しておくと綺麗に設置できます(CD管がないと、テレビとサウンドバーの間にケーブルが垂れ下がります…)。

CD管にサウンドバーの電源コードも通して、テレビ裏のマルチメディアコンセントに繋ぐとスッキリします。

サウンドバーとテレビ裏の間にCD管を通しておく

サウンドバーとテレビ裏の間にCD管を通しておく

テレビを壁掛けする作業

ほとんどの壁掛けテレビで設置方法は共通です。

ブラケット金具をテレビに固定し、壁に金具を固定、最後に壁の金具にテレビを引っ掛けて、落下防止のロックをすれば完成です。

kikorist夫
kikorist夫

テレビのスタンドは、テレビを壁に引っ掛ける直前に外しました。

スタンドがないとテレビが自立できないので…。

下記はkikorist新邸のリビングに使った金具の取り付け手順です。

壁掛けテレビの設置手順

壁掛けテレビの設置手順

プラスドライバーさえあれば作業できますので、DIYでも十分可能です。できれば電動ドリルがあると便利ですが、なくても大丈夫です。

注意点としては、壁掛け金具を水平に取り付けることくらいです。テレビの金具に水平器が付属しなければ水平器を用意します。

水準器の目盛りを合わせれば簡単に水平が出せます。

テレビのサイズによりますが、テレビを壁に引っ掛ける作業だけでは1人では難しいと思いますので、二人以上で作業する必要があります

作業時間としては30分ほどで完了です。

テレビボードを壁掛けにする費用は?

kikorist邸の場合、壁掛けテレビにかかった費用は下記の通りです。

テレビを壁掛けにするための費用は合計27,460円でした。壁補強代金は、造作テレビボードを固定するために壁一面貼っていることもあり、少し高めになっています。テレビ部分だけであれば1万円以下だと思います。

kikorist妻
kikorist妻

意外と安くできるのです!

kikorist夫
kikorist夫

DIYなら工賃は無料です。

金具の購入からテレビの取り付けまで住友林業に依頼した場合は、依頼に応じた費用が加算されます。

壁掛けテレビを設置する方法のまとめ

本記事では壁掛けテレビを設置する方法をまとめました。

壁掛けテレビは賃貸では難しいことが多く、持ち家ならではです。見た目もスッキリしますので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

壁掛けしたテレビ

壁掛けしたテレビ

リビングはもちろんですが、寝室などスペースを取れない場所にも壁掛けテレビはオススメです。

寝室の壁掛けテレビ

寝室の壁掛けテレビ

特にAndroidをOSに採用しているSONYのブラビアはYoutubeやNetflix、Amazonプライムにも対応していますし、HDDを繋げば単体でテレビ番組の録画にも使えるのでオススメです。

打ち合わせ時にいくつかの点に注意しておけば、一見難しく見えるDIYもそれほど難しい作業ではないので、十分できます。

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました