【告知】WEB内覧会を開始しました!

【WEB内覧会】住友林業で建てた新邸の子供部屋(客間/来客スペース)

WEB内覧会(入居後)
WEB内覧会(入居後)

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。


今回はWEB内覧会第の第九弾として、新邸の子供部屋をご紹介します。

子供部屋と言いつつ、現在子供はいないのであくまで「将来の」子供部屋です。

子供が個室を必要とするまでは客間(来客の宿泊スペース)となる予定です。

WEB内覧会は、残すところユーティリティー、トイレ、手洗いとなります。引き渡しからもうすぐ半年ですがやっと一区切り。WEB内覧会終了後は、実際に住んでみたり使ってみた感想や、家づくりのポイントなどを発信していく予定です。

なお、入居後のWEB内覧会についてはこちらにまとめています。

ちなみに、マイホームデザイナーを使ったヴァーチャル内覧会はこちら。

子供部屋の間取りとコンセプト

子供部屋の間取り

新邸の子供部屋は3階にあります。

子供部屋の間取り

子供部屋の間取り

kikorist夫
kikorist夫

位置的には3階の階段を上がってさらにぐるっと階段・トイレを一周した先=家の中では一番玄関から遠い場所になりますが、元気な子供であれば問題ないかなと。

子供は2人を予定しているので2部屋確保したいと思っていましたが、当初から2部屋設けるのではなく、当初は大きな1部屋として使い、後から2部屋に分割できるようにしています

そのため、エアコンも2台設置(当初は1台予定でしたが、書斎のエアコンが余ったために子供部屋に最初から2つ付けることにしました)。

kikorist妻
kikorist妻

子供が2人できるか分からないし、子供が個室を必要とするのは十年近く先になります。

広さは北側が6.75帖南側が6帖合計13.75帖です。

子供部屋を個室に分割するまでは、友人や両親が泊まる客間として活用できるようにしています。

そして、子供が家を出て子供部屋を使わなくなったら再度部屋を繋げて1部屋として使うこともできます

13帖の部屋であれば、結婚した子供が夫婦や孫を連れて滞在するには十分な広さ。

kikorist夫
kikorist夫

子供がいなくなったあとに6帖の部屋が2つあっても使い道がなく、物置になることは目に見えています。

kikorist妻
kikorist妻

将来的なことも見越して、部屋の分轄や結合ができるような間取りにしておくことは大事だと思うわ。

子供部屋のコンセプト

子供部屋のコンセプトは、「デザイン的にも費用的にも極力シンプル」です。

新邸の子供部屋

新邸の子供部屋

アクセントクロスを採用した以外は、コスト面でもデザイン面でも大きな工夫はしていません。

フローリングも標準の突板(耐傷性フロア)。ウォルナットで家全体の床材を揃えています。

当初は私たちもあまり使い道がない部屋ですし、将来2部屋に分ける際にアクセントクロスなども子供が選びなおせばいいと思っているので、極力シンプルにしました。

新邸の子供部屋

子供部屋は当初は1つの部屋となっています。

南側から見た子供部屋がこちら。

新邸の子供部屋

新邸の子供部屋

アクセントクロスにネイビーを採用した以外は、ごくこく標準的な部屋です。

kikorist妻
kikorist妻

このネイビーのクロスは落ち着いていて、とってもオススメ!

新邸の中で唯一この部屋だけはカーテンレールを採用しました(子供が自分で好きなものを選んでもいいかなと)。

とはいえ、個人的にはカーテンはあまり好きではない(笑)ので、カーテンレールに取り付けができるロールスクリーンを採用しています

ロールスクリーンはカーテンレールに取り付け

ロールスクリーンはカーテンレールに取り付け

採用したのはこちらのロールスクリーン。このロールスクリーンはkikorist夫が賃貸時代から引っ越しするたびに頼んでいますが、かなりオススメです

  • 1cm単位で幅・高さをオーダーできる
  • カラーが豊富で、ケースの色も選べる
  • 調光が可能
  • カーテンレールへの取り付け/壁付け/天井付けが選択可能
  • オーダーなのに安い

メッシュになっている部分と布地の部分がボーダー状になっており、コードを引くことで遮光・調光することができます。

左が遮光時、右が調光時。

左が遮光時、右が調光時。

カラーは部屋の雰囲気を邪魔しないダークグレーにしました。

新邸の子供部屋

新邸の子供部屋

なお、家具はテレビ台とビーズクッション以外は旧宅から使っていた家具をそのまま使っています(テレビは旧宅でパソコンモニター代わりに使っていたものを流用)

kikorist妻
kikorist妻

家具もコスト重視。

テレビ台はこちら。

kikorist夫
kikorist夫

送料込14,990円だったので、かなりお得。

kikorist妻
kikorist妻

組み立てはちょっと大変だったけどね…。
(説明書見ながら40分くらい)

部屋の雰囲気を北欧チック/ミッドセンチュリーチックに明るくするために、黄色のビーズクッションを2つ新たに購入

kikorist夫
kikorist夫

ソファを置くまでもないと思っていたので、来客が座れるようにビーズクッションを採用しました。

収納やディスプレイラックなども旧宅からそのまま運んだものです。

新邸の子供部屋

新邸の子供部屋

子供部屋を北から南を見るとこのような感じ。

新邸の子供部屋

新邸の子供部屋

クローゼットは南側だけ設置しています。これは来客も使えるようにという配慮から。

クローゼット

クローゼット

シェルチェアは旧宅ではダイニングチェアとして使っていましたが、3脚はジモティーで売却し、1脚のみ残して子供部屋のチェアにしました。

kikorist妻
kikorist妻

デスクは私が社会人になってから使っていたものです。

子供部屋の布団は、3階にある押入収納に収納できるようにしています。

子供部屋の間取り

子供部屋の間取り。階段上がってすぐが押し入れ収納。

電動ポンプで膨らませることができるエアーベッドを2つ購入しておきました。

試しに膨らませてみたところ、エアーベッド独特の風船のような寝心地ではありますが、来客用としては必要十分。

kikorist夫
kikorist夫

使わないときはコンパクトになるのが有難い。

子供部屋の満足ポイント/後悔ポイント

子供部屋は新邸の中ではシンプルに作った部屋ですが、ウォルナットとアクセントクロスのネイビーは相性も良く、採用して良かったと思っています。

新邸の子供部屋

新邸の子供部屋

後悔ポイントは、強いてあげるとすれば、突板を採用したことです。

住友林業標準の突板は耐傷性フロアの名前の通り、傷が付きにくくキャスターなどにも強いのがメリットですが、やはり1階・2階や3階のセカンドリビングに採用した挽板と比べるとかなり、質感に差があります

kikorist夫
kikorist夫

ペタって感じです。

さらっとした挽板(もちろん無垢とも)とはかなり差があります。

kikorist妻
kikorist妻

床は常に触れる場所だから、安易に突板にしないほうがいいかも…。

同じ突板にするにしても、大建工業のトリニティのようなグレードの高い突板にするというのもアリかもしれません。

大建工業のトリニティ(出典:大建工業)

大建工業のトリニティ(出典:大建工業

新邸の子供部屋(客間/来客スペース)のまとめ

本記事では新邸の子供部屋(客間/来客スペース)を紹介しました。

新邸の子供部屋

新邸の子供部屋

子供部屋が個室を必要とする期間は長くても10年強です。

その期間だけを見て家づくりをしてしまうと、将来無駄なスペース(たいてい物置…)になりかねません。

kikorist妻
kikorist妻

5帖の部屋が2つあっても、使い道があまりないかも…。

kikorist夫
kikorist夫

大きな10帖の部屋であれば、子供の帰省時やトレーニング、趣味部屋など色々使い道が広がります。

子供部屋に限らずですが、将来的にどのように家族の数や生活が変わるのか、その際どのような大きさの部屋が必要になるなのか想像しながら間取りを検討すると、良いのではないかと思います

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました