【告知】WEB内覧会を開始しました!

家づくりで是非とも活用したい「イエマナノート」のメリットとデメリットをレビュー

住宅ローン/火災保険・地震保険
住宅ローン/火災保険・地震保険土地探し/HM選定基本設計

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

WEBマガジン「イエマガ」でライターとして家づくりの検討過程を月刊連載中。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterで、インテリアなどの写真はInstagramで発信していますので、よろしければフォローお願いします。

【注意事項】当ブログ内の写真、図、文章については、無断での流用を一切認めておりません。

ピックアップ記事
  • 住友林業の標準仕様
  • WEB内覧会
  • 3Dマイホームデザイナー
  • ビッグフレーム構法
  • スマートホーム
  • 建築費用を節約
  • 値引きの仕組み
  • おすすめオプション
  • 住友林業の保証制度
  • 木質天井まとめ
  • 住友林業尾坪単価
  • 住友林業の紹介制度

家づくりで大事なことは多岐にわたりますが、最も重要と言っても過言ではないのが「予算」です。

本記事では、家づくりで最も重要かつ最初に決めるべき予算設定から、ハウスメーカー選び、家づくりの打ち合わせといった、家づくり全般で活用できる「イエマナノート」という本について紹介します

kikorist妻
kikorist妻

ちなみにkikorist夫婦もイエマナノートのアイディア出しに少し協力させていただきました。

注文住宅で一番重要なこと=予算設定

家づくりにかかるお金は数千万円。一生で最も高い買い物といっても過言ではなく、最重要と言えるのが予算設定です

とはいえ、ほとんどの方が家(もしくは家に加えて土地も)を購入するのは初めてのはず。

kikorist夫
kikorist夫

私たちも、自分たちの収入と貯金でいくらまでなら家に掛けていいのか…、というのは正直よく分かりませんでした。

そこで問題となるのが、どうやって家づくりの予算を組んだらいいのか、という点です。

ハウスメーカー紹介のFP相談の問題点

ほとんどのハウスメーカーはFP(ファイナンシャルプランナー)の紹介も行っており、教育資金や老後資金も含めたライフプランから住まいにかけられる予算まで相談できる体制になっていますが、「ハウスメーカー紹介のFPは基本的に住宅メーカーに都合がいい内容を言う傾向にある(=予算を高めに設定する)」という点には気を付けたほうがいいと思います(もちろん全部のFPが相談者よりもハウスメーカーを優先するわけではありませんが…)

なぜなら、FPから見れば、ハウスメーカーはお客さんを紹介してくれる大事なパートナーです。どうしても、ハウスメーカーに不利なこと(=住まいの予算を少なく伝えること)は言いにくい

ちなみに、ほとんどのFP相談が無料となっていますが、もちろんFPはボランティアで対応しているわけではありません。

ライフプランの設計にあたっては、ほぼ必ず保険の見直しや新規加入が発生します。FPは保険会社の募集人になっているので、相談者が保険に加入したりすると、保険会社からFPに対してコミッション(手数料)が発生する仕組みになっており、これがFPの収入になっています。

依頼者はライフプランの設計をプロに無料で相談でき、不要な保険の見直し、必要な保険の加入といった手続きができ、FPも保険を勧めることで手数料収入が得られる、そしてハウスメーカーは相談者の予算設定をすることで安心して商談に臨める(予算が分からない/足りない人の対応が不要になる)、といった、三方良しの仕組みになっています。

この関係上、ハウスメーカー経由で行うFP面談は、どうしてもハウスメーカー寄り(=相談者にとって過大)の予算設定になりがちです。

kikorist夫
kikorist夫

あとは(考えたくはないけど)FPからハウスメーカー側に家づくりの予算が筒抜けになる可能性もなくはない…。

kikorist妻
kikorist妻

打ち合わせを進めるうちに費用は絶対上がることもあり、予算は少し少な目に伝えるのが、値引き交渉のポイントでもあるので、ハウスメーカー側に予算が伝わる可能性が(少しでも)ある、というのはちょっと気になるところ。

本当に適切な予算設定をするには?

では、本当に適切な予算設定、ライフプランの設計をするためにどうすればいいのかというと、「ハウスメーカーの紹介ではない中立的なFP」、それも「家づくりに精通したFP」への依頼です。

kikorist妻
kikorist妻

ちょっと言い方は悪いけど、ハウスメーカーの息のかかってないFPさんなら、忖度のない意見が聞けるはず。

とは言ったものの、普通の人なら「そんなFPどうやって調べればいいの…」「FPの知り合いとかいないし…」となるところですが、いるんですよ、「ハウスメーカー寄りではない中立的なFP」で「家づくりに精通したFP」、そして何より「相談者に寄り添って真剣に安心・安全なライフプランを考えてくれるFP」が!!

それが、イエマナ(家の学び舎)の代表、「とよくま」さん@toyo_kuma)です。

とよくまさん

とよくまさん

とよくま プロフィール

  • 人生100年時代のライフプランニングと家づくりの専門家
  • ライフプラン&マネープランを重視した家づくりと、長い人生と共に歩む「育てるすまい」の情報を配信中!
  • 2級FP・住宅ローンアドバイザー
kikorist夫
kikorist夫

「人間じゃないのかよ」「くまかよ」、と思われるかもしれませんが、ちゃんとしたプロのFPの方です。

主にインターネットを中心に活動されているので、くまの自画像と「とよくま」の名前で活動されていらっしゃいます。

イエマナ(家の学び舎)では有料・無料で、家づくり検討者がライフプランを組み立てることができるツールを提供されていたり、Instagramでは家づくりの情報発信をされています。

kikorist夫婦としては、正直とよくまさんほど相談者のことを考えてくれるFPを知りません

だからこそ、とよくまさんの周りには自然と家づくりが好きな人、とよくまさんを応援/賛同する人が集まってきてるのかな、と感じます。

kikorist妻
kikorist妻

発信内容が全て施主目線!
施主が将来困らないようにを第一に考えて情報を発信してくれています。

とよくまさんが家づくりに役立つ「イエマナノート」を開発&販売!

とよくまさんは個別にライフプランの設計相談も対応してくれますが、ご自身の経験と「予算で失敗する人や家づくりで後悔する人を減らしたい!大変さを軽減したい!」、「予算とローンに失敗しなければ9割成功」という想いから、全ての家づくり検討者に役立つ「イエマナノート」を開発されました


製作費のことだけを考えれば、データで配布したほうがコストは安くなります。

でも、とよくまさんは、あえて費用をかけて、自分で書き込めるノート=紙にこだわりました

自分で書き込めるワークブック

自分で書き込めるワークブック

kikorist妻
kikorist妻

そのメリットは後述しますが、本当に尊敬に値する熱意です。

実は、イエマナノートにはこんな内容が欲しい、という点について、kikorist夫婦も少しだけ協力させていただいています。

kikorist夫
kikorist夫

自分の家づくりの経験や後悔ポイントをもとに、ここは確認しておいたほうがいい、などの内容を伝えさせていただきました。

自分が関わったから言うわけではなく、この「イエマナノート」がとても素晴らしいので紹介させてください。

kikorist夫
kikorist夫

このブログでは、kikorist夫婦が本気でいいと思ったものしか薦めない、本音で語るがポリシーです。

このサイトからノートが売れることで、kikorist夫婦に金銭が発生するということは一切ありません。ステマなどではないのでご安心いただければと思います。

「イエマナノート」とは

イエマナノートは、「ノート」とありますが、実際は書き込める書籍です。

カフェで開けるオシャレな表紙

カフェで開けるオシャレな表紙

「これ1冊で家づくりの全てが分かる」をコンセプトに、家づくりに必要な知識を学びながらアイディアを書き込めるワークブックになっています。

家づくりは1年以上かかることもありますが、長期間の使用にも耐えられるよう、また書き込みがしやすいよう厚手の高級紙が使われています(購入者にはありがたい仕様ですが、とよくまさんの費用負担が本気で心配…)

書き込みに適した厚手の本文用紙

書き込みに適した厚手の本文用紙

構成は以下の通り。

  • 家づくりの予算
  • スケジュール
  • 土地探し
  • 建築会社の比較
  • 間取りづくり
  • 外構プラン
  • 打ち合わせノート
  • 引っ越しやることリスト

イエマナノートの優れているところ(メリット)

では、実際にイエマナノートの一部を紹介しながら、イエマナノートのメリットについて、レビューしていきたいと思います。

カフェで開けるオシャレな表紙

カフェで開けるオシャレな表紙

適切な予算設定とライフプラン

個人的にイエマナノートの一番優れている点は、やはり「住宅を検討している方にとって適切な予算設定が出来る」という点にあると思います。

書き込みながら適切な予算を計算することができる

書き込みながら適切な予算を計算することができる

収入が違えば、金融機関から借りられる住宅ローンの金額は異なります。また、借りられる金額と毎月無理なく返済できる金額がイコールではない点には注意が必要です。

kikorist妻
kikorist妻

借りられる最大金額を借りてしまうと、生活ちょっと苦しくなるはず…。

収入に加えて、家族によって預貯金や、両親からの援助(贈与)などは人それぞれ。

イエマナノートでは、人によって違う、収入・預貯金・援助・生活費などを加味した上で、住宅に掛けることが出来る予算設定ができるようになっています

kikorist夫
kikorist夫

しかも、枠に金額を書き込んでいけば、予算が自動的に計算できる親切設計…!

さらに、家は建てたら終わりではありません。引っ越し費用や家具家電の購入費用といった一時金、火災保険や固定資産税、修繕積立金といった維持費もかかります。

イエマナノートは、ハウスメーカーの見積では無視されがちな建物以外の費用計算できるようになっており、その上で住宅購入後に毎月いくら貯金が出来るかも計算できるようになっています

kikorist妻
kikorist妻

とよくまさんの家づくりとFPとしての経験が最大限活かされています。

土地探しや建築会社選びの指針

予算を設定した後で、イエマナノートでは土地探しやハウスメーカー選びの指針も学べるようになっています。

土地探し

土地探し

チェックすべきポイントを学びながら書き込み、比較できるようになっているのはイエマナノートならではです。

チェックしながら土地探しができる

チェックしながら土地探しができる

kikorist妻
kikorist妻

この土地探しや建築会社選びのチェックポイントはkikorist夫婦の経験をもとに、アイディアを出させていただきました。

kikorist夫
kikorist夫

家づくりが初めてでも、注意すべきポイントが網羅されているから比較がしやすい。

間取りのチェックポイント

ここもkikorist夫婦が協力させていただいた部分ですが、後悔ポイントにあげられやすいコンセントや収納計画のチェックポイント、リビングやキッチン、寝室といった部屋別のチェックポイントなど、後悔ポイントをなくすために必要なチェックポイントがほぼ網羅されています

このチェックポイントだけでもノウハウの塊…

このチェックポイントだけでもノウハウの塊…

kikorist夫
kikorist夫

家づくり経験者の施主+建築会社の社長チェックによりほぼ完ぺきなのではなかろうか…。

kikorist妻
kikorist妻

私たちも正直打ち合わせ時に欲しかった…。

打ち合わせ議事録

私たちが建てた住友林業では、打ち合わせ時に設計士が打ち合わせメモとして議事録を作成してくれます。

設計氏の手書きの打ち合わせメモ

設計氏の手書きの打ち合わせメモ(現在ではデジタル化されています)

基本的に大手ハウスメーカーではこのような議事録を残すことが多いですが、建築会社によってはメモがなかったり、議事録をハウスメーカーが作成してくれる場合でも抜け漏れが発生することもあります。

kikorist夫
kikorist夫

私たちの場合も、打ち合わせ内容が多すぎて、長時間の打ち合わせだと後半メモの量が明らかに少なくなっていました…笑

注文住宅に「言った言わない」は頻出のトラブルですので、施主側でもメモを取っておくことがトラブル回避の一助になるはずです。

イエマナノートでは書き込める打ち合わせメモページが豊富に用意されているので、しっかり議事録を残せるようになっています

打ち合わせメモが取れるようになっています

打ち合わせメモが取れるようになっています

kikorist妻
kikorist妻

そして書き込むためにいい紙を使っています…笑

細かいお役立ちコラム

イエマナノートは随所にお役立ちコラムが載っています。

お役立ちコラムも有料級の情報ばかり

お役立ちコラムも有料級の情報ばかり

この1つ1つが有料級の情報になっており、これを読むだけでも圧倒的にいい家になること間違いなしです。

外構プランまで網羅!

家づくりで一番適当にされがち…にも関わらず、想像以上にお金がかかり、外観だけでなく暮らしの豊かさにも繋がるのが外構です。

kikorist妻
kikorist妻

建物を契約させるために、「とりあえず外構は100万円で…」のような見積を平気で出すハウスメーカーの営業担当者もいます。

kikorist夫
kikorist夫

100万円じゃ最低限すらできなかったり…。増額必至。

外構プランも網羅

外構プランも網羅

イエマナノートでは約20項目の外構業者比較シートで、本当に必要な予算や、見るべき知るべきポイントが分かり、さらに約40項目の外構チェックリストで、プランをチェックできます

イエマナノートのいまいちなところ(デメリット)

イエマナノートにデメリットらしいデメリットはありません

しいてあげるならば、イエマナノートには自分で間取りを考えることが出来るページがあるのですが、個人的には「間取りを自分で考える必要はないかな」と思っています

間取りづくりのページもあり

間取りづくりのページもあり

素人が考えると、動線的に非効率になったり、広さだけが優先されてしまい、無駄に大きくなりがちといった問題点が発生してしまいますし、自分で作った間取りをハウスメーカーに見せることで、設計士の想像力を奪ってしまう可能性があります。

個人的には、施主は要望の優先順位や暮らしをまとめることを優先し、それにあわせた間取りの提案は設計士に任せてみるほうがいいのではないかと思います。

ただ、それは優秀な設計士に間取りを作成してもらえる場合で、とよくまさんが建てられた埼玉県の県民共済住宅のような施主が積極的に考えていかなければならない建築会社の場合は、自分で間取りを考えることは(ある程度は)有効だと思います。

と、言うわけで、間取り作成な不要な人は、該当ページを使わなければいいだけなので、デメリットというほどではないかと思います。

イエマナノートの購入方法

イエマナノートは、とよくまさんのイエマナ(家の学び舎)Amazonで購入することが出来ます。

イエマナノートについて詳しく見る

価格は4,000円(送料込)

決して安い金額ではないと思いますが、上で書いたように適切な予算を誰でも簡単に組めるという点だけでも元は十分すぎるほど取れると思います。

kikorist妻
kikorist妻

特に、預貯金や親からの贈与といった、給与収入以外の資金を考慮した上で家づくりの予算が決定できるツールはほかにはないと思います。

そして、一生に一度の家づくりを失敗しないため、という点では最高のノウハウが詰まっています

このチェックポイントだけでもノウハウの塊…

このチェックポイントだけでもノウハウの塊…

kikorist夫
kikorist夫

私たちの後悔ポイントや工夫の経験もいっぱい入れておきました…笑

正直これを読んでれば、無くすことが出来た後悔ポイントが結構あります…。

また、コストダウンするためのコツや工夫も入っており、そういったコストダウンの工夫を取り入れるだけでもノート代はペイ出来てしまうと思います。

注文住宅を検討されている方でこれから予算を調べたい方はもちろん、既に契約中・打ち合わせ中の方で後悔ポイントを減らしたい方にも有効だと思います

ぜひ購入して有効活用してみてください。

イエマナノートについて詳しく見る


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年11月に引き渡しを受けました。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterInstagramのDMやブログのコメントでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント