【告知】WEB内覧会を開始しました!

住友林業の新築注文住宅をリフォームして後悔ポイントを解消(格子スクリーン設置&物干し撤去)

WEB内覧会(入居後)
WEB内覧会(入居後) 工事進捗

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。


住友林業で建てた注文住宅を引き渡されて約半年ですが、早速リフォーム工事を入れることを決意し、工事が無事完了しました。

本記事では、住友林業の家のリフォームについて紹介します。

リフォームの内容ときっかけ

今回リフォームをお願いした点は2点です。

① バルコニーに付けたホスクリーン(物干し竿用の金物)の撤去
② 3階の書斎の壁の一部を格子スクリーンに変更

今回のリフォームでは、過去の記事でも紹介した後悔ポイントを無くすために実施しています。

kikorist夫
kikorist夫

リフォームという力技で後悔ポイントを解消します。

ちなみに、ただいま手洗いに設置した即湯器が便利すぎて、2階のメイン洗面台にも設置できないか相談しましたが、確認した結果、設置は不可でした…(出来るは出来るけど、カウンター自体交換する必要があるとのことで費用が高額に…)。

① バルコニーに付けたホスクリーン(物干し竿用の金物)の撤去

後悔ポイントのその1は、全く使わないバルコニーのホスクリーンです。

リビングのWEB内覧会の記事でも触れていた後悔ポイントです。

バルコニーに付けたホスクリーンは後悔ポイント。

バルコニーに付けたホスクリーンは後悔ポイント。

「バルコニーには物干し竿もあるべき」という謎の固定概念と、「念のため」「なんとなく」という理由で付けてしまったホスクリーンですが、kikorist邸は完全室内干し&乾太くん利用のために全く利用しない無用の長物となってしまっていました…。

結果として、せっかくの高い壁で囲まれたプライベートバルコニーの空間が、ホスクリーンのせいで完全にスポイルされてしまいました…。

バルコニー

変更前のバルコニー

kikorist妻
kikorist妻

断っておくとホスクリーンそのものに罪はありません…。
使う見込みもないのになんとなくで付けてしまった私たちが悪いのです…。

もちろん、ホスクリーンを選択したのは自分たちですので、住友林業には何の落ち度もありません(むしろ綺麗に取り付けていただいて感謝)

そこで、今回、自分たちの費用負担でリフォームという形でホスクリーンを撤去することにしました。

② 3階の書斎の壁の一部を格子スクリーンに変更

後悔ポイントのその2は、格子スクリーンを入れられなかったこと。

以前の記事で紹介済みですが、書斎の壁の一部を格子スクリーンにすることが出来ることに、工事途中で気付いてしまいました

変更前の書斎の壁

変更前の書斎の壁

写真の奥に見えるのが書斎の壁ですが、この壁を格子スクリーンに変更することにしました。

書斎の壁の一部を格子スクリーンに変更

書斎の壁の一部を格子スクリーンに変更

リフォームするまでの流れ

住友林業の家でリフォームをするにあたっては、住友林業子会社の住友林業ホームテック株式会社に依頼することになります。

住友林業ホームテックとは?メリット、デメリットは?

住友林業ホームテックは、住友林業の子会社でアフターメンテナンスやリフォームを担当する企業です。

住友林業の家のリフォームは、出来るだけ住友林業ホームテックを利用するのが安心です。

特に外壁に関する工事は、住友林業ホームテック以外のリフォーム会社を利用すると外壁保障がなくなりますので要注意です。また、シーサンドコートやSODOは住友林業独自の建材のため、住友林業ホームテック以外のリフォーム会社は扱うことができません。

内装においては、照明の変更など簡単な電気工事くらいであれば他社でも問題ありませんが、柱や壁が関する工事については、住友林業から住友林業ホームテックに図面や施工方法、利用している建材などの記録・情報などが提供されることがメリットです。

また、シーサンドコート同様、今回追加する格子スクリーンのような住友林業オリジナルの内装材も住友林業ホームテックであれば使うことが出来ます

kikorist妻
kikorist妻

住友林業オリジナルの標準クロスを使ってる場合も、住友林業ホームテックに依頼するしかありません。

また、住友林業の看板を背負っているだけに、一定以上の施工品質の工務店が担当することもメリットです。数ある業者から信頼できる業者を選定する必要がありません

一方、住友林業ホームテックのデメリットとしては、一社にお任せする形になるので相見積が取れないこと、また施工店との間に住友林業ホームテックが入ることにより割高になる可能性があることが挙げられます。

また、担当者や工務店が限られているため、依頼してから施工までに時間がかかる点には注意が必要です。時期やエリアにもよると思いますが、今回の場合は依頼してから実際の施工まで2か月半かかりました。

住友林業ホームテックのメリット

  • ハウスメーカーの保障が継続して利用可能
  • 図面や施工方法、建材などの情報が住友林業から提供される
  • 住友林業独自の建材が利用可能
  • 一定の施工品質(業者選定の必要がない)

住友林業ホームテックのデメリット

  • 相見積ができない(一般業者よりも高い可能性)
  • 施工まで時間がかかる

個人的には、(保証や独自建材の問題がない場合でも)大事な家の工事を任せる以上は、費用よりも安心感を優先させて住友林業ホームテックに任せたほうがいいと思います。

リフォームの発注方法

住友林業ホームテックへのリフォームの依頼・発注は、住友林業オーナー向けの専用サイト「club forest(クラブフォレスト)」から可能です。

リフォームはクラブフォレストから可能

リフォームはクラブフォレストから可能

ただし、今回はクラブフォレストからの依頼ではなく、2022年3月の3か月点検時に点検担当者にリフォーム希望の旨を伝えて、営業担当者に繋いでいただきました。

リフォームまでの流れ

住友林業ホームテックのリフォームまでの流れは下記の通りです。

  • STEP1
    住友林業ホームテックへの依頼

    クラブフォレストなどから住友林業ホームテックにリフォームの相談と見積依頼を行います。
  • STEP2
    営業担当者と施工店担当者の訪問

    営業担当者と施工店担当者が施工場所の確認のため訪問します(ない場合もあるかも?)。
    その際、概算の見積も提示されます。
  • STEP3
    工事契約の締結

    施工場所の確認後、正式な見積金額が届きますので、金額と内容に問題がなければ契約を行います。
  • STEP4
    リフォーム工事

    施工日を営業担当者と調整し、リフォーム工事を行います。
  • STEP5
    工事代金支払い

    工事が無事完了したことを確認後、工事代金を住友林業ホームテックに支払います。

今回は、3月の3か月点検でリフォーム工事の希望を伝え、4月中旬に担当者訪問、その後正式見積を経て、6月24日~25日で工事というスケジュールでした。

kikorist夫
kikorist夫

工務店のスケジュールがなかなか取れないということで、3月に依頼してから、3か月以上かかりました…。

kikorist妻
kikorist妻

実際の工事自体は2日間で終わるのですが、特に私たちの地域では塗装ができる施工店が少なかったようです。

また、今回は概算見積後に、住友林業ホームテックが施工イメージをパースとして作ってくれました。

住友林業ホームテックが作成したパース

住友林業ホームテックが作成したパース

本来は、格子スクリーンを天井まで入れたいところですが、壁部分の上部には天井を支える梁が入っているので、天井付けは無理とのこと…。

kikorist夫
kikorist夫

最初から計画してれば入れられたと思うと悔やまれる部分です。

実際の工事の様子

工事は6月24日~25日の2日間で行われました。

ホスクリーンの撤去のほうは、初日にホスクリーンの本体を外し、2日目にホスクリーンの取り付けで凹んでいた外壁部分の吹付塗装を再度行いました。

外されたホスクリーン。取り付けていた場所が凹んでいる。

外されたホスクリーン。取り付けていた場所が凹んでいる。

書斎の格子スクリーン設置は、初日は壁を壊して、2日目に格子スクリーンが設置されました。

取り壊された壁

取り壊された壁。壁の一部に天井を支える梁が見える。

kikorist妻
kikorist妻

しっかり養生してくれていたので、本棚の中身を移動させたりといった作業も不要でした。

kikorist夫
kikorist夫

それにしても、結構盛大に壊してるね…。

ここから改めて壁を整形して、格子スクリーンを設置していきます。

石膏ボードで壁を整形

石膏ボードで壁を整形

リフォームの結果

リフォームした結果がこちら。まずは2階のバルコニー。

ホスクリーンが撤去されたバルコニー

ホスクリーンが撤去されたバルコニー

生活感丸出しで余計なノイズだったホスクリーンがなくなり、落ち着いたプライベートバルコニーになりました

kikorist夫
kikorist夫

これがあるべき姿!!

ホスクリーンが撤去されたバルコニー

ホスクリーンが撤去されたバルコニー

ホスクリーンを設置していた場所の凹みは完全に分からなくなっています。

kikorist妻
kikorist妻

これは凄い…!

続いて書斎の格子スクリーンです。

格子スクリーン

格子スクリーン

こちらもいい感じになりました!!

ちょっと天井の垂れ壁が厚いのは気になりますが、仕方ないですね…。

ただし、格子スクリーンの土台部分の納まりがイマイチです…。

土台部分の幅が壁の厚さ(幅)と違う

土台部分の幅が壁の厚さ(幅)と違う

打ち合わせ時には壁(+巾木)の幅に合わせるという話でしたが、実際には土台のほうが幅があり、はみ出してしまっています

kikorist夫
kikorist夫

美しくないし、埃溜まりそう…。

kikorist妻
kikorist妻

っていうか、土台部分の発注ミスでは…。

と、いうわけで住友林業ホームテックの営業担当に連絡して、土台部分を壁の厚さに合わせる形でやり直してもらうことになりました

打ち合わせと違う工事内容なので、当然といえば当然ですが、ここまで対応してくれるのは安心感があります。

まだ工事の日程は決まっていませんが、修正してくれるということで納まりも綺麗になることでしょう。

リフォームの費用は?

気になる今回のリフォーム費用ですが、

ホスクリーンの撤去:約14万円
格子スクリーンの設置:約50万円

でした。格子スクリーンの設置費用には、壁を撤去するにあたって、長期優良住宅の変更申請が必要とのことで、その申請費用約6万円も含まれた金額となっています。

決して安い金額ではありませんし、なんなら設計時に入れておけば数万円のプラスで済んだと思うと痛い出費ですが、後悔ポイントを無くすることを重視しました

kikorist夫
kikorist夫

「ホスクリーンなければいいのにな~」「格子スクリーン入れたかったな~」と数十年思い続けるよりは、早く入れてしまったほうが精神衛生上いいという判断です。

本記事のまとめ

リフォームという技を使えば、後悔ポイントを無くすことも可能です。

設置された格子スクリーン

設置された格子スクリーン

もちろん、リフォームでは対応できないものもありますし、かけなくてもいいお金をかけないように設計時に念入りに打ち合わせておくのがベストですが、最悪このような方法もあります。

ずっと後悔してるよりは、早めに対処してしまったほうが精神的にもいいですし、よりよい家で長く暮らすことに繋がればQOLは上がります

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年11月に引き渡しを受けました。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterやInstagramのDMやブログのコメントでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

  1. あぷり より:

    住友林業で建築中ですが、設計時の提案金額と比べてリフォームのあまりの高額に我が家でも後悔ポイントが無いのか怖くなってきました。設計時にはこのオプション金額なら後からリフォームすればとか後から追加すればとかは甘い考えなんですね。後悔ポイント確かに気になりますよね。アフターはさらにお洒落が増して勇気ある決断と思いました。

    • コメントありがとうございます。
      設計時に気付いておけばずっと安く済んだと考えるともったいないですが、後悔ポイントが消せたのでよかったです。
      コンセントやスイッチも設計時なら無料のものが、後から増設しようとすると数万円ですからね…。
      後悔ポイントはないのが一番ですが、あってもなんとかなるので、前向きが一番かと!

タイトルとURLをコピーしました