【告知】WEB内覧会を開始しました!

【比較】グレアレスダウンライトとは?暗い?通常のダウンライトとの違い

建材・素材メーカー
建材・素材メーカー設備仕様

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

WEBマガジン「イエマガ」でライターとして家づくりの検討過程を月刊連載中。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterで、インテリアなどの写真はInstagramで発信していますので、よろしければフォローお願いします。

【注意事項】当ブログ内の写真、図、文章については、無断での流用を一切認めておりません。

ピックアップ記事
  • 住友林業の標準仕様
  • WEB内覧会
  • 3Dマイホームデザイナー
  • ビッグフレーム構法
  • スマートホーム
  • 建築費用を節約
  • 値引きの仕組み
  • おすすめオプション
  • 住友林業の保証制度
  • 木質天井まとめ
  • 住友林業尾坪単価
  • 住友林業の紹介制度

本記事では、グレアレスダウンライトの特徴とメリット/デメリット、通常のダウンライトとの比較をしています。

kikorist妻
kikorist妻

私たちが建てた住友林業の3階建てでもグレアレスダウンライトを適材適所で使用しています。

kikorist夫
kikorist夫

グレアレスダウンライトの特徴を理解した上で使いこなせれば照明上級者になれます!

グレアレスダウンライトとは?通常のダウンライトとの違い

グレアレスダウンライトとは?

グレアレスダウンライトとは、グレア(まぶしさ)を軽減させたダウンライトです。

通常のダウンライト(ベースダウンライト)は、天井・壁・床などの空間を広く明るく照らすことを目的としています。空間が均一に明るくなるメリットがある半面、天井のダウンライトが眩しく感じられる場合もあったり、窓ガラスに光が映りこむなどのデメリットがあります

左が通常のダウンライト、右がグレアレスダウンライト(出典:DAIKO)

左が通常のダウンライト、右がグレアレスダウンライト(出典:DAIKO

それに対し、グレアレスダウンライトは、ダウンライトのコーンやレンズ・光源の構造を工夫することによって、眩しさを軽減させ、窓やテレビなどへの映り込みなどを低減したダウンライトです。

グレアレスダウンライトと通常のダウンライトの構造の違い

グレアレスダウンライトと通常のダウンライトの構造の違い

グレアレスダウンライトは、コーンを深くし、光源を奥に配置することであえて配光範囲を狭めることで、余計な映り込みなどが発生しないようになっています。

グレアレスダウンライトは窓に光が映りこまない

グレアレスダウンライトは窓に光が映りこまない(出典:DAIKO)

グレアレスダウンライトの実物を比較してみると分かりやすいです。

左が通常のダウンライト、右がグレアレスダウンライト

左が通常のダウンライト、右がグレアレスダウンライト(寝室用にコーンをグレーで塗装しました)

通常のダウンライトはレンズが天井面に近いところにあるのに対して、グレアレスダウンライトはレンズが奥にあるのが分かります。

実際、kikorist邸では3階のセカンドリビングのダウンライトをグレアレスダウンライトにDIYで交換したので、交換途中の写真で比較してみます。

左がグレアレスダウンライト、右が通常のダウンライト

左がグレアレスダウンライト、右が通常のダウンライト

kikorist妻
kikorist妻

横から見た眩しさがが全然違う!!

kikorist夫
kikorist夫

グレアレスダウンライトは、光源が深いところにあるから、直下に行かない限りは眩しくないのです。

また、ダウンライトの部分のみが明るくなるので、天井面がスッキリして見えます

横から見たときに光源が見えなくなるギリギリの角度を「グレアカットオフアングル」と言いますが、グレアレスダウンライトはこのグレアカットオフアングルの角度が、通常のダウンライト比べて大きいのが特徴です。

グレアカットオフアングルの違い

グレアカットオフアングルの違い

kikorist妻
kikorist妻

だから横から見ても眩しくなりずらいのね。

グレアレスダウンライトは配光範囲が狭いだけで、照明の光そのものが特殊なわけではありません

kikorist妻
kikorist妻

そのため、窓際に近い場所に使えば当然映り込みも発生しますし、近くに寄れば光源が見えますので普通に眩しいです。

また、グレアレスダウンライトは配光が狭いので、タイルなど凹凸のあるものに 「 濃い光の陰影 」 がつき、より凹凸が強調され重厚感が生まれます。落ち着いた雰囲気のインテリアに適した演出が可能です。

左がグレアレスダウンライト、右が通常のダウンライト(出典:DAIKO)

左がグレアレスダウンライト、右が通常のダウンライト(出典:DAIKO

グレアレスダウンライトは一見メリットだらけに思えますが、グレアレスダウンライトは配光範囲が狭いことで、天井面や壁を均一に照らすことができないというデメリットがあります

左が通常のダウンライト、右がグレアレスダウンライト(出典:DAIKO)

左が通常のダウンライト、右がグレアレスダウンライト(出典:DAIKO)

明るい部分と暗い部分のメリハリが出て、ムーディーな雰囲気になる一方で、暗い…という印象を持たれる方もいます

kikorist夫
kikorist夫

正確に言うと、配光が狭い分、照明が当たっている部分の明るさはアップしますが、それ以外の配光がいきわたらない部分が暗くなります。

天井面・壁は確実に暗くなるので、暗めのクロスを使っている人は要注意です。

実は、ダイニングやキッチンのダウンライトをグレアレスダウンライトに一度交換したのですが、部屋全体として暗すぎるということで元の通常のダウンライトに戻しています。

グレアレスダウンライトのメリット/デメリット

  • 光が広がらないので、天井面がスッキリする
  • 横から見たときに眩しくない
  • 窓やテレビなどへの映りこみが少なくなる
  • 陰影のメリハリがついてムーディーな雰囲気になる
  • 凹凸のあるタイルなどの陰影が綺麗に出る
  • 壁や天井が暗くなる

通常のダウンライトがダメなわけではありませんし、グレアレスダウンライトが万能なわけではありません。それぞれのメリット、デメリットを理解した上で、適材適所でどちらかを使うか決めるようにしましょう

ちなみに、浜田山第一展示場でもグレアレスダウンライトを採用していますが、天井面が暗くなるデメリットを間接照明とあわせることで解消しています。

間接照明で天井を照らす

間接照明で天井を照らす

kikorist夫
kikorist夫

グレアレスダウンライトと間接照明はとても相性がいい組み合わせです。

kikorist邸でのグレアレスダウンライト導入実例

kikorist邸では、グレアレスダウンライトは4か所で採用しています。

エントランスのグレアレスダウンライト

エントランスはスタイルシーリングを天井に貼っていることもあり、落ち着いた雰囲気にするため、階段ホール部分をグレアレスダウンライトにしています(玄関入ってすぐのダウンライトやエントランスクローク内のダウンライトは、実用性を考えて通常のダウンライト)

階段ホール部分のみグレアレスダウンライト

階段ホール部分のみグレアレスダウンライト

エントランスのダウンライト

エントランスのダウンライト

寝室のグレアレスダウンライト

寝室のダウンライトはベッドの上にこないようずらした上で、グレアレスダウンライトを採用しています。

寝室のダウンライトにはグレアレスダウンライトを採用

寝室のダウンライトにはグレアレスダウンライトを採用

グレアレスダウンライトのコーンはクロスにあわせて、DIYでグレーに塗装しました。

グレアレスダウンライトの塗装

グレアレスダウンライトの塗装

ちなみに、DAIKOは特注で塗装対応もしてくれますので、こだわる方はDAIKOに依頼するのもオススメ。

kikorist夫
kikorist夫

私は自分でやっちゃうけど…笑

リビングのユニバーサルグレアレスダウンライト

リビングのテレビ上にはユニバーサルグレアレスダウンライトを採用しました。

テレビの上はユニバーサルグレアレスダウンライト

テレビの上はユニバーサルグレアレスダウンライト

ユニバーサルグレアレスダウンライトは、グレアレスかつ配光角度を調整できるダウンライトです。

kikorist妻
kikorist妻

名前の通り、ユニバーサルライトの特徴とグレアレスダウンライトの特徴を併せ持ったダウンライト。

ユニバーサルダウンライトは配光角度を変更できる(写真はグレアレスタイプではありません)

ユニバーサルダウンライトは配光角度を変更できる(写真はグレアレスタイプではありません)

エコカラットの壁に照明を当てるために、ユニバーサルグレアレスダウンライトにしました。

ユニバーサルグレアレスダウンライトは、勾配天井などで、配光を真下に向けたい場合も有効です。

セカンドリビング(ホームシアター)のグレアレスダウンライト

セカンドリビングは落ち着いた雰囲気とするため、また深めのリビングチェアに座って過ごすことが多いためにグレアレスダウンライトを採用しています。

セカンドリビングはグレアレスダウンライトを採用

セカンドリビングはグレアレスダウンライトを採用

確かに天井面や壁は暗くなりますが、明るさよりも雰囲気を重視したい場所では有効です。

セカンドリビングはグレアレスダウンライトを採用

セカンドリビングはグレアレスダウンライトを採用

グレアレスダウンライトの費用は?

グレアレスダウンライトの費用ですが、通常のダウンライトと比較して若干高くなっています

Φ100(直径10cm)調光ありのダウンライトで比較すると、通常のダウンライト(DDL-5004YWG)が定価5,500円(ネットでは2,900円前後)、グレアレスダウンライト(DDL-4772YWG)が定価9,800円(ネットでは4,100円前後)です。

kikorist妻
kikorist妻

グレアレスダウンライトのほうが構造が少し複雑な分、価格も少し上がります。

本記事のまとめ

「グレアレスダウンライト」を知らなかった方も多いと思います。

kikorist妻
kikorist妻

kikorist夫婦も家づくりするまでは知りませんでした…。

寝室のダウンライトにはグレアレスダウンライトを採用

寝室のダウンライトにはグレアレスダウンライトを採用

ハウスメーカーのインテリアコーディネーターが作る照明計画も、特に言わなければ通常のダウンライトで計画され、グレアレスダウンライトで提案されることは稀です。

kikorist夫
kikorist夫

グレアレスダウンライトにして「暗い」というクレームがハウスメーカーとしては一番怖いので…。

kikorist妻
kikorist妻

下手にグレアレスダウンライトでクレームになるよりも、通常のダウンライトで明るくしておいて、「明るかったら消せば大丈夫ですよ」とリスクを回避した提案になりがちです。

本記事で解説した通り、グレアレスダウンライトが万能なわけではありませんが、グレアレスダウンライトの特徴を理解した上で導入を検討すると、素敵な照明計画になると思います。

kikorist妻
kikorist妻

この点はある程度施主の勉強が必要です。

家づくりをする上での照明計画については、「庭と住まいの照明手帖」が超オススメです。

kikorist夫
kikorist夫

というか、必読です!!

大光電機(DAIKO)のデザイナーズ照明チーム「TACT」が、住まいや外構の照明計画について、初心者にも分かりやすく、写真ありの実例付きで解説してくれています。

kikorist妻
kikorist妻

まだ読んでないのであれば、確実に読むべし!!

同じ家でも、照明計画によって全く違った雰囲気の家になります。ぜひ勉強してみてください。

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年11月に引き渡しを受けました。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterInstagramのDMやブログのコメントでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント