【告知】WEB内覧会を開始しました!

【徹底解説】住友林業で選べるクリナップのキッチンの最新仕様

設備仕様
設備仕様

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

WEBマガジン「イエマガ」でライターとして家づくりの検討過程を月刊連載中。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterで、インテリアなどの写真はInstagramで発信していますので、よろしければフォローお願いします。

【注意事項】当ブログ内の写真、図、文章については、無断での流用を一切認めておりません。

ピックアップ記事
  • 住友林業の標準仕様
  • WEB内覧会
  • 3Dマイホームデザイナー
  • ビッグフレーム構法
  • スマートホーム
  • 建築費用を節約
  • 値引きの仕組み
  • おすすめオプション
  • 住友林業の保証制度
  • 木質天井まとめ
  • 住友林業尾坪単価
  • 住友林業の紹介制度

この記事では、住友林業で選択できるクリナップのキッチンの詳細についてまとめています。

住友林業では2021年4月に「My Forest BF」という商品仕様に変わっており、キッチンの仕様も大幅に変わっています(My Forest BFの仕様全体についてはこちらの記事を参照)。

本記事では2021年4月の商品改定に合わせた最新の内容でクリナップのキッチンを解説します

なお、2022年8月現在も同じ仕様であることを確認済みです。

住友林業を検討している人、既に契約済みでどのキッチンにしようか迷っている人は、必見の内容となっています。

なお、住友林業の仕様シリーズについては、こちらから記事一覧としてご覧いただけます。

住友林業で選べるキッチンの種類

住友林業で標準で選択できるキッチンは、クリナップ、LIXIL、トクラスの3メーカーです。これらのキッチンメーカーであれば、どのメーカーを選択しても差額はありません(ただし各キッチンメーカーによって追加のオプション金額は異なります)

加えて、差額を支払うことで選択できる提案仕様のキッチンとして、永大産業、Panasonic、キッチンハウスがあります

kikorist妻
kikorist妻

なお、住友林業では、標準で付いており、追加で費用がかからない仕様を「推奨仕様」と言い、標準から変更した仕様を「提案仕様」と言います。

他メーカーでの標準=推奨、オプション=提案と理解してください。

kikorist妻
kikorist妻

提案仕様には基本的にグレードアップ変更や追加などの差額負担が発生するものが多いですが、中には差額無しで変更できるものや、推奨から減額するような内容も含まれます。

まずどのメーカーのキッチンを選ぶか選択した上で、各キッチンに用意されているオプション(例えば、標準では浅型の食洗器を深型に変更するなど)を選択していく形になります。

各キッチンメーカーはワークトップやシンク、レンジフード、デザインなどで特徴がありますので、好みのメーカーを選んでみてください。

キッチンの形状は、キッチンハウスを除くと壁付けI型キッチンが標準で、アイランドやペニンシュラにすると増額になります(ダイニング側の面材が増えるため)。もちろん、キッチンのダイニング側に収納を追加する場合も、オプションです。

キッチンのレイアウトの違いと特徴については、こちらの記事で分かりやすくまとめています。

食洗器・コンロについては、Panasonicやキッチンハウスを除いてどのメーカーを選んでも基本的に同じです。

標準のコンロと食洗器

標準のコンロと食洗器

ガスコンロはリンナイのガラストップ(幅60cm)が標準で、提案仕様として幅75cmの上位機種や最上位のデリシアが用意されます(カラーはメーカーによってはシルバー以外にブラックも選択可)。

IHは日立のIHヒーターが標準で、提案仕様でオールメタルタイプなどが用意されています。

食洗器は浅型食洗器が標で、+10万円程度の提案仕様としてPanasonicの深型食洗器が選択可能です。

住友林業標準の調理機器(トクラスの例)

住友林業標準の調理機器(トクラスの例)

住友林業標準の食器洗浄乾燥機(トクラスの例)

住友林業標準の食器洗浄乾燥機(トクラスの例)

クリナップのキッチンの特徴

クリナップの特徴といえば、ステンレスです。ワークトップにもステンレスはラインナップされていますが、それよりも注目したいのが、標準でキャビネット内部がステンレスになっているという点。

クリナップはキッチン内部やキャビネットもステンレス

クリナップはキッチン内部やキャビネットもステンレス

キャビネット内部が標準でステンレスになっているのは、住友林業が扱っているキッチンの中ではクリナップのみです

kikorist妻
kikorist妻

カタログの表示でも、ステンレスキャビネットを前面に押し出しています。

クリナップのカタログの表紙

クリナップのカタログの表紙

ステンレスを採用することで、キャビネットの耐久性が増し、傷や汚れにも強く、長期間安心して使うことができます

ステンレスを採用したキッチンがいい!ということであればクリナップを選択するのが一番です。

ただし、注意点として、住友林業仕様のクリナップのキッチンはペニンシュラ、I型、L型のみで、アイランドはありません

クリナップのキッチンレイアウト一覧

クリナップのキッチンレイアウト一覧

クリナップのキッチンレイアウト一覧

クリナップのキッチンレイアウト一覧

kikorist妻
kikorist妻

アイランドも選ぼうと思えば選べるけど、住友林業の仕様を外れるので高くなります…。

逆に、L型キッチンを用意しているのはクリナップのみです。住友林業仕様内でL型キッチンが可能になるので、L型キッチンを希望する場合は、クリナップを選択するのがオススメです。

また、キッチンのレイアウトによって選択できるワークトップにも制限がある点にも注意が必要です。

住友林業で選択できるクリナップのキッチンの仕様詳細

ワークトップ

ワークトップは、推奨仕様(標準)では、ステンレスと人工大理石アクリストンが選択可能です。

 

クリナップのワークトップ(推奨仕様)

クリナップのワークトップ(推奨仕様)

ステンレスワークトップは美コートワークトップと呼ばれる、特殊セラミックコーティングが施されたワークトップで、傷や汚れに強いのが特徴。

美コートワークトップ

美コートワークトップ

クリナップの場合は、ワークトップが人工大理石になる点に注意が必要です(トクラスLIXILでは人造大理石)。

【参考】「人造大理石」と「人工大理石」の違い
「人造大理石」は天然大理石を粉砕してセメントや樹脂で固めた半人工素材です。
それに対し、人工大理石はアクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材で、天然石の成分は一切含まれていません。天然の大理石と比較すると柔らかく傷つきやすく、質感では劣りますが、大量生産に向いています。

注意しておきたいのは、ステンレスワークトップを選択できるのは、I型・L型プランのみで、ペニンシュラ型のオープンキッチンではステンレスワークトップを選択することができません

クリナップのキッチンレイアウト一覧

クリナップのキッチンレイアウト一覧

クリナップのキッチンレイアウト一覧

クリナップのキッチンレイアウト一覧

人工大理石アクリストンのワークトップはナチュラルホワイトしか選択できない点も気になります。

標準のワークトップだけでいえば、LIXILはセラミック、トクラスには人造大理石が標準なので、ステンレスを採用しないのであれば、クリナップを選択する理由はあまりないかもしれません

なお、提案仕様では同じく人工大理石のコーリアンワークトップも選択可能です。コーリアンワークトップの場合は3色から選択が可能です。

コーリアンワークトップ

コーリアンワークトップ

シンク

クリナップのシンクは「流レールシンク」です。水流が排水口に集まるようになっており、ゴミなどが排水口に流れるようになっています。

流レールシンク

流レールシンク

コーリアンワークトップの場合、流レールシンクもコーリアンにすることが可能です。

シンクのカラーバリエーション

シンクのカラーバリエーション

レンジフード

標準のレンジフードは「洗エールレンジフード」と呼ばれる、メンテナンスが非常に楽なレンジフードを採用しています。

レンジフードのメンテナンスは2か月に1回、給湯トレイにボタンを押すだけ。自動洗浄してくれるという優れものです。

洗エールレンジフード

洗エールレンジフード

レンジフードのカラーは標準はシルバーのみですが、提案仕様でマットブラックも選択可能です。

マットブラックの洗エールレンジフード

マットブラックの洗エールレンジフード

キャビネット

キャビネットは、スライドボックスなども付いており、手前のツールポケットとあわせて使い勝手はよさそうです。

キャビネット

キャビネット

扉のカラーは標準で11色となっています。

扉のカラーバリリエーション

扉のカラーバリリエーション

提案仕様で扉もステンレスにすることが可能です。

ステンレス扉

ステンレス扉

kikorist妻
kikorist妻

どこまでもステンレス推し…!

カップボード

クリナップのキッチンではカップボードも選択可能です。カップボードは標準の金額には含まれておらず、全額提案工事になることに注意。

クリナップのカップボード

クリナップのカップボード

クリナップのカップボード

クリナップのカップボード

クリナップのカップボード

クリナップのカップボード

面材はキッチンと同様、カウンターはメラミンと人工大理石から選択可能です。

カップボードの天板素材

カップボードの天板素材

クリナップのキッチンのメリット

住友林業のクリナップのキッチンのメリットは、何と言っても標準でステンレスキャビネットになることです。

クリナップはキッチン内部やキャビネットもステンレス

クリナップはキッチン内部やキャビネットもステンレス

ステンレスキャビネットの清潔さや耐久性に惹かれるのであれば、クリナップのキッチンが魅力的な選択肢になります

その上で、流レールシンクや洗エールレンジフードなど使い勝手も配慮されています。

kikorist妻
kikorist妻

特に、お手入れが簡単な洗エールレンジフードが標準仕様なのは魅力的!

また、L型キッチンも住友林業の仕様内で選べるのが特徴。L型キッチンを導入したいという方には、クリナップがオススメです。

L型キッチン

L型キッチン

クリナップのキッチンのデメリット

一方でクリナップのキッチンのデメリットは、アイランドキッチンが選択できなかったり、レイアウトによって選択できる天板などが固定されてしまうこと

自分たちのキッチンレイアウトとマッチしているかよく確認する必要があります。

また、ステンレスワークトップを選ばない場合は、人造大理石ではなく人工大理石となる点も気になります。

クリナップのワークトップ(推奨仕様)

クリナップのワークトップ(推奨仕様)

本記事のまとめ

本記事ではクリナップのキッチンの詳細について解説しました。

ステンレスのキャビネットにどれぐらいの魅力を感じるかがポイントになりそうです。

kikorist妻
kikorist妻

気になるならクリナップのショールームで詳しい話を聞くのもアリだと思います。

参考になれば幸いです。

そのほかの住友林業の仕様についても下記でまとめていますので、気になる方はご覧ください。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年11月に引き渡しを受けました。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterInstagramのDMやブログのコメントでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました