ホームシアター導入記(プロジェクターとAVアンプ/スピーカー/レコーダーの接続)

ホームシアター実例:3階
ホームシアター実例:3階

当ブログ「kikorist日誌」は、kikorist夫婦が住友林業で注文住宅を建てる過程や、家づくりのこだわりポイントを発信・紹介するブログです。

住友林業を検討中の方はもちろん、これから家づくりを始める全ての方に分かりやすく情報を伝えていきたいと思っています。

家づくりに関するリアルタイムの情報、ブログに書ききれない住友林業の小ネタはTwitterでも日々発信していますので、よろしければフォローお願いします。リプライなど交流も歓迎です。

現在、ココナラでマイホームデザイナーのパース作成サービスを販売しています。ご興味のある方はご覧ください。


住友林業で建築中のkikorist新邸での「ホームシアター導入記」シリーズ。本シリーズではkikorist新邸という実例を通してホームシアターの導入過程を丁寧に紹介していきます。

ホームシアター導入記
住友林業で建てる新築注文住宅を実例として、テレビシアターとスクリーンシアターの2種類のホームシアターを導入する過程についてまとめました。

本記事では、前回のプロジェクター設置位置を受けて、プロジェクター以外のAVアンプ/スピーカー/レコーダーなどの接続について解説します。

なお、前回の記事はこちらですので、あわせてご覧ください。

プロジェクターで映像を視聴するために必要な機器

プロジェクターで映像を再生するために必要なのは最低限下記です。

  • レコーダー/プレーヤー/ゲーム機など映像出力機器
  • AVアンプ
  • スピーカー

基本的にプロジェクターには、テレビチューナーやプレーヤー機能は搭載されていないので、プロジェクター単体では映像を見ることができません(真っ暗or真っ青な画面が映るだけ)。

kikorist夫
kikorist夫

再生機器を用意して、映したい映像をプロジェクター本体に入力してあげる必要があります。

kikorist妻
kikorist妻

パソコン用の液晶モニターと同じだと思ってもらえれば。

また、スピーカーも別途用意が必要で、スピーカーで音を鳴らすためにはAVアンプが必要です。

最近はプロジェクターにAndroidベースのOSを載せて、単体でYoutubeやNetflixなどの動画配信が見れたり、スピーカーを内蔵したプロジェクターもあります。実際、kikorist新邸で導入予定のViewSonicのX10-4Kも単体での動画配信に対応し、スピーカーも内蔵。

ただし、動画配信以外にディスクメディアを見たい場合は、Blu-rayプレイヤーやBlu-rayレコーダーが必要になりますし、音声をちゃんとサラウンドで聞きたい場合はAVアンプとスピーカーは必須です

レコーダー/プレーヤー/ゲーム機など映像出力機器

kikorist夫婦でのシアターは、主に映画(Ultra HD Blu-rayを含むBlu-ray)及びアニメを見る予定ですので、Blu-rayレコーダーを用意することにしました。

BDレコーダーならBDプレーヤーと違って、地デジやBS/CSのチューナーも内蔵しているので、テレビを見ることも可能になります。

現在の採用予定はSONYのBDZ-FBW1000です。

kikorist夫
kikorist夫

SONYのBDZ-FBW1000はリビングで使ってるけど、レスポンスや番組録画などまずまず満足しています。

安くなっていれば2021年モデルのBDZ-FBW1100にする可能性もあります。

kikorist妻
kikorist妻

2階のリビングがSONYなので、レコーダーもSONYで統一しておけば2階のテレビで3階のレコーダーの録画番組を無線LAN経由で見るといったことも可能。

BDレコーダーならBDプレーヤーと違って、地デジやBS/CSのチューナーも内蔵しているので、テレビを見ることも可能です。

kikorist夫
kikorist夫

kikorist夫婦はあまりテレビは見ませんが、オリンピックやサッカーワールドカップなどをスクリーンで見ることも可能です。

テレビ放送は見ないということであれば、Blu-rayプレーヤーでもいいです。

kikorist妻
kikorist妻

HDDがない分レコーダーよりも安くなります。

ゲームがメインということであれば、PlayStation5はUltra HD Blu-rayも再生可能なので、PlayStation5を繋げるというのもアリです。

kikorist妻
kikorist妻

PS5は動画配信にも対応していますし、nasneと組み合わせれば地デジも見れます。PS5は品薄なので入手できればですけど…。

kikorist夫婦はAmazonPrimeビデオをよく視聴するので、別途4K対応のAmazon Fire Stickも用意しました。

したがって、kikorist新邸の再生機器は、BDレコーダーのBDZ-FBW1000Fire TV Stick 4Kになります。

AVアンプ

AVアンプとは、複数の再生機器を切り替えて選択した映像を出力する機能と、選択した映像機器の音声信号を増幅してスピーカーを鳴らす機能を備えた機器です。

出力する投影機器を選択/切り替え

出力する投影機器を選択/切り替え

プレーヤーの電気信号をアンプでスピーカー駆動に必要な電気信号に増幅

プレーヤーの電気信号をアンプでスピーカー駆動に必要な電気信号に増幅

AVアンプの説明や選び方はこちらの記事に詳しくまとめています。

kikorist新邸では、DENONのAVR-X1600H-Kを選択しました(既に購入済み…笑)。

セカンドリビングでは5つしかスピーカーを接続しないので、5.1ch対応モデルのAVR-X550BT-Kでも十分なのですが、AVR-X1600H-Kはハイレゾに対応していたり、Airplayやネットワーク経由での音楽再生に対応など多機能なのでこちらにしました。

kikorist妻
kikorist妻

AVR-X1600H-Kでも4万ちょっとだからコスパ抜群!

スピーカー

スピーカーは全てYAMAHAの天井埋め込みタイプにしました。

2階のメインリビングはフロントはトールスピーカーとセンタースピーカーを採用しましたが、セカンドリビングは7.5畳と狭く、通路にもなっていることから床置きのスピーカーは諦めて、外観を優先。

居室や書斎への通路も兼ねているセカンドリビング

居室や書斎への通路も兼ねているセカンドリビング

フロントL/R

フロントL/Rはせめて少しいいやつを、ということで、のVXC6にしました。

YAMAHAの天井埋め込みスピーカーはブラックとホワイトの2色がラインナップされており、付属のスピーカーグリルも塗装することが可能なのでオススメです(塗装はYAMAHAがやってくれるわけではありませんが…)。

kikorist妻
kikorist妻

2本セットで価格もそこまで高くないし。

センター

センターはこのシリーズで唯一1本単位で購入できる同じくVXC2FBを採用。

サラウンドL/R

サラウンドL/RはコスパのいいVXC3Fにしました。

スピーカーのパース

スピーカーはこのように全て天井埋め込みになります。

天井スピーカーの配置

天井スピーカーの配置

床はこのようにスッキリ。通る際も邪魔になりません。

セカンドリビングのパース

セカンドリビングのパース

なお、スピーカー用の穴は住友林業で開けてもらい、引き渡し後でDIYでスピーカー配線とスピーカーの設置を行います(プロジェクターとスクリーンもDIY取り付け)。

スピーカーの穴開け加工は1か所6,410円で合計32,050円、CD管の配管は一式で25,720円でした。

スピーカーは天井の梁などと干渉すると設置することができないので、打ち合わせ時に梁などを回避する位置を設計氏と相談済みです。

スピーカーの設置指示

スピーカーの設置指示

スピーカーの天井埋込にしない場合は、ブックシェルフスピーカーをブラケットで吊るしてもいいと思います。

kikorist夫
kikorist夫

現在は賃貸なので、2×4をラブリコで突っ張って、ブラケットで吊るしています。

スピーカーブラケット

スピーカーブラケット

kikorist夫
kikorist夫

音質的には埋め込みよりもブックシェルフのほうが有利です。

サラウンドスピーカーにどこまで求めるかによりますが…。

各機器の接続

機器の設置場所

AVアンプとBDレコーダーは部屋の隅に設置するラックに収納します。

部屋の隅に設置するラックに各機器を収納

部屋の隅に設置するラックに各機器を収納

kikorist妻
kikorist妻

あわせてBlu-rayディスクなどもここに収納。

そして、プロジェクターやスピーカー設置場所にはあらかじめCD管を通す依頼をしてあり、各CD管はラック裏に集約されるようにしています。

部屋の隅に集約されるCD管

部屋の隅に集約されるCD管(オレンジ色の配管がCD管)

CD管がないと、アンプと各スピーカー・プロジェクターを繋げないので、ホームシアターを入れようと思っている方(そして配線を綺麗に処理したい方)は必ず設計時にCD管の配管を指定をしておく必要があります

CD管には直径の指定も必要です。スピーカーケーブルはΦ16(直径16mm)のCD管で大丈夫ですが、HDMIケーブルが通るプロジェクター部分だけはΦ32(直径32mm)で入れています。

kikorist夫
kikorist夫

Φ32にしておかないと、HDMケーブルのコネクターが通りません。

なお、HDMIケーブルの長さが5m以上になる場合は、光ケーブルタイプのHDMIのほうが無難だと思います(通常のHDMIケーブルは長距離伝送が出来ないことがある)。

ラック裏にはマルチメディアコンセントも追加しています。

kikorist夫
kikorist夫

そう、着工合意時に見落としていて、慌てて後から追加で付けていただいたコンセントです。

アンテナケーブルをレコーダーに繋げば、地デジとBS/CSが視聴・録画可能です。

各機器の配線

各機器の配線と電源は以下のようになります。

各機器の接続

各機器の接続

このうち、ラックには入らないプロジェクターとスピーカーはCD管で配管。

機器に合わせた数のコンセントも準備が必要です。

kikorist夫
kikorist夫

プロジェジェクター用は天井に、機器を設置するラック部分には6つ口のコンセントを用意しておきました。

本記事のまとめ

本記事では、天吊りのプロジェクターと天井埋め込みスピーカーを導入したホームシアターでの機器接続にすいて解説しました。

各種コンセントと配管、プロジェクターとスピーカー用の下地補強さえしっかり準備していれば、それほど難しくはありません。

kikorist夫
kikorist夫

これで3階のプロジェクター設置に向けた解説も終了。

おそらく次回は設置の様子の紹介になると思われますので、設置が完了したらレポートしたいと思います。

参考になれば幸いです。


kikorist妻
kikorist妻
私たちが参考にした住友林業の施主ブログの一覧はこちら
既に完成してwer内覧会している方のブログは特に参考になるはず。

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する
クリックいただけると励みになります!
kikorist夫
kikorist夫
住友林業を検討中の方には、ご紹介が可能です。 紹介値引きと優秀な営業担当が付くので、ご興味ある方は下記ページをご覧ください。
kikorist夫婦をフォローする
kikorist夫婦

東京都在住の30代夫婦。2020年12月に住友林業と契約、2021年10月竣工を目指してマイホームを建築中。新邸のコンセプトは、使い勝手を第一に、シンプルモダンで落ち着ける空間を目指しています。
家づくりの質問などはお気軽にどうぞ!TwitterのDMやブログのコメント/問い合わせでも結構です。出来るだけ回答させていただきます。

kikorist夫婦をフォローする
kikorist日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました